ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

タカラジェンヌを応援する方法(む〜の応援方法)

おはようございます。

む〜です。

 

今日は勝ち取った有給で雪組凱旋門」を観劇してきます^^

雪組さんは「ひかりふる路」以来の観劇なのでかなりお久しぶり状態。

だいきほ率いる雪組で素晴らしい舞台を見れることを期待しています!

 

今日はよく『お問い合わせ』フォームからご相談いただくタカラジェンヌの応援の仕方」について書かせてください!

 

f:id:zuccazuccamu:20180731172726j:image

 

1.ファンクラブ(会)に入る

 

貴方に大好きなタカラジェンヌが出来た時、どうやって応援したらいいか?悩むと思います。悩んだ貴方はインターネットを駆使して色々調べますよね。

 

そんな貴方の目の前に一番初めに現れるのはおそらく「ファンクラブ(会)に入る」という選択肢だと思います。

 

(ファンクラブに入るメリット・デメリットについては以前書いた記事をご参照ください。)

 

www.zuccazuccamu.com

 

会に入会することは間違いなく物理的に最もタカラジェンヌに近くなる方法だと思います。入り出待ちにも参加できるし、今まで以上にタカラジェンヌを身近に感じられるはずです( ´∀`)

 

そして命を削って頑張っているジェンヌさんを金銭的にバックアップすることも可能です。

 

もし、私が書いたメリット・デメリットを読んで「入りたい!」と思った方がいらっしゃればならば、一度ファンクラブに入ってみるのもアリです^^

 

そこでしか経験できないヅカライフを味わえるはずです。

私は短い期間入っていたことがありますが、いい経験になりましたし、一生の思い出を作ることができました♡

 

2.お茶会に参加してみる

 

いきなりファンクラブに入会するのはかなり勇気がいることだと思います。

私も最初は「どんな人がいるのか?」「どんな雰囲気なのか」かなり気になりましたし、正直怖かったです笑

 

なので、もし気になる生徒さんがいて、野口英世が7枚くらいお財布の中で余っているのであれば、是非お茶会に参加してみてください。

 

お茶会は非会員でも参加できることが多いです( ・∇・)

約2時間、劇場よりも小さな空間で同じ空気を吸い、直接お話を聴ける喜びは癖になります笑

 

真近でジェンヌさんの人間離れした美しさを堪能する素敵な時間ですのでオススメです。

 

*お茶会に初めて参加する際の手引き?なるものを今年の初めに作成してました笑

もし良ければ参考になさってください。

 

www.zuccazuccamu.com

 

3.ファンレターを送る

 

古典的だけど、確実にジェンヌさんに自分の思いを届ける方法。

 

それはラインでもなく!

Twitterでもなく!

お手紙ですっっ!!

 

私たちSNS世代だと「この時代にお手紙なんて・・彼氏にも書いたことないよ」って思いますよね笑 故に躊躇しがちなお手紙ですが、ジェンヌさんは結構お手紙を読んでくれています。

 

もし、貴方の中でタカラジェンヌに対して溢れる思いが湧き上がってきたらペンを取り、ちょっと可愛い便箋を購入し、ファンレターを書くのですっ!!

 

*書き方について以前ご質問いただいたので私なりの書き方をまとめてあります。

ご参考になれば幸いです。

www.zuccazuccamu.com

 

4.ご贔屓について語り合う

 

はい。

私の一番のおすすめです笑

 

何度も劇場に足を運べなくても、

ファンクラブとして活動することができなくても、

スカステに入っていなくても、

どんな場所にいてもできること。

 

それはご贔屓について誰かと語ったり一人でワクワクウキウキふわふわドキドキすること!

 

これが直接ジェンヌさんの応援につながるかどうかはわかりません。

でも自分のできる範囲で宝塚を楽しみ、ご贔屓を応援するという意味ではこれが一番私に合っていて、無理のない方法だな〜と常々思います。

 

6.好きな人を応援する方法は沢山ある

 

私は好きな人を応援する方法はたくさんあると思っています。

人によって愛の形は違うし、表現の仕方も違います。

人の数だけ応援の仕方が違うことは当然だと思うし、応援の仕方は誰かが決めていいものではありません

 

誰かに合わせて無理な応援をするのではなく、自分にできる範囲で楽しく応援するのが実は一番幸せなヅカライフを送れる秘訣だと私は思っています、

これがむ〜的応援方法です。

 

いかがだったでしょうか?

私はこんなゆる〜いヅカヲタですが笑

 

これからもこんな私をよろしくお願い致します( ^∀^)

 

それではいざ日比谷へ!!!

 

takarazuka takarazuka