ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

95期の怒涛の勢いはどこまで続くのか(柚香光・水美舞斗・月城かなと・朝美絢 編)

おはようございます^^

む~です。

 

今日は念願の「雨に唄えば」観劇日です。

観劇するのが少し遅くなってしまったけど、明日はレポを書こうと考えています!

よかったらご覧ください。

 

そして本日は、昨日に引き続き”95期”について独断と偏見で語りまくります。

お時間ある方はお付き合いください。

 

f:id:zuccazuccamu:20180628222845p:image

 

 

花組:柚香光

 

kageki.hankyu.co.jp

 

ポーの一族でアラン役を経て、事実上二番手になったカレー君。

持って生まれたスターオーラ妖しげな色気でお客さんを釣りまくっています。

 

二番手にはなったものの、その立場に見合った実力がついているかというと「みあっていない」というのが私の見解だ。

 

先日、大好評を博した「あかねさす紫の花」ではA・Bパターンともに大健闘の様子だったけれど、明日海りおや鳳月杏の演技や気迫に比べるとまだまだ学ぶべきことはありそうだと感じた。

 

インタビューの内容を見ていると彼女自身、今の立場に恐縮しているのかな?と感じることもしばしば。(舞台では全くその類を感じさせないのは流石だと思う)

 

カレー君の一番の課題だと感じるのは”歌”・”お芝居”

どちらも力みすぎているように見て取れる。

 

この学年にして全てを完成させろ!なんてことは言わないけれど、他組の二番手さんと比較して実力不足なのは明らかだ。

 

人によって得意・不得意があるのもわかるし、私はカレー君のこと好きでいつかトップになってほしいと思っているからあえて厳しいことを言ってしまうのだけれど(歪んでますね~笑)

 

是非これから絶やすことなく努力を続けてほしい。

そしていつか、多くの人に祝われてトップスターになってほしいと思う。

彼女なら絶対なれるのだから!

 

花組:水美舞斗

 

kageki.hankyu.co.jp

 

同期のカレー君がトップ街道まっしぐらで走っていく影で、人知れず努力を続けてきたのがマイティーだと思う。

 

マイティーを陰ながら応援し始めてか何年経っただろう。

TAKARAZUKA夢眩でソロ歌唱をもらった時は大喜びしたけれど、激しいダンスの中でずれていく音程がどうしても気になっていた。

元々聞き取りやすい、いい声をもっているだけに残念でならなかった。

 

そして、3月に久しぶりにマイティーが大劇場の作品中で歌っているのを聴いてその成長ぶりに静かに驚いた。

こんなに軽く歌える子だったっけ?と思わずオペラでおっかけてしまった。

そのあとのセニョールクルゼイロは残念ながら見に行けなかったけれど、スカステニュースでたびたび放送される舞台情報を観ては心を奪われていた。

 

水美舞斗という男役は真ん中がよく似合うスターだ。

センターに立つことによってより力を発揮できるタイプなのもわかっている。

 

しかし、同期のカレー君の今後によってはトップになれないかもしれない。

 

それでもいい。彼女がセンターに立つ機会が今よりも多くあるのであれば、二番手でも三番手でもいい。マイティーの輝く笑顔がみれれば立場なんてどうでもいいって思えてくるなんて素晴らしいですよね。

 

いい男役に成長したなと心から思いました。

 

月組:月城かなと

 

kageki.hankyu.co.jp

 

美しい・美しいいい芝居をする」これが彼女に対する私のイメージだ。

95期一の美しさをもっているれいこさんはまだ自分の色を出し切れていないと思う。

 

そこが良さでもあるんだけれど、れいこさんにしかできない役を作れと言われると結構難しい。れいこさんはなんでもできるし、何色にも染まれるけど、「れいこさんにしか演じられない」という役は果たしてつくれるのだろうかと考えてしまう。

 

トップに必要なものってなんだろうと考えたときに一つ思いつくのは「個性

 

この人にしかできない!

この人にしか演じられない!

こう思わせる何かはとても必要なんじゃないかと私は考えている。

 

そんな考えをれいこさんに抱いている私が先日「ラスパ」を観劇した時に思ったこと。

この子は大器晩成型なのではないかなということ。

 

もしかしたらファンの方が望むよりもかなり時間はかかってしまうかもしれない。

けれど、彼女がトップになったら面白いんだろうなと感じさせる何かがあった。

ダイヤモンドと同じで、まだれいこさんの持っている特別な”何か”は周りの石に包まれている状態なんだけど、ラスパで隙間からキラリと光るものをみせられた。

 

彼女のお芝居って他のジェンヌさんにはない、心に残る何かがあると思うです。

その何かがなんなのか、私にはまだわからないのですが今後もれいこさんに注目しないといけないなと直感的に感じさせられました。

 

雪組:朝美絢

 

kageki.hankyu.co.jp

 

雪組に異動してから驀進しているあーさ。

月組の時よりもより洗練されているように思えるのは私だけだろうか?

歌もお芝居もダンスも、努力家のあーさらしく毎回着実によくなっているのを感じている。

月組時代は頑張っても3・4番手までかな?なんて思っていたけれど、このままだとトップも狙えるんじゃないかと最近思い始めてきた。

 

本当に、恐ろしい追い上げだと思う。

95期の中ではせおっちと共に一番出遅れていたはずなのに、今ではかなりいい位置まで来たんじゃないか?

 

このまま頑張ってほしいのは勿論なんだけど、一点だけ。

正統派あーさに戻ってほしいかな。

 

www.zuccazuccamu.com

 

ちゃらいあーさよりもイケメン正統派あーさのほうが好きなんです笑

 

今後の目が離せない!

二日間にわたって語りまくらせてもらいましたがいかがだったでしょうか?

みなさんからの感想もお待ちしています^^

 

でわ~

 

takarazuka takarazuka