ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

天真みちる様の退団に想いを馳せて~愛し愛される人生~

 

おはようございます~

む~です。

 

昨日から関東は暑いですね(・。・;

でも天気がいいのは今週の土日で終わりらしい。

シーツとか布団とか、ここぞとばかりに干しまくりましょう←

 

さて。

先日発表された天真みちる様(以下タソ)の退団

他組ファンの方も”タンバリン芸人”と聞けばピン!と来る人もいるはず。

 

本当はもっと早く語りたかったのですが、あの日はいろんな発表がありすぎて

悲しくなったり嬉しくなったりと感情が忙しすぎてゆっくりタソの退団について語れませんでした。

 

今日は彼女について思う存分語らせてください。

 

 

 

タンバリン芸人の由来

 

タソをよく知らない人はもしかしたら今回の退団を知り、色々調べてみた結果、

こんな疑問を抱く人もいるのではないだろうか?

 

「大劇場でタンバリン叩いているとこ見たことないけど、なんでタンバリ芸人なんて字名がついてるの?」

 

これを知るには前花組トップスター蘭寿とむ様の時代まで遡らなければいけない。

まゆさんがスマスマに出た回がありまして。

 

その時、「宝塚歌劇団の宴会の余興が本気すぎてヤバい」というテーマで彼女はオーシャンズ11の男役フィナーレで使われていた曲)「Cry me river」をバックミュージックに、華麗なるタンバリン芸をお茶の間に提供した異才のタカラジェンヌなのだ。

 

私も当時、リアルタイムでその番組を食い入るように見つめていた一人ですが笑

タンバリンを持って「私がやるなんて・・恥ずかしい//スイマセン蘭寿さん><」みたいな表情を浮かべてオドオドとスタジオ中央に現れるタソ。

 

いざ曲がかかるとキレッキレに踊りまくります笑

 

始まった瞬間はあまりの気迫に全然笑えなくてSMAPのメンバーも唖然としていました笑 次第に手拍子などが入りみんな爆笑していましたけど笑

 

もちろん、まゆさんは始まる前から爆笑していました!(^^)!

ちえさんも途中から大爆笑してたなぁ・・

 

「こんなタカラジェンヌさんもいるんですね~」とアナウンサーの女の子にいわれて、タソは謙遜しまくって「一応タカラジェンヌです・・」と小さく答えていましたが、

私はあの時、一応じゃない!タソは列記とした素晴らしいタカラジェンヌだぞ!と心の中でタソの代わりに叫んでいました。

 

ま、こんなことがあってから彼女はタンバリン芸人とよばれるようになったのです。

 

カメレオン役者

 

タソの持ち味として挙げられるのは役の幅の広さ。

彼女は二枚目顔ではないけれど、だからこそ出来る役の幅が広い。

あくの強い親父役から優しく物腰やわらなかゴラーズさんのような役まで。

どこかに「天真みちる」の核を置きつつも、その場面の人物に溶け込んでしまう。

 

どんな役でも任せておけば安心なのが天真みちるです。

 

ちなみに、彼女の「好きだった役」は

 

「蒼い口づけ」のレンフィールド、「金色の砂漠」のゴラーズ、というか全部

 

らしいです笑

タソらしいな~・・

 

今年のおとめには「人外の役をやりたい」と書いていたので楽しみにしていたのですが、それも見れずに終わってしまうのだと思うと益々寂しい気持ちがこみ上げてきます。

 

愛し愛される人

 

 

勝手な推測ですが、タソって誰からでも愛される人だと思うんです。

私は彼女とおしゃべりしたことは一度もないし、彼女の知り合いでもないんですけど、

彼女をみていると「この人は誰からでも愛される要素を持っているな」と感じることがあります。

 

それは舞台上でのタソの振る舞いや、スカステなどのトークで発せられる言葉遣いや表情なのかもしれません。

 

花組子から全幅の信頼を置かれているんでしょうね。

みりおくんのタソに対する信頼度をみていればなんとなくわかります。

 

ちなつ様を最後まで見守ってくれると勝手に思っていた

 

タソとちなつちゃんって実は同期(92期生)でして。

以前、スカステで(多分スターダムが決まった頃だと思います)タソが

ちなつちゃんのどこがどれだけかっこいいかタソがどれだけちなつちゃんのことが大好きで同期のホープとして応援しているかを熱く・・ここには書ききれないくらい熱く語ってくれている番組がありまして。

 

思わずじっと見てしまいました。

だってタソのちなつさんへの愛が深すぎるんだもん。

 

「自分そっちのけで」とは言わないけれどちなつさんの魅力を限られた尺の中で力説する彼女の姿にはちょっと涙してしまったんです。

 

きっとタソが千秋楽を迎える日、ちなつさんは泣くんだろうな。

お二人の仲の良さは2018年の「宝塚おとめ」にも表れているので是非ご覧ください。

 

ずっといてくれると思っていた

 

タカラジェンヌである以上、永遠に在団することはかなわない。

でも、タソは別だと何故か思い込んでいた。

多くの人がそうであるように、私も「タソはずーっと花組を支えてくれるんだ」と勝手に信じ込んでいた。

 

だから彼女の退団を聞いたときは今まで完璧であった花組に対してスッと影が差したような気さえした。

彼女の存在は私の中の花組においてどれほど大きな存在であるかを知りました。

 

ひまわりのような笑顔で

 

私はタソのひまわりのような笑顔が大好きです。

最後までその笑顔が曇ることなく太陽に向かって輝き続けるのを見届けたいとおもいます。

 

長くなりましたがここまで読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。

最後まで私の思いを受け止めてくれて、とても嬉しいです。

 

皆様からの感想も心よりお待ちしております!

でわ^^

 

 *明日の記事ではみなさんに重要なお知らせ(というか告白?)があります。