ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

宝塚の中で特に花男・花娘が大好きな理由

 

おはようございます^^

むーです。

 

 

先日まで雪組公演についてしか書いていなかったのですが

何だかみりゆきについて思いを馳せているうちに、、

 

花男・花娘に会いたくなってしまいましたよ〜><

 

花担の皆様、この気持ちがわかる方いませんか!?

いたら、、挙手願います←

 

 

私は基本全組観劇派だし、他の組にも好きな娘役さん、男役さんはいるのです。

 

でもね、時々唐突に花組を見たくなる時があります。

というか、、花組生を見たい時があります。

 

(そんな時は蘭寿さんの「CONGA!!!」を見ちゃいます。)

何でこんなに花組に恋い焦がれてしまうのか、、今日は自分の深層心理?に迫りたいと思います。

 

f:id:maoyamaguchi6:20180212174848j:plain

出典:ぴあ関西版

宝塚歌劇花組、蘭寿とむのラストステージ開幕! - NEWS | ぴあ関西版WEB

 

 

花組ってどんな組?

 

最近宝塚にハマり始めた人だと、まだ花組見たことないよってかたもいるでしょう。

まず、花組がどんな組か、ということですが

 

 

www.zuccazuccamu.com

 

この時↑も書いたのですが

 

宝塚の伝統を守り継承しているダンスの花組

 とも言われています。

 

花組は The正統派男役 の集団。

 男役の美学が脈々と受け継がれていて最も宝塚らしいです。

 

彼女たちが踊る黒燕尾はまさに圧巻の一言です。

(黒燕尾をご存じない方は下記画像を参考にどうぞ!)

 

また、ダンスの花組と言われるだけあり、

数々の歴史的なショー(宝塚ではお芝居の後にショーがあります)

を世に送り出してきた組でもあります。

 

花組の娘役さんはスター素質のある方が多く、こちらも伝統的な娘役を見ることができると思います!男役さんに寄り添いながらも自分らしさ、美しさを出す娘役さんがおいので、見ていて非常に見応えありです!

 

 当時の自分の言葉を引用するならこんな組です。

今、この説明に補足をするのだとしたら

 

『5組の中でもっとも宝塚臭い組』

という言葉を付け加えたいです。

 

花男とは?

 

言わずもがな、花男とは『花組に在籍している(もしくはしていた)男役』のことを

さします。

 

月男星男雪男宙男、、他の組にだって男役は沢山いるのに

なぜか上記の言い方はあまりされないし、ご本人たちもあまり口にしない。

 

それに対して花組の男役さんたちはこぞってインタビューなどで花男という言葉を選択し、口にする。

 

そう、彼女たちには花組の男役である』という誇りがあるのだ。

 

この誇りが私は大好きで惹かれてしまいます

誇りって私にはないものだし、物凄く憧れるんでしょうね。

 

彼女たちのダンスを見ているといつも見えない赤いバラを一人一人が誇らしげに掲げているのを感じる

 

この赤いバラこそ、彼女たちの拘りでもあり、誇りでもある”花組”の形なんだとつくづく思うのです。

 

いろんな組を見る中でこれほど、自分の組の男役であることに誇りを持っている組はあまり見ません。

しかもそれが脈々と絶えることなく次世代のスターたちに受け継がれているのがまた面白い。

そして花組で育ったスターたちはどこの組に行っても必ず花組色を爆発させるんです。

 

全く違う色の場所で真っ赤なバラが目覚める瞬間、、これほど美しいものはないでしょう。

 

 

花娘とは?

 

花組の娘役は”男役に寄り添う”のが基本姿勢だと思います。 

でもだからと言って”自主性がない”ということではありません。

 

彼女たちもまたは「花組の娘役であること」を誇りに思って舞台に立っています。

じゃあ花組の娘役とは何なのか?

 

『男役を立て、どう自分が振る舞えば相手役さんが一番カッコよく見えるか』

を熟知している。

 

それが花娘の最大の魅力だと思います。

 

一人一人のポテンシャルが高いのは当たり前。

同時に男役の素敵な見せ方まで知っている。

 

これはね、、同じ女として本当に尊敬に値しますね。

 

私が一番花娘の美しさを感じるのは花野じゅりあ様

 

 

いつまで立っても衰えることのないその美貌にはひれ伏したくなる私の話は置いておいて。

 

彼女が組むとどんな男役でも極上の男役に仕立てあげられてしまうんです。

まさにマジック。

 

気になった方はぜひ一度ご覧になって見てください。

私の言っていることは嘘じゃないはず!

 

 

花組やっぱり好き

 

うん。

この文を書いていて私は再確認した。

早く花組に会いたい。←

 

昨日はみりゆきについて書いたんだけど

そこでもやっぱりお二人が好きだと再認識したので

 

もう花組への愛が今から溢れてしまっている笑

 

あっ!でも今週末は雪組千秋楽も控えているし、今は雪組に、、専念しなくては。

 

ほいでは!