ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

伶美うらら様が退団されることが分かった今だから言えること

おはようございます。

今度から更新通知はメールで行いたいと思います

む〜です。

ご好評をいただいておりましたLINEでの更新通知ですが会員様増加のため

有料に切り替えなくてはいけなくなってしまったので

メールに切り替えさせてもらいます!

 

LINE登録していただいた方には大変申し訳ないのですが後日お送りするフォームにて

再度ご登録いただければと思います!

 

そしてそして、

昨日はたくさんのコメントありがとうございました!

一つ一つ丁寧に返したいのでまだ返せていないコメントもありますがちゃんと読んでおります!時間をかけてゆっくり返していきたいと思いますので気長にお待ちくださいね。

 

 

ちょっと今日はうらら嬢について語らせてください。

 

f:id:maoyamaguchi6:20170709104613j:image

ここ数日間あまりにも色んなことがありすぎて気持ちの整理がつかないまま書くかもしれませんが

悪しからず。

 

はじめに、、

 

f:id:maoyamaguchi6:20170709104714j:image

 

彼女がトップ娘役になれなかった理由。

真実は劇団のみが知っているわけですが私の考えとしては

 

単なる実力不足(特にお歌)だったと思います。

 

ツイッター等で皆様の感想を見るに

 

『歌が少しくらい下手でもトップ娘役をさせてあげて欲しかった』

『美しさだけでトップになった娘役はたくさんいるのに、、』

 

というお声を多数拝見いたしましたが

 

仮にうらら嬢がトップになったとしたら私は見に行かなかったかもしれません。

(だからと言って星風まどかちゃんが最適だったとも思わないのですが、、

 

あのお歌ではどんなに美しくても見るに耐えない。

まかうらが一切歌わない演目ばかりやるのなら見にいきたかったかもしれませんけど

それはないでしょうからね、、

 

今回私がうらら嬢の退団を受けて一番ショックだったのは

 

『もうあの唯一無二の美しさを宝塚で拝むことができない』

 

これだったんですよね。。

 

  

 もう彼女の美しい舞台姿を宝塚で拝むことができない

 

f:id:maoyamaguchi6:20170709104835j:image

 

老若男女から『美しい』と言わしめる美貌の持ち主、伶美うらら嬢。

その気品漂う圧巻の立ち姿にはどんな観客も賛辞を惜しまないでしょう。

 

 それくらい彼女の佇まいは他の娘役さんとは一線を画していました。

 

お歌を歌っている時だけちょっとその美貌が霞みましたが

それ以外の場面では見る人の目を掴んで離さない魔女的な美貌ですよね

 

そんな彼女の舞台姿を見ることがもう見ることができない。

これはもう宝塚歌劇団にとっても損失なのでは??と思ってしまいます。

 

 

宝塚の娘役さんって痩せすぎてしまってドレスが似合わない?方が多いように思っていましたが

うらら嬢は適度に肉付きも良くて彼女がドレスを着ると他の娘役さんよりも輝いて見えるんですよね、、バッチリ着こなせている?とでもいうのでしょうか。。(あんまりドレスに詳しくないので表現が乏しくてごめんなさい)

 

なんていうんだろうな、、本当に彼女のドレス姿は美しいんですよね。

特に私が好きなのはうらら嬢自らも一番好きなドレスだったおっしゃっている

クララ・シューマンのお衣装。

 

f:id:maoyamaguchi6:20170709104855j:image

 

彼女以上にこのドレスを着こなせるジェンヌさんが今後出てくるのか疑問です。

 

 

もっと彼女の美貌を拝みたかった。

 

f:id:maoyamaguchi6:20170709105301j:image

 

トップ娘役になれなくてもいい。

宝塚の舞台で怜美うららという生ける美術をもっと拝みたかった。 

 

そんな気持ちで今いっぱいです。

 

でもね、私思うんです。

 

あれだけの美しさを誰かが所有するのはちょっと惜しい気もするなって。

 

彼女はその美しさ故に誰のものにもならず軽やかに別の世界へ羽ばたいていく。

 

そう考えることにしました。

 

これからの彼女の成功を祈って、最後に『翼ある人々』クララ・シューマンのお言葉を添えたいと思います。

 

『振り向いてはダメ!自分の道を生きるのよ!』

(うろ覚え〜笑)

 

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

また明日お会いしましょう。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村