ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

星条海斗様の退団と『専科』の未来

 

おはようございます。

明日は待ちに待った観劇です^^

 

夫は全く楽しみそうではありませんが笑

私は楽しみです!

 

さて。

昨日は我らがマギーさんの退団発表がありましたね。

マギーさんファンの方も、密かにマギーさんを推していた方も

ショックを受けられたに違いありません。

 

私もマギーさんのことが好きだったので

少なからずショックを受けました。

 

今日はそんなマギーさん退団について触れながら

若手専科が次々と辞めていく理由を考えてみました。

 

お付き合いいただければ幸いです。

 

個性の塊、それが『星条海斗』

 

f:id:maoyamaguchi6:20180202073929j:image

出典:WEBRONZA スターファイル

http://astand.asahi.com/entertainment/starfile/ASJBL3QK6JBLUEHF005.html

 

舞台のどこにいたって、彼女をすぐに見つけることができた。

 

それは彼女から醸し出される『大物感』だったり『華やかさ』のせいかもしれない。

とにかくどんな役をやっても全てを『マギー色』に染めてしまう

不思議なジェンヌさん。

 

再演物でもなんでも、『この役はマギーさんにしかできないよな』

観客を唸らせてしまうほどの演技のセンス。

 

間違いなく専科の”素質”を持った人物です。

 

専科入りしてからの星条海斗様

 

そんな彼女なのに

月組から専科入りを果たしてからは、、正直私の中ではしっくりくる役がなかった。

そもそもしっくりくるだけ舞台にも出てもないんですけどね。。

 

私が『流石マギーさん!』と思ったのは星組の『こうもり…こうもり博士の愉快な復讐劇…/THE ENTERTAINER!』でこれでもかと笑わせてくれたオルロフスキー公爵だけだった。

 

『強烈な個性の持ち主、星条海斗はどこへ行ってしまったんだ?』

 

そんな想いを抱えていた私の目の前で今回発表された”退団”の二文字。

 

『何故?」という考え方よりも

 

『何が彼女に退団という道を選ばせたのか?』

 

そんなことばかりが頭に浮かぶ。

 

相次ぐ”新入り専科”の退団

 

最近、専科に入ったばかりのタカラジェンヌさんが退団していく光景をよくみます

気のせいでしょうか?

 

我が愛しの沙央くらま様

 

先日月組から専科入りを果たしたばかりだったような気がしていた飛鳥裕さん

 

そして今回の星条海斗様の退団。

 

多すぎないか!?退団者><

 

しかも最近入ったばかりの方がどんどん辞めていかれる。

裕さんは以前も専科だったし、なんとなく察するところもあるけど

 

マギーさんもコマさんも専科入りしてから益々ご活躍されると思っていただけに

ショックです。

 

コマさんは結構大劇場公演に出てくれていたけど

マギーさんは殆ど観劇できず終わってしまう。。

 

専科さんは『組』の雰囲気とはかなり異なる特殊な環境だとは聞いていたけど

もしかしたら『専科』であることがあんまり合わなかったとかなのかな。。?

 

誰に聞いたか忘れたけど『専科は舞台での評価が次の公演に出れるか出れないかを決める。とても厳しい世界なんだ』と言ってたのを聞いたことがある。

 

そういう世界って私だったらずっといると疲れちゃうな〜なんて思ったり。

 

”新入り専科”さんが相次いで退団してしまうのはどうかと思う

 

企業だって新入りがどんどん辞めちゃう会社は『何か問題があるんじゃないか?』って目で見てしまう。

 

それと同じで、専科に入ったばかりタカラジェンヌさんが早々に辞めてしまうのは

『専科』という組の印象を悪くしている

 

と私は思う。

専科に入ったばかりの人が早々に辞めてしまう状態を肯定する様な環境を作らない様に

努めてほしいな〜なんて思った朝でした。

 

ま、今のうちの会社がこうゆう状況なんで重なって見えてしまっただけなんですけどね笑

 

よし!今日も1日に頑張りましょう。

 

では〜

 

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村