ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

聖乃あすか君に“美しき役者”で終わって欲しくない!(花組新人公演の感想)

 

f:id:zuccazuccamu:20180920100502j:plain

おはようございます。

む〜です。

 

昨日は花組・新人公演を見てきました^^

初めて新人公演なるものを見たんですけど、客席の温かさに感動してしまいました。

新人公演ができるのも宝塚ならではだなぁと改めて感じました。

 

さて、今回主演を演じたのは期待の新人・聖乃あすか君です!

今回で2度目の新人公演主演となる彼女。

 

荒々しくも優しさが魅力の天草四郎をどのように演じてくれたか。

早速レポしたいと思います!

 

 

天性の華やかさと凛々しさを武器に

 

初めて新人公演を見たけれど、レベルの高さに圧倒されました。

 

新人公演の演出は竹田先生。初めて聴くお名前のような気がするのは気のせいかな?

本公演の内容を圧縮せず、本公演をそのまま忠実に再現することを選んでいました。

 

なので、本公演との芝居の違いもしっかり出ていて勉強になりました。

 

*長くなりそうなので主演以外の各生徒に関する感想は明日まとめて書きます!

 

で。肝心のほのかちゃん四郎。

 

ほのかちゃんは本公演と同様、銀橋でスポットライトを浴びながら登場されるのですが、既にスターの貫禄でした。

 

天性の華やかさと凛々しさ。

そして圧倒的なスターオーラ。

独り立ちがよく似合う。

 

登場と同時に一気に会場を支配するようなその気迫には驚いてしまいました。

 

実は、ショーや本公演などで見たほのかちゃんは、まだまだ”女の子”らしさが抜けきっていないというか、男役臭さを感じない部分があって、、。

 

美しいとは思っていたけれど、舞台人としての魅力をあまりを感じたことがなかったんです。

 

しかし、今回。

 

天草四郎という豪快な男を演じることによって新しい聖乃あすか君を見ることができたような気がします。

 

そして多分、、だけど彼女は根っからの役者なんでしょうね。

 

男役というよりは役者

 

お芝居をしている時の彼女は一際が輝いているように見えます。

お芝居が好きなんでしょうね^^

それが客席まで伝わってきます。

 

 

歌と滑舌が課題かな?

 

いざ、聖乃あすかというタカラジェンヌを一人の”役者”として客観的に見てみると、歌と滑舌に課題を感じました。

 

お芝居は情感豊かで、本役であるみりおくんの動作・表情を研究しつつも随所に”聖乃あすか色”を混ぜてくるあたりに彼女なりの拘りを感じました。

 

殺陣の場面でも恵まれた体躯を活かしたダイナミックな立ち回りは圧巻でした。

 

しかし、どうしても感情が高ぶってくるとお歌と台詞がコケてしまいそうになりますね。

 

新人公演にそこまで求めてはいけないのかもしれないけれど、台詞が聞き取りづらいのは役者として致命傷になることもあるので研究が必要かと。

 

お歌に関してはまだまだ伸びしろがある!と逆にこれからが楽しみになりました。

 

せっかくいい声を持っているので、ぜひ歌も上手くなってほしいなぁ。

 

彼女はまだ100期生ですし、お歌はこれから時間をかけて勉強していって欲しいなぁと思います。

 

まとめると、

 

ほのかちゃん、全体的に”頑張っている”感が出て好感でした^^

 

岩にぶつかる荒波のような勢い

私は好きです。

 

逆にひっとんがいい意味で舞台慣れしすぎていたのが怖かったです笑

 

いや、、全然いいんですよ!?

 

ひっとんは今回の新人公演でも遜色ない(明日書くけど、声だけ小さかった)出来だったし、もはやなんの心配もしてないんですけど、新人公演ヒロインが初めてとは思えない謎の貫禄が出ていて笑

 

あの子すごいなぁ。。(放心)

 

 

”美しき役者”だけで終わらないためには

 

役者としての聖乃あすか君は魅力満点です。

彼女のお芝居には引き込まれるものがあるし、これから「この役は彼女にしか演じられない!」と言われる役も出てくるんじゃないかと思えるほど魅力的な役者だと思います。

 

これが今回の新人公演で感じたことです。

 

でも、男役としての聖乃あすかに対してまだ魅力を感じられません。

 

先日観劇した「美庭」にて間近でほのかちゃんを見たときも、「綺麗だな〜」という気持ちだけが湧いてきて、静かに終わっていきました。

 

役者としてだけであれば、外の舞台でもやっていけるほどの求心力・芝居力が彼女にはあります。

 

でも、彼女のいる世界は宝塚。

しかも彼女は男役。

 

折角、宝塚で男役としての人生を選んだのであれば、もっと”聖乃あすかの男役像”を強く打ち出していってもいいのではないかな〜と思いました。

 

特に花組は”男役の個性が強い”と舞台を見ていて感じるので、今後花組でさらに活躍するためにも彼女は自分の男役としての個性をお客様にショーなどで見せていく必要があるのではないでしょうか?

 

このままでは終わってはいけない!

綺麗なだけの”男役・聖乃あすか”で終わって欲しくない!という思いでんなことを書いてしまいました笑

 

皆様からのコメントもお待ちしております^^

でわ〜