人事

各組の御曹司たち(聖乃あすか・縣千)の人事を妄想する。



おはようございます。
むーです。

今日は各組御曹司たちについて紹介、かつ今後の人事について予想してみようと思います。

最後までお楽しみいただければ幸いです。

宝塚歌劇の「御曹司」とは?

まずは宝塚歌劇における「御曹司」の意味合いを軽く説明させてください。

ファンによって解釈は異なるかもしれませんが、私の解釈では

 

御曹司=新人公演主演を何度も務め、バウ公演主演も早めに務める。研10頃までは組み替えをしない。

 

というイメージです。

とにかく組に大切にされている生徒さんなので、公演での役づきがよかったりして目に見える形で「大事にされている」ことがわかります

 

各組御曹司たちの紹介

各組の御曹司たちをピックアップしてみましょう。

現5組は「誰を育てたいのか」がわかりやすくなっているため、ピックアップも今までに比べて楽でした。

 

花組 聖乃あすか(100期生)

月組 風間柚乃(100期生)

雪組 縣千(101期生)

星組 極美慎(100期生)

宙組 瑠風輝(98期生)or鷹翔千空(101期生)or風色日向(102期生)or亜音有星(103期)

 

とはいうものの、宙組さんだけは絞り込めませんでした。
後ほど語りますが、宙組さんは人材豊富ですし、宙Pはできるだけ一人一人の可能性を残したまま生徒さんを育てていくつもりなのかもしれません。

 

各組のスターもピックアップできましたし、早速ほのかちゃん(聖乃あすかちゃん)について語っていきます。

 

花組の御曹司:聖乃あすか(100期生)

花組で最も推されているほのかちゃんは100期生さんで、今年で研8の男役さん。

 

お芝居に定評があり、ダンスも得意なジェンヌさん。
類稀なる美貌の持ち主であることは間違いありません。

 

今後の課題は歌唱力の向上といったところでしょうか?
お歌とお化粧がもう少し上手になったら向かうところ敵なしのジェンヌさんです。

 

そんなほのかちゃんのこれまでの経歴ですが、

  • 新人公演主演:3回
  • バウホール主演1回
  • 2025年日本国際博覧会アンバサダー

 

とトップになるための道を順調に歩んでいると、宝塚ファンなら誰もが認める実績だと思います。

 

そんな彼女なので花組のトップになるのも、遠くない未来だと考えられます。

 

私の予測では、こんな感じ。

柚香光退団

永久輝せあ就任

永久輝くせあ退団前に次期VISAガールとしてほのかちゃん就任が発表される

聖乃あすか就任

 

光くん、ひとこちゃんが通常任期であれば、ほのかちゃんがトップになるまであと5年ほどかかる見込み。

6年後というと、ほのかちゃんは研13になりますから、その前後でトップ就任されたとしても、決して早すぎるというわけでもありません。

 

私の予想では三井住友VISAカードのイメージガールに就任されるでしょうから、このまま花組から異動せずに生え抜きでトップになりそうな予感がします。

 

雪組の御曹司:縣千(101期生)

続いてご紹介するのは雪組の縣千くん。
今年で研7の男役さんですが、研7という学年を忘れそうになるくらいお芝居が上手な生徒さんです。

ノーブルな立ち姿。そして172cmという高身長を生かした舞台映えするダンスは爽やかでスターオーラを感じずにはいられません。

そんな彼女の課題もほのかちゃんと同じく歌唱力の向上
近年かなりお歌も上手くなってきたように感じるので、このまま喉を大切にしながら成長して欲しいです。

 

そして縣くんの経歴がこちら↓

新人公演主演:1回

ほのかちゃんの凄すぎる経歴を見た後だと「あれ?そんなにまだ出てないのか」と思ってしまいがちだけど、アレはほのかちゃんが爆押しされすぎているだけである笑

 

雪Pとしては「ファンの批判を受けずにゆっくり、確実に御曹司を育て上げたい」のでしょうねきっと。
慌てず焦らず、縣千というダイヤモンドの原石をゆっくりを磨いていくつもりなのでしょう。

 

個人的にはこの雪組の育て方は好きです。
生徒さんが批判を浴びる要因を極力排除できますし、周りの生徒さんとの関係構築もじっくり時間をかけられるので。

 

御曹司制度自体はあまり好きではないけど←

 

縣くんの今後の人事予想をできるのはこれくらいまで↓

2021年(研7):新人公演で2回主演を務める

2022年(研8):バウホールで主演を務める

彼女がトップになるのはだいぶ先の話で。

おそらくあと6〜7年後になると思います。

望海風斗

彩風咲奈

朝美絢

縣千

 

咲ちゃんと希和ちゃんのコンビがどれくらい長くトップを務めてくれるのかわかりませんが(個人的には長期希望だけど、希和ちゃんの学年を考えると短期の可能性が高い・・涙)、いずれにせよ雪組トップになるのはまだまだ先の話と思われます。

 

それまでにどれだけ観客がトップであることを納得できる男役になれるかが縣くんと雪Pの課題なのでしょう。

 

今後どんな新しい一面を見せてくれるのかが本当に楽しみです。

 

明日は月組・星組について

明日は月組・星組の御曹司について考えるつもりです!

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

↓励みになりますので、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク

-人事

© 2021 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5