ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

だいきほの”HOME”に帰ろう

 

おはようございます。

む〜です。

 

昨日はびっくりな発表が二つもありましたね。

まずは、ポコちゃんの退団。

 

衝撃ではあったけど、この発表はどこかで心の準備ができていた。

美人だし、ダンスも素敵だったけど、お歌の面で苦戦しているのはずっと感じていたもの。

少しづつだけど成長していた最中にやめてしまうのは惜しい気もするけど

最後までポコちゃんスマイル全開で客席を釣りに来て欲しいよっ!

客席で待ってるからね〜!!

 

 

そしてもう一つの発表。

全人類(は言いすぎたけど)が待ち望んでいた!

 

望海風斗様と真彩希帆ちゃんの”ファントム”

が来年のお正月公演で東京にやって来ます!!

 

f:id: :20180313202022j:plain

 

 

だいもんブリドリの頃から彼女たちを応援している方にとっては

夢のような公演なのではないでしょうか。

 

”歌える”トップコンビだからこそ出来る演目

 

ファントムという演目をみたことある方ならわかると思いますが

 

全編ほぼ歌いっぱなし!

 

ファントムは一本ものなので、ひかりふるとは違い二幕通してひたすら歌い続けます。

歌うまな2人だからこそ実現できた、、満を辞してできた演目だと心から思います。

 

ここで心配なのは真彩ちゃんの喉なのですが、、真彩ちゃんの大好きな演目!

三作目のファントムでは千秋楽まで瑞々しい美声で劇場を満たしてくれると信じています。

 

だいもんに関してはもう何も心配いりません。

醜い顔故に世間から疎まれ捻くれていったファントムを今までの経験を糧に熱演してくれるでしょう。

 

花組のイメージが強かったファントム

 

f:id: :20180313210620j:image

この頃はまさか雪組でファントムをやるなんて思いませんでした。。

 

私の勝手な印象かもしれませんが、宙組が初演なのに関わらず

ファントムは花組の十八番というイメージが付いていました。

 

おささん、まゆさんというTHE・花組スターたちが演じているからでしょうか?

とにかく私にはこんなイメージがついていたんです。

 

そんなファントムが今度は雪組で公演される。

また別の組で演じられることによってまた違った色を放つ作品に変化していくのだろう。

 

雪組×ファントム、、この二つから生まれる化学反応を楽しみにしたいと思います。

 

 

だいきほの”HOME”〜原点回帰〜

 

だいきほの原点と言っても過言ではない、”ファントム”という作品。

雪組にとって久しぶりの海外大作ミュージカル。

 

ということで今から期待大ですね!

今日は定時で帰れますように。。

でわっ!