ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

日比谷ミッドタウンを早く活用したい

 

おはようございます。

むーです。☀️

 

もーすぐクリスマス&お正月ですね〜。

街が忙しい中、なんとなく浮足立っている雰囲気が好きだったりします。

 

さてさて。

私の聖地、『日比谷』に来年3月に誕生する予定の『日比谷ミッドタウン』。

 

開発決定当初からめちゃくちゃ楽しみにしていたこの複合施設の新たな情報を入手したのでここで少しだけご紹介(੭ुᐛ)੭ु⁾⁾

 

観劇前後に暇つぶし♡

 

f:id:maoyamaguchi6:20171212082108j:image

三井不動産ミッドタウン日比谷事業室の豊蔵英介室長は「伝統ある映画・演劇のコンテンツやホテル文化を生かし、大人が楽しめる正統派の、銀座とはひと味違う街づくりを目指す」と抱負を語った。

 

 フロア構成は地下1階から地上7階までが商業ゾーン、6階の一部と8階以上がオフィスゾーン。商業ゾーンには計60店舗のテナントが出店予定で、そのうちの5店舗が日本初出店となる(飲食店は2店舗)。14店舗が商業施設初出店で22店舗が新業態だという。

 また4~5階には全11スクリーン、約2300席の「TOHOシネマズ 日比谷」が開業予定。隣接する東京宝塚ビル内の2スクリーンと一体になって運営することで、全13スクリーン、約3000席を誇る、都心最大級のシネマコンプレックスが誕生する。

 

テナント60店舗の半分以上は飲食店。地下鉄3路線と直結するアクセス抜群の地下1階には、バラエティー豊かな8つの業態が集まる駅直結のフードコート「HIBIYA FOOD HALL(ヒビヤ フード ホール、仮称)」が出店。玄関口となる広場「日比谷ゲートプラザ(仮称)」に面した1階には、日本に初上陸の米国の人気レストラン「Buvette(ブヴェット)」が出店する。2階のレストランゾーンには海外で人気のモダン炉端焼きや天ぷらを出す立ち飲み店など、カジュアルで旬な飲食店を集める。

〜中略〜

地下1階に博多で大人気の「住吉酒販」が東京に初出店し、角打ちコーナーを併設するほか、ブーランジェリー「JEAN FRANCOIS(ジャン フランソワ)」では溶かしたチーズをフランスパンにつけてワインを楽しむ「パン飲み」を提案。早い時間からワインを楽しめる隠れスポットとして注目したい。

 

出典:ミッドタウン日比谷 立ち飲み充実、有隣堂の新業態も

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171209-65329312-trendy-bus_all&p=2

 

これだけ飲食店が入っていると観劇前の

ランチやディナーに使えそうなお店がありそうで今からワクワクです♡

 

また、併設されている映画館もとても大きい施設になりそうなので、

 

ライブビューイングがあるときは劇場のすぐ近く(推しのすぐ近く!!)で観れることもまた魅力的ですよね。

施設も綺麗そうだし、私も利用してみたいと思います。

 

 

シャンテの空席探しが皆無になるかも!

 

f:id:maoyamaguchi6:20171212082712j:image

《入り出待ち待機組に欠かせないシャンテのキハチカフェ笑》

 

いつも開演前後はどこの喫茶店も混み合う東京宝塚劇場界隈。

 

特にシャンテはいつも激混みで終演と同時にダッシュで席取りに向かわないと埋まってしまう(*_*)

 

軽く呑みながら推しについてゆっくり語りたい

とか

入り出待ちまで時間を潰したい

とか

銀座まで行くのはめんどいし、劇場近くでお茶したり呑みたい

 

そんな時に色々使えそうです。

 

タカラジェンヌも立ち寄るかも!?

 

流行に敏感なタカラジェンヌ様たちも

立ち寄るんじゃないかと淡い期待を寄せている私笑

 

バッタリ会っちゃったりして、、♡

 

はい。

妄想もここまで。

 

今日も頑張って働いてまいります!

 

それでは皆様。

本日も頑張りましょう♡

 

《原因不明だったコメント返信できない件、解決しました!本日からコメント返ししに行きます〜♡》

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村