ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

月城かなと様が垢抜けるのを夢見てる

 

おはようございます^^

む〜です。

 

今日はね、宝塚歌劇 IN スカイツリーに行ってみようと思います!!

 

何年振りかのスカイツリー

学生の頃はしょっちゅう行っていたスカイツリーなのに今では大分ご無沙汰に笑

会社が終わったらダッシュで向かおうと思いますっ!

 

待ってろスカイツリー

 

さて、今日は昨日に引き続き花組ポーの一族について語ろうと思ったのですが、

チャピちゃんの先行画像と、THE LAST PARTYのポスターも出たことなので

ず〜〜〜〜っと思っていたこと

 

月城かなと様が垢抜けない件

 

について書こうと思いました。

 

 

 

『THE LAST PARTY』のいつも通り美しいれいこ様

 

安定の美しさ。

そしてラスパお決まりのポーズ。

 

いつも通り、360度ビューティフル。

 

そう、いつも通りすぎるのです!

れいこさんをどんな角度で撮っても、いつも同じ高いクオリティの美しさを提供してくれる。(これはこれでとても凄いことです!)

 

でも、面白みがない。

ドキドキ感がないのです。

 

今回、チャピちゃんの先行画像と一緒に発表された時に、尚更そう感じてしまいました。

 

新しい月城かなと様になかなか邂逅できない

 

チャピちゃんはいつでも、『新しい愛希れいか』の一面を見せてくる。

 

この前の愛聖女(サントダムール)-Sainte♡d’Amour-』の先行画像でも

 

いつも通りの愛らしさもありつつ、今までにないようなコスチュームも着こなしてファンを喜ばしてくれた彼女。

 

特段ファンではない私でさえ、

 

『次のチャピちゃんのビジュアルはどんなのだろう?^^』

 

ドキドキしながら楽しみにしているくらい、彼女の被写体としての才能は抜群だ。

 

そう考えると、我が愛しのれいこ様は申し訳ないけど

 

いつも同じような表情なのでつまらない。

 

スカステなどで同期とおしゃべりしている時は表情豊かなのに

なぜかお写真になるといつも同じような表情になってしまっている気がする。

 

私は新しい月城かなと様の一面を見たいのだ!

 

 

失敗してもいい。新しい表情を見せて

 

95期には表情豊かな表現者が多いと思う。

そんな中、れいこさまはいつまでも『クールビューティー』なイメージを崩さずにここまで来ている。

 

舞台ではAFOやバッディでは『お笑い』キャラ的なポジションを与えられているけれど、私はこのポジションをこなしたからといって、れいこさまが垢抜けたとは思っていない。

 

今回のポスターもそうだけど、決められたポーズ、雰囲気の中でどんな風に

新しい自分を魅せれるか?これが彼女の今後の課題になりそうだなと思う。

 

ま、こんなこと言ってますが 、私れいこ様好きなので

ラスパも見にいちゃうけどね〜。。

 

 よし、今日も頑張ってみるか〜

でわ〜

 

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村