ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

たまちゃぴの『エリザベート』を観たくなかった理由

 

おはようございます!

ムーです。

 

昨日は衝撃的な発表が多かったですね。

 

月Pの皆様、

愛希れいかちゃんファンの皆様、

ヅカヲタの皆様

 

ほんとにお疲れ様でした。

 

今日は美弥ちゃんの今後について色々考えようと思ったのですが

たまちゃぴエリザベートがどうしても脳の片隅で引っかかっていたので

 

 

私がたまちゃぴのエリザベートを観たくなかった理由について書きます。

というか久しぶりに毒吐きます←

 

人によっては気分を害される可能性もありますので、予めご了承ください。

 

f:id: :20180115221845j:image

 出典:宝塚歌劇団

http://kageki.hankyu.co.jp/sp/star/moon.html#

 

 

珠城りょうトートが全く想像できない。

 

私はたまきちの人間性が好きです

歌、芝居に関してはトップとしてまだ未熟なところがありますが

誰に対しても謙虚な姿勢や相手役である愛希れいかを親身に気遣う姿には同じ人間として胸打たれるところがありました。

 

 

そんな彼女の持ち味は”陽”の気だと思うんです。

”陽”って一言で表してしまいましたが分解すると、

 

健康優良児 貴族 青年 生命力 若さ 陽だまりのような輝き

 

って感じです。

 

そんな彼女が。

明るさ・生命力の権化のような彼女が

 

青白い黄泉の帝王なんて似合わないでしょ?

 

もしかしたらこれは新しいトート像の誕生かもしれない.

 

プラスにとればそうなのかもしれない。

そう考えるのが正しいのかもしれない。

 

でも私はそんな風に考えられるほど優しい人間じゃない。

どちらかというと偏屈な人間ですから笑

 

 

黄泉の帝王 トート閣下は”誰が”やってもいい役ではない筈。

 

選ばれた人がやるべき役であるという私の中の概念は誰にも曲げられません。

 

そして歌唱面でもかなり不安です。

 

たま様の今の歌唱力では、、

申し訳ないけど聞きたいとは思わない。

 

まぁ様の時(世間では絶賛?されてましたね)も思ったけど、

このミュージカルは歌を少しでも苦手とするタカラジェンヌが挑戦してはいけない、

歌の宝庫です

 

できればご遠慮願いたい、、と思ってしまう。

もし上演までにうなぎ上りで歌唱面の成長が見込まれるのであれば、また別の話だけど。

 

愛希れいかエリザベートに覚える不安と喪失

 

チャピちゃんが昨年のタカスペで『私だけに』を少しだけ歌っていました。

その歌を聞いた時、私の中で何かが壊れたというかがっかりしたというか

 

『チャピにエリザベートをさせてはいけない』

 

そんなことをふと思ってしまったんです。

チャピの演技、ダンスは私も大好きです。(本当です。嘘ではありません)

 

でも、あの歌声を聴いた瞬間(特段音程を外したとかそういうことではないのですが)

 

チャピがいずれエリザベートを演じるであろうと予想し、

うまくやり遂げるであろうと期待していた私の心にヒビが入ったんです。

 

 

私がどうしてここまで思ってしまったのかは分かりません。

元来彼女のキンキンとした声が苦手だったということが関係あるのかも知れません。

 

でも、彼女は私が求めている”エリザベート”ではないと感じてしまったんですよね。

同時にがっかりしてしまったんです。『次のエリザベートはどこに眠っているんだろう』と。

 

エリザベートもトートと同じで、誰がやってもいい役ではない筈です。

私はチャピが適任とは思えない。というかまだ納得できません。。←

 

”簡単”に再演される『エリザベート

 

軽々と再演されていくエリザベート

 

私の中で神格化されつつある”エリザベート”という作品を

毎年単位でやって欲しくないというのが本音です。

 

私は『エリザベート』という作品のファンなのです。

だからこの作品が軽んじられるのは絶対許せない。

 

キャストが揃って初めて再演される。

そんな重みが課されてもいいくらい、宝塚にとって大切な作品だと思っていたんですけど、違うのでしょうか??

 

『誰かのため』の公演として上演して欲しくはない。 

 

そんな思いでいっぱいです。

 

とりあえず観に行く!

 

もう決まっちゃったことをウダウダと書いてすいませんでした。

でも未だに釈然としないんです。

 

チャピの退団公演が『エリザベート』である必要がどこにあるのか。

 

私は未だに納得できない。

それならうみちゃんのお披露目でも良かったんじゃないか。

とか色々思ってしまうんですよ。

 

こんなに嫌味ばっかり言うなら観に行くなよ!と思われるでしょう。

でも私は観に行きます。←

 

もしかしたら案の定苦言を呈すかもしれません。

あるいは、180度意見が変わってとてもいい公演だったと言いだすかもしれません。

 

それはその時のお楽しみです笑

 

悲観7割 期待3割で観劇に臨みたいと思います。

 

はい。

こんな私の愚痴に最後まで付き合ってくれて、本当にありがとうございました。

また明日、お会いしましょう!