ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

改めてえりあゆに想いを馳せる

 

おはようございます!

むーです( ・⊝・ )

 

某駅にて痴漢をして警察から逃げるために線路内に立ち入ったせいで電車が運転見合わせになってると聞いてもう会社に行く気が失せました。。むーです。( ・⊝・ )

 

逃げるなら線路以外の場所を走り回ってくれ。。

 

閑話休題。 

 

昨日は壮一帆さんのJ:COM主催トークショーだったとか。

 

そのレポがツイッターに沢山載っていたので有難く読ませていただきました。

 

その結果、やっぱりえりあゆっていいコンビだったなぁと改めて感じました。

 

f:id:maoyamaguchi6:20170511075226j:image

 

『遅咲き』だからこそ出せる味のある舞台

 

f:id:maoyamaguchi6:20170511075455j:image

心中、恋の大和路は何度見ても泣けます)

 

下級生時代から努力に努力を重ねて

めでたくトップ就任したお二人。

 

トップになるまでに目立った抜擢は何度もあり、『遂にトップになるか!!』とファンが心を躍らせた回数は数知れず。

 

同時に涙を飲んだ回数も数知れないでしょう。。

 

それくらい手が届きそうで届かないという期間が長かったお二人ですが巡り巡ってトップになった後は

 

大劇場公演三作で退団する』と初めから決めて舞台に取り組んでいたそうです。

 

なんだか武士みたいですね。。

 

でもそんな覚悟があったお二人だからこそ、遅咲きならではの豊富な経験を活かして観客の心に残るようなお芝居ができたのだと思います。

 

実際、最後の前田慶次もすごいよかったし正直『もっと見ていたい』コンビでした。

f:id:maoyamaguchi6:20170511081223j:image

 (絵巻物のように美しいお二人)

 

ガンガン前に進む壮一帆

必死について行く愛加あゆ

 

f:id:maoyamaguchi6:20170511081551j:image

 

このコンビが萌えを今もなお萌えを生み続ける理由は

 

退団後も固く結ばれた絆

あゆっちが一生懸命ついてくるのを壮さんが見守りながらも軽い足取りで前に進まれていく。。そんな関係性(誰か伝えたいことわかる方いますか。。)だと思います。

 

素敵エピソード

 

最後にお二人の素敵エピソードを備忘録のために残しておきます。

何度呼んでも萌えるお話なので皆さんも是非、日々の栄養補給にお使いください笑

 f:id:maoyamaguchi6:20170511083011j:image

とにかく普段から壮さんしか見えていないというあゆっち。

スチール撮影の時など壮さんが軽く呼びかけても猪突猛進!壮さんだけを見て、色んな物をなぎ倒して向かってきたというあゆっち。

 

壮さんはインタビューの中でそんなあゆっちをこんなキャラに例えていました。

「壮:(愛加は)歩くといろんなところにぶつかって、なぎ倒すんだよね。私は愛情を込めて、
 ”ピンクのリボンをしたゴジラちゃん”と呼んでるけど(笑)。


 愛加:壮さんをお見かけしたら、もう他は何も見えなくなって、『あ、壮さん!』って行こうとすると、
 バーンッって(笑)。


 壮:真っ直ぐなんだよ。なぎ倒されるほうは大変だけど(笑)。」(BEST STAGE 2013年10月号より引用)

 f:id:maoyamaguchi6:20170511083046j:image

「Shall We ダンス?」お稽古中、あゆっちのお誕生日がありました。

休憩中、廊下で壮さんからあゆっちへお誕生日プレゼントの贈呈。

その当時の模様を退団した娘役・透水さらささんが絵と文で語っています。

「顔を真っ赤に喜ぶあゆっちさん(愛加)♡なんと!!旦那様、壮さんが誕生日プレゼントに赤いドレスを
プレゼント。なんて素敵なんでしょう!!私達まで幸せのお裾分けを頂いたわ♡なんておもっていたのもつかの間、
壮さんの一言。 『それ、あたしも試着してみてん』。」(歌劇2013年11月号より引用)

 

あのドS王子・壮さんが、あゆっちさんのために自ら試着をした!?

あまりの衝撃の事実に全員が口を揃えて「えーー!?」と驚愕したそうです。

なんと壮さん、本当にちゃんとあゆっちさんに似合うか想像しながら、肩を狭めて胸をはり、膝を折って試着してみたとのこと。

 

 朝からほっこり

 f:id:maoyamaguchi6:20170511083054j:image

もう会社間に合わないけど朝からほっこりできました。。

ありがとうえりあゆ。

 

ということで。

今日も最後まで読んでくださり、

ありがとうございました( ・⊝・ )

 

また明日お会いしましょう!