ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

愛希れいか様の唯一の欠点

 

おはようございます😃

 

 

 

今週末が今から楽しみで仕方ないむーです^ ^

なんたって今週は

 

土曜日:花組 邪馬台国の風

日曜日:ドレス試着

月曜日:星組 阿弖流為

 

と盛りだくさんなんです^ ^

 

早く平日終わってくれないかな〜爆

 

ということで今日も1日頑張らないで仕事していくわけですが

 

昨日のブログ記事を書いててようやくわかったことがあります。

 

おちゃぴ様って相手役をたてる

娘役ではないなと。

 

f:id:maoyamaguchi6:20170725075455j:image

 

おちゃぴ様は舞台女優としてほぼ完璧になってきているわけですが

私は今までずーっと何かがチャピに足りないなぁって思ってたんです。

 

足りない なんておこがましいかもしれませんが、

 

完璧なおちゃぴ様のはずなのにちゃぴを完璧だと思えないのはどうしてだろうと思い出しては悶々としてきました。

 

しかし、昨日ちぎみゆに関する記事を書いていた時にやっと腑に落ちる答えが見つかりました。

 

 

咲妃みゆ様と愛希れいか様

 

f:id:maoyamaguchi6:20170725080118j:image

 

お二人とも持ち味は違えど素晴らしい

トップ娘役さんです。

 

敢えて言うなら

ゆうみちゃんはお歌が得意

チャピはダンスが得意

ですよね。

 

ゆうみちゃんも、チャピも

どちらも単独公演できるくらい人気もあると思いますし、実力もあります。

 

そんなお二人の決定的な違いは

 

相手役に寄り添う娘役力

 

f:id:maoyamaguchi6:20170725080743j:image

 

 これだと思うんです。

 

咲妃みゆちゃん

 

ゆうみちゃんは1人でなんでも

出来てしまう娘役さんであるのに関わらず

コンビが素敵にみえることに重きをおいていたのではないかなと思います。

 

f:id:maoyamaguchi6:20170725080935j:image

 

常に相手役さんであるチギさんを支えるために出しゃばり過ぎず一歩引いていた気がします。

 

『もっと実力あるんだし前に出てきて!!』

 

とファンが思うほど奥ゆかしく慎ましい娘役さんを演じ切ってたのだなと今更思います。

 

古風といいますか。。

昔のながら寄り添う娘役さんですよね。

 

愛希れいか様

 

逆にチャピは新しい娘役像を構築している気はします。

 

男役さんに頼らず、ドンドン前に出て行く娘役さん。かっこいいですよね。

 

f:id:maoyamaguchi6:20170725082145j:image

 

しかし、チャピはその存在感が強すぎるためにコンビ萌えを提供するはずのデュエットダンスで全く萌えは提供してくれないんですよね。←

 

むしろキレキレに伸び伸びと踊るチャピばかりみていて相手役さんに全く目が行かないんですよね笑

 

f:id:maoyamaguchi6:20170725082036j:image

f:id:maoyamaguchi6:20170725083149j:image

〔このたまチャピ素敵すぎる。。。〕

 

男役さんをたてるよりも自分が中心になってしまうチャピの引力は凄まじいです。

 

まさチャピの時はなんだか歯車が上手く噛み合ってないなーって思ってたんですけど

たまチャピになってからそれがなくなったように感じます。

 

それはたま様がチャピが伸び伸びとチャピらしくあれる環境を計らずとも提供してるからに他なりません。

 

だんだん何がいいたいかわからなくなってきた笑

 

要はですね、

 

チャピは寄り添う娘役という形は似合わない。もしかしたらそれは欠点になりうるかもしれないけど、伸び伸びと輝くチャピを見ていたいのでオールオッケー!!

 

f:id:maoyamaguchi6:20170725082729j:image

って話です←

 

 

これからも己が道を爆進していってください!応援してます^ ^

 

でわ!

また明日お会いしましょう❤️

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村