ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

2016年 宙組 エリザベート 観劇感想 ②

 

こんにちは。

むーです。

 

今日は昨日に引き続きエリザベートの感想書きます。

 

昨日予告した通り、本日は

実咲凜音の評価です。

 

f:id:maoyamaguchi6:20161012073753j:image

 

綺麗な娘役から卒業!確かな演技力

 

花組時代のみりおんから知っている私にとって今回の作品はみりおんの集大成をみたような気分でした。

 

みりおんは歌も上手いしダンスもできるし芝居も出来るし正に三拍子揃った娘役でした。

 

ただどんな役をやっても卒なく綺麗に纏められてしまっている印象を毎回受けました。

 

ある意味「地味」でした。

綺麗に纏まりすぎてて作りもののような気もしましたし彼女の成長が感じられませんでした。

 

そんな彼女が飛躍的に成長したなと思ったのは

「王家に捧ぐ歌のアイーダ

を演じた時です。

 

賛否両論あるかもしれませんが私は彼女の成長をあの役を通して感じました。

 

実咲凜音が綺麗に歌うことを辞めて真摯に役に向き合い始めた瞬間だったと今でも思います。

 

f:id:maoyamaguchi6:20161012074722j:image

 

人間臭さを感じるアイーダでした。

このアイーダをみた時、みりおんに欠けてたのはここだったのかもしれないな〜と色々考えさせられました。

 

今回のエリザでは更に成長し、

エリザベートという1人の女性の生涯を見事に演じ、観るものの心を揺さぶってくれました。

下記で幾つかオススメの場面を書きますね。

 

私だけに

f:id:maoyamaguchi6:20161012075520j:image

 

みりおんの美しさと強さを感じました。

もともとみりおんって勝気なお顔なので

こうゆう「生きていってみせる!!」みたいな場面は彼女にぴったりだと思います。笑

 

元来、歌うまさんであるみりおんなので私だけにも綺麗に歌い上げてしまったらつまらないなぁとか思ってたのですが

エリザベートの感情に上手く乗っかって歌えていたと思います。

 

その証拠?にはなりませんがみりおんシシィがひた向きに前を向いて頑張ろうと歌う姿に感動していつも泣かない私が泣いてしまいました←

 

私が踊る時

 

f:id:maoyamaguchi6:20161012080025j:image

この場面の自信満々なみりおんシシィも大変美しく、正に絶好調なシシィ彷彿とさせるのですが、私がこの場面をお勧めするわけは別にあります。

 

歌い終わり、トートから手を差し伸べられるけどエリザベートはその手に見向きもせず去っていくシーンです。

 

みりおんシシィ余裕満々に去っていくのかと思いきや違った!!皆さんここに注目されましたでしょうか?

 

みりおんシシィは差し伸べられた手を少しだけ見つめるのです。そして見なかったことにするかのようにツンっと去っていきます。

 

この違い。。結構あると思うのですよ。

 

このみりおんシシィをみて、

シシィに内在する死への魅力

 

を感じ取ることができました。

 

ここでまだシシィが死への魅力を捨てきれていないことが垣間見られると この後の展開(何故シシィが死を選んだのか)が非常にわかりやすくなるのですね。。

 

 

病院

 

星吹さんの怪演もあり、最高のシーンでしたね。

ボロボロの扇と新品同様の綻びのない扇を交換した時のみりおんのあの表情。

 

あのシーンの歌と表情からシシィが心から自由を望んでいる姿、どんな形でもいいから自由になりたいと切望しているののを感じ取れるのではないでしょうか?

 

殺害シーン(レマン湖のほとり)

 

ここも良かった!!

というか分かりやすかった!!

 

あの一瞬でどうしてエリザベートが死を選び取ったのかがみりおんの細い動作(一度回避したあともう一度防ごうとしたけどトートの姿に目を止めて防ぐことを止める)で表されていました。

 

 

総じて

 

みりおんがエリザベートの生涯の随所随所を丁寧に繊細に演じたことによって、

最後のシーンを納得できるものにしました。

 

今までは「何故ここでエリザベートが死を選んだのか」

疑問でなりませんでしたが、やっと理解できました!

 

後半に続く。。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村