ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

美弥るりか様と”悪いこと”がしたい、でも”良い子”でいたい!〜月組『カンパニー/BADYY』感想〜

おはようございます。

 

バッディをもう一度観に東京に行くか。

それともスカイツリーに行ってくるか。

 

東京近郊の県に住んでいるのに、腰が重いむ〜です。

みなさんだったらどっちとります?

 

そんなことを悩みながら。

 

今日は昨日に引き続き、

 

高野悠スイートハート最高にセクシーだった

美弥るりか様について語ります!

 

 

 


高野悠様の徹底したプロ意識から学ぶ

 

カンパニーの小説を読まずに挑んだ今回の観劇。

結果としてはとても面白かったです^^

 

たまきち演じる”青柳”が一番観客の目線に近いということもあり、

その青柳からみた高野様の魅力を思う存分に味わうことができました。

 

キャラとしては、AFOのアラミスからナルシストな面を取り除いたようなイメージ笑

美弥ちゃんにぴったりなお役だな〜と思いながら観劇していました。

 

高野の言葉の中に、『お客様もカンパニーなんだ。』と言う言葉がありますが、

これは美弥ちゃんご本人も強く思っていることなのかもしれないな〜なんて勝手に想像しながらきいていました。

 

高野の発言って”バレエダンサー”としての言葉ではなくて、どんな職種のプロにも共通するような名言が多く、勉強になるんですよね。

 

その中でもタカラジェンヌにも通じる』ような言葉を一つ一つ噛み締めて話す美弥ちゃんの姿が印象的でした。

 

いちいちセクシーだから唐突にキュン死にさせられる

 

高野悠様はアラミスみたいなあからさまなカッコつけシーンはないんですが、

その立ち姿だったり、ちょっとした表情がカッコよくて唐突にキュン死にさせられました笑

絶妙な抜き加減と間で多数のキュン死にポイントを作り出した美弥様。

これも経験豊富な美弥ちゃんだから出来る技ですね。

 

特に唯衣(海乃美月)との絡みはもうみているこっちが歯がゆくなるようなシーンが多くて笑

お前らお似合いだから早く一緒にならんかっ!』と私が強制的に二人をくっつけたくて仕方ありませんでした笑

 

今回こんな二人を見、尚更『みやうみも尊い。。_:(´ཀ`」 ∠):萌』と劇中悶え苦しんでしまいました。

 

遅かれ早かれトップになりそう(なってほしい)うみちゃん。

できればみやちゃんとの並びも拝みたいな〜なんて願ってしまいました。

 

バレエシーンには説得力がなかった

 

美弥ちゃん演じる高野様は見目麗しく、ビジュアル的に最高のバレエダンサーだとは思います。

でも、『世界で活躍するプリンシパルと言う肩書きに見合うほどのダンスではないかなと私の心の冷めた部分が感じてしまった。

 

私は原作も読んでいないし、熱烈なバレエファンでもない。

『これは舞台なんだからそこまで要求するな!』と言われたら『ですよね〜』と言うしかない笑

 

もしかしたら役作りをする段階で高野のダンスよりも高野の人間性に重きを置いてるのかもしれないしね!

 

でも、どう頑張っても美弥ちゃんのバレエをみて『流石、高野悠様ね!』とは思えなかったのだ。

 

それどころか、暁千星君の踊るバレエの方が伸びやかで美しかったので、

『蒼太君ってコンビニバイトやってるレベルじゃなくないか!?』

 

とそっちに感動してしまった笑

 

ダンスが得意じゃない(あくまで個人の意見です)美弥ちゃんには酷な役かもしれないけど、もう少しバレエが上手だったらよかったかもな〜なんて思ってしまいました。

 

 

 スイートハートの親友になりたい

 

ここからはショー”BADDY”について。

美弥ちゃんはたまきちの大親友?のスイートハートちゃんを演じてくれているんですけど

 

とにかく妖艶&可愛い!!!!

 

これが美弥るりかの真骨頂か!とオペラグラスでガン見していたら、

観劇後、興奮しすぎて頭痛が押し寄せてきた始末です←

 

女言葉を使いつつも、女すぎず男すぎず、、ここに新しい性別ができた。

性別・スイートハートの誕生だ←

 

スイートハートとたまきちがキスをした後に、美弥ちゃんがご満悦の笑みで客席を振り返るシーンではあまりに妖艶過ぎて『私、今鼻血出てないかな!?』と心配になったほどです笑

 

男だか女だかわからないスイートハートちゃんですが、言動と仕草が可愛すぎるんです。いつもはショーの美弥ちゃんをみて、『カッコいいいいいい!!』となることが多いのですが、今回は『可愛いいいいいい!!』と心の中で絶叫していました。

 

ここだけの話、今回のスイートハートは月組の娘役を含めてもダントツで可愛かったです!嘘じゃないです!

 

たまきちバッディがれいこさんをお持ち帰りしてきてプンスカするところも可愛いし、バッディに駆け寄る時も恋する乙女の顔だし、セクシー女装も安定の可愛さだし。

 

キャバクラとかホストクラブに美弥るりかがいないことによって、世界の均衡は保たれているんだな〜なんてぼんやり考えながら昇天しました笑

 

もし美弥スイートハートとお友達になったら、

私は美弥スイートハートと悪いことがしたい、、けど良い子でいたい!!

という甘いジレンマの中で永遠に戦うことになるんだろうな笑

 

 

 少しネタバレになっちゃうんですけど、おすすめシーンを一つ。

 

美弥ちゃんが最後、死んだれいこさんを抱えながら奈落に落ちていくシーンがあるのですが、その時のれいこ&美弥の美しいお顔が今でも頭から離れません。。

あれは芸術のような美しさだったな〜

 

トップになってほしい、でも二番手の美弥ちゃんもいい

 

美弥ちゃんのトップ姿はもちろん見てみたい!

 

でも、美味しい役を沢山演じることのできる二番手というポストを存分に生かして

美弥るりか様の新たな一面をこれからも目撃し続けたい。

 

 

この両極端な気持ちが今私の中で鬩ぎ合ってます。

今回の公演をみて、尚更この思いが強まった気がします。

 

暫くはこの気持ちに決着をつけずにいよう。。

 

明日は早乙女わかば様について!

 

明日は大好きな早乙女わかばちゃんについて語りたいと思います〜^^

お楽しみに!

でわ〜