ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

(壮一帆様って )星組次回公演決定!

 

 

壮さんって

 

退団後の仕事が派手(民法ドラマとか大作ミュージカルとか)ではないけど

 

 

ここ最近退団した方の中で

ずば抜けて美しいと思う

 

f:id:maoyamaguchi6:20161005074619j:image

f:id:maoyamaguchi6:20161005074637j:image

 

もともと綺麗な方だとは思ってたけど

男役を辞められた今、

細い首と小さすぎる顔が際立ってて

モデルさんみたいだなって思うのです

f:id:maoyamaguchi6:20161005075136j:image

この写真とかエリタンそのものって感じで超可愛い。。

 

いつまでも変わらずお綺麗な壮様に脱帽した一日でした。。

 

さて、星組ではクレアイ(?)のスカピン前の公演が決まりましたね!

 

星組公演 『オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-』

f:id:maoyamaguchi6:20161005075422j:image

2007年にインド国内で大ヒット、その後世界各地で上映され、多くの映画ファンに愛されているインド映画の傑作『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』。監督はボリウッドのトップ舞踊監督ファラー・カーン、主演は“キング・オブ・ボリウッド”ことシャー・ルク・カーン、ヒロインは本映画への出演をきっかけにボリウッドのディーヴァとなったディーピカー・パードゥコーンが務めるなど、まさにボリウッドの粋を極めたこの映画の舞台化に宝塚歌劇団が挑みます。
舞台は1970年代と現代のインド映画界。脇役俳優のオームは人気女優シャンティに恋をするが、彼女は密かに敏腕プロデューサーのムケーシュと結婚、妊娠していた。しかし彼女の存在を疎ましく思い始めたムケーシュが、事故に見せかけてシャンティ殺害を計画。現場に駆け付けたオームは、彼女を助けようと奔走するが、事故に巻き込まれ命を落とす。それから30年後。あの事故の日に生を受け、奇しくもオームと名付けられた男の子が、スター俳優となり映画界に君臨していた──。
時を超えてもなお変わらぬ愛の姿を、明るく楽しく歌い踊って描き出す、最高にハッピーでドラマティックな物語を、星組新トップコンビ紅ゆずると綺咲愛里を中心にお届け致します。  

 

官能的なあいりちゃん。。

いつも思うけどあいりちゃんってお顔小ちゃいのにボディーがムチムチしてて凄い色っぽいよね。

紅さん相変わらずかっこいいなぁ。。

本当にこお二人はビジュアル最高ですね。

 

お二人にぴったりな公演だと思います!!ちょっと見て見たいかも^_^

 

 

カイちゃんのバウ主演は嬉しすぎるのでまた後日丸々一つの記事にまとめて書きたいと思います!

 

 

今日も最後まで読んで下さりありがとうございました^_^

でわ!

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村