ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

花組公演『金色の砂漠』③(鳳月杏編) 

 

仮面のロマネスクとEXCITER!!の初日が当たったーーー!!

一般発売で当たったの初めてかもしれない。←

 

おはようございます。ムーです。

明日から会社頑張って生きていける←

 

 

さて、今日ジャンギールを演じてくれました鳳月杏について語りたいと思います。

f:id:maoyamaguchi6:20170121103953j:plain 

 

 今回の男役MVPは間違いなく彼女でしょう。

 

そして遂に!!『TAKARADUKA CAFE BREAK』に鳳月杏さんが出演予定との告知が出ましたね^^ (東京MX:2月3日放映予定)

もう嬉しすぎてみなさんにこの事実を伝えたくて伝えたくて!!

 

みんな見てね!! ←

 

 

男気溢れる王、ジャハンギール

 

男の中の男、ジャハンギール

豪傑で曲がったことが大嫌いで、惚れた女性には一途な男です。

 

正直、『金色の砂漠』において一番のいい男だと思うのは私だけ!?

ギィーよりもじゃーよりも誰よりも魅力的だろ!

 

だってギィが攻めてきた時も、手を繋ぎながらアムダリア王妃を守ろうと立ち回るそのお姿

最早主人公級のかっこよさ

 

 

今回こんな美味しい役を満を辞して鳳月杏様が演じてくださいました!

この章で紹介したように役自体の魅力も十分ありますが、今回ちなつ様が演じてくださったおかげで200パーセントにも300パーセントにもなり、かなり魅力的な役になりました。

 

 

恵まれた体躯と持ち味のアダルト感が功を成す!

f:id:maoyamaguchi6:20170121130136j:plain

 

真っ赤な羽織を着て登場するジャハンギール。

登場したその瞬間から『王』としての風格が滲み出ていて言葉を発さなくても

彼がここを支配している王様だというのが観客に伝わります。

 

この存在感はちなつ様じゃないと出せないと思うのです。

あの長い手足と広い肩は今回のお役にぴったり!

 

黙っていても存在感ダダ漏れなんですよね。。

『逃げも隠れもしない!』というジャハンギールの一本筋の通った気性が

舞台にいるだけで伝わって着ます。

 

娘たちの婚約者を品定めするシーンでも後宮の娘たちを侍らせていて。。楽しそうにお話しされているお姿をずっとオペラで恨めしげに見ていたのは私です←

私も混じってジャハンギールとお話ししたいよ、お酒注いであげたいよ←

 

そんなシーンも似合ってしまうあのアダルト感。。何者だ鳳月杏。。

君は何歳だ笑

 

 

鳳月杏が認められ始めている

 

これは雪華抄でも思ったのですが、

鳳月杏の存在は花組内で確実に大きくなっていると感じています。

 

逆に今の花組からちなつ氏をがいなくなったら結構やばいと思う笑

(歌唱面で特にやばい←)

 

今現在、上層部に歌える人が殆どいない今、大変貴重な存在です、ちなつ様。

 

今回のお役で注目度も上がったことだろうし、これからもっと注目されることを願っています。

だってもったいないもん!!あんな実力者に一兵卒をやらせるなんて許さない。

 

 

  ジャハンギール様のお写真をもっとキャトルに置いてください

 

ということで。

今日はジャハンギール様の魅力について語りました。

要はちなつ大好きだから今回の役も大好きだし、これからもずっと応援していくよ!

ってことです。笑

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました^^

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村