ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

雪組「『誠の群像』-新選組流亡記-』ってどんな話なの?

 

おはようございます^^

今週は金曜日からプチ旅行に行ってきます、むーです。

 

 

 

久しぶりの関西方面への旅行。

でも宝塚市に降りたてないのが虚しいかな。。

 

退職した暁には必ず一度はムラを訪れたいものです。

 

さて。

今日は昨日発表された雪組全ツについてお話ししようと思います。

 

『誠の群像』ってどんなお話?

 

昨日、このニュースを見たときは

朝美絢様主演で一杯一杯だったので

考える余裕がなかったのですが

 

私の大好きな新撰組のお話みたいじゃないですか!!(鼻息)

 

しかも物語のモチーフになっているのは

司馬遼太郎先生の

 

燃えよ剣

 

新撰組血風録』

 

とか。。どちらも私の愛してやまない小説たち( ;∀;)💕

 

ページがボロボロになってしまうほど読み込んだ2作品です。

(読んだことない方は是非一読されることをオススメします!)

 

誠の群像』は1997年に麻路さき様率いる星組で上演されたのが初演だそうです。

 

f:id:maoyamaguchi6:20171003081353j:image

 

なので今回初めての再演になります。

 

早速内容をチェックしましょう。

 

f:id:maoyamaguchi6:20171003081516j:image

 出典:⦅スカイステージ 番組詳細 誠の群像-新選組流亡記-(’97年星組・宝塚)⦆

http://www.skystage.net/Prgm/Detail/100.html

 

時代の流れに逆らってまでも武士としての誠を貫き、そして熱く散っていった新選組男のロマンを、土方歳三を中心に史実とフィクションを織り交ぜて描く。

 

脚本・演出は石田昌也。'97年星組宝塚大劇場麻路さき月影瞳、稔幸 他。

 

江戸時代末期、京都の治安維持を目的に、幕府によって集めらた浪士の集まりから発足した新選組は、副長・土方歳三(麻路)によって鉄の組織に鍛え上げられ、京都の街を震え上がらせる存在となる。しかし、勇名を轟かせた新選組であったが、時代は彼らを置き去りにして急速に動いていく、。大政奉還により存在根拠を失った新選組は、武士としての誠を貫き通すために、旧幕府軍の要として薩長軍に対抗する。しかし、鳥羽・伏見の戦いにおいて旧幕府軍は決定的に敗北、新選組の面々も大きな痛手を負う。そんな折、土方は偶然、武家娘のお小夜(月影)と再会し、2人は密かに育てていた思いを燃え上がらせる。勝海舟(紫吹淳)は、血を流すことなく日本を新しくしようと画策し、西郷隆盛と手を結ぶ。しかし、幕府海軍の榎本武揚(稔)は、あくまで薩長軍と戦う決意を固める…。

 出典:⦅スカイステージ 番組詳細 誠の群像-新選組流亡記-(’97年星組・宝塚)⦆
http://www.skystage.net/Prgm/Detail/100.html

 

 

 ものこの概要を見るだけで胸熱な私がいます笑

 

新撰組の中で誰が1番好きかと言われれば一瞬で『土方歳三』と答えてしまうくらい好きな人物なので思い入れも、

 

そして土方歳三様への浪漫も人一倍強いのです。笑

 

 だいもんの日本物

 

真彩ちゃんは日本物のお化粧もカツラも似合うと思うのですが

 

f:id:maoyamaguchi6:20171003082208j:image

(桜華に舞えの時も素敵でしたし)

 

私が心配なのはだいもんです。

 

f:id:maoyamaguchi6:20171003082410j:image

 

だいもんのお顔はあんまり髷が似合わないんですよね。。

髷だけじゃないか、、日本物が似合わないんだな。

 

めちゃくちゃ綺麗なお顔なのに

なんか野暮ったくなってしまうというか。

 

f:id:maoyamaguchi6:20171003082742j:image

出典:⦅朝日新聞 webronza⦆

 

この野暮ったい感じが引き立つのは

土方の初期だと思うんすけど、、おそらく今回の物語では初期の土方は描かれないだろうしなぁ。

 

f:id:maoyamaguchi6:20171003083037j:image

 ちなみに本物の土方様は↑感じです。

 

とりあえずポスター楽しみにしたいと思います^^

 

それでは〜!

 

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村