ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

雪組 千秋楽の個人的見解をまとめる

 

おはようございます。

むーです。

 

昨日は雪組千秋楽に参加し、コマさんの退団イベントに1日参加してきました。

もう悔いはありません。

 

今日は昨日の雪組公演を観て感じたことを私自身の備忘録としてまとめておこうと思います。

 

今日で本公演について語るのは最後にしたいと思います。

では、印象に残ったことだけざっくりとですが語ります。

 

 

f:id:maoyamaguchi6:20180111202122j:plain

出典:宝塚歌劇団公式HP

雪組公演 『ひかりふる路(みち) 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』『SUPER VOYAGER!』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

公演全体の感想 

 

・私にとって初めての千秋楽観劇。この公演に関しては千秋楽前に2回観劇をしたけれど、今までの作品とは全く別の作品を観ているように感じた。

 

・今までの作品に熱意を感じなかったという訳ではない。ただ、昨日の舞台から発せられる熱気というか、、作品のもつメッセージは今までのそれとは異なる気がした。

 

・客席全体が舞台に圧倒されているのを感じた。舞台が一人歩きを始めたという言い方があっているのかわからないけどそんな印象を受けた。

 

雪組トップ 望海風斗様について

・二回目に観劇した時よりも、気持ちの高ぶりが落ち着き、二回目に観劇した時は主題歌であるひかりふる路』が独裁者の歌にしか聞こえてならなかった(元気すぎるだいもんの声だとどうも私にはこう聞こえるらしい)のだが、今回のだいもんは調和を意識していたのかもしれない。人民の1人を代表して歌っているように聞こえた

 

・以前から思っていたけどだいもんは『狂気の演技』に走りがち

これは千秋楽前に見た二回で強く感じたことだった。狂気にする必要があるのかな?遠む所で狂気じみた芝居に持ち込んでしまう。もしかしたらそちらの方が彼女にとってしっくりくるのかもしれない、楽なのかもしれない(狂ってしまうのは簡単)と思いつつも、それはマクシムではないとずっと思っていた。

 

・今回の千秋楽で彼女は『狂気の芝居』に逃げることなく、マクシムの葛藤と真正面から向き合っているのを感じた。これが功を奏してか、マクシムに初めて人間としての親しみを覚えた。

 

・今までの演技ではマクシムがマリー=アンヌのどこに惚れたのか見えない部分が多かった。そもそも惹かれているのかも全くわからなかった。

しかし、千秋楽で見たマクシムはマリー=アンヌの持つ怪しさにどんどん心引かれていく様、がっついていく様がよくよく現れていてわかりやすくなったなと思った。

 

・だいもんの声は声量豊かでおおらかだけど、芝居によっては刃物のような鋭利さを突き出してくる時がある。特に今まで「ん?」と思っていた本来優しい歌になるはずの『今』ではその鋭利さが薄れ、だいもんの声から『この壊れそうな暖かい夢を壊したくない』という想いが溢れていて涙を誘った。

 

 

雪組トップ娘役 真彩希帆様について

 

真彩ちゃんの歌う、『焦燥と葛藤』。昨日が今までの中でもっともよかった。

この『ひかりふる路』と言う公演の中で1番の名シーンだった。

でもこのシーンで喉を使い果たしてしまったのか、SVでは喉の調子があまり良くない、、というかもう痛々しかった。

でも、あのシーンにこれでもかというほど感情をぶつけ、歌いきった真彩ちゃんには尊敬しかないし、あのシーンを崇高な芸術にまで昇華させた真彩ちゃんには今感謝の言葉しか出てこない。

 

・とにかく昨日の真彩ちゃんはよく泣く。泣くことがいいと言うわけでは決してないのだけど純粋にあの涙には心打たれた。

 

 

雪組二番手 彩風咲奈様について

 

・体調不良は解決されたと聞いていたが、やはり演技は落ち着いていた。私はこちらのダントンの方が好きだと改めて認識した。

 

・マクシムと男同士の話し合いをするも、思い届かず無念に終わるダントン。

さきちゃんの目から零れる黒い涙がその悔しさを表しているようでこちらまで胸に熱いものが込み上げてしまった。

 

男なら大胆に行こうぜ〜と断頭台に上がる姿が相変わらずかっこよくて処刑を取りやめて欲しくなった。←

 

雪組 朝美絢様について

お歌の成長著しく、これからの雪組を歌唱面で支えてくれるだろうと期待が高まった。歌い方がなんとなくだいもんを真似ているなと。

あわよくばいつかトップになってほしい人材です。

 

朝美絢演じるサンジェストに対して史上最高に”気持ち悪い”と思ってしまった(褒め言葉です)

 

・回を重ねるごとにどんどん妖しさ、気持ち悪さを増していったお芝居。

お芝居面での成長も著しい。

 

カミーユに向かって『あなたのお名前は入っていないのですが、、?もしお心あたりがあるのでしたら言論を慎まれてはいかがでしょうか?』ってにっこり言うときのお顔が美しいけど『悪魔だ』と感じてしまうゲスさ半端ない

 

雪組 彩みちる様について

 

・いつでもカミーユに連れ添う姿が愛らしく、とてもお似合い。

 

カミーユの歌う『友よ』に涙しながら神に祈るのように手を握る姿に心撃たれてしまった。あの子のヒロイン力すごいし、これから応援したいなぁと思った

 

・沙央くらま様に寄り添ってる時の『本妻』感がすごすぎてもう、、コマさんを幸せにしてくれてありがとうと心から思ってしまった。

 

ひかりふる路についてはこんな感じです

 ワイルドホーンさんがきたとか、アドリブがあったとか言うのは

全部SNSに書いてあることなのであえてここでは言及しません!

きになる方は是非探して観てください〜

 

コマさんについては後ほど別の記事を書きたいと思います。

では。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村