ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

花組 柚香光の「静」なる吸引力(メサイア/美庭 感想)

f:id:zuccazuccamu:20180917203810j:plain

おはようございます。

む〜です。

 

今日は花組の正二番手、柚香光くんについて語ります。

彼女についてはこれまで散々語ってきたので、私がどれだけ彼女に注目しているか期待を寄せているかは過去の記事(今年書いた記事のみリンクを貼りますね)をお読みください。

 

辛口な意見も書いていますが、興味のない生徒さんだったらこんなこと書きません。

というか何も書きません笑

 

www.zuccazuccamu.com

www.zuccazuccamu.com

 

www.zuccazuccamu.com

 

www.zuccazuccamu.com

 

そんな私、む〜が毎度注目しているカレーくんについて書かせてください。

 

 

”動”から”静”に。良いもの見れました。

 

カレーくんのお芝居で今まで気になっていたことがあります。

 

それは”動きすぎる”こと。

 

どんなお芝居をしても、瞬きが多かったり、手足が動きすぎてしまうので”忙しない”とか”神経質な”という印象が演じる役全てに付着してしまっているように感じていた。

 

本来のカレーくんはスカステや入り待ちを見ている限りどちらかというとおっとりしているタイプのように思えるんだけど、なぜかお芝居になるとちょこまかと動いてしまうのが目についていた。それが本人の不安からなのか、役柄上なのかがわからなくて少し心配でした。

 

トップになるとどっしりとした動かない役(受動的な役)が多くなるので二番手である今のうちにその技を身につけておいたほうがいいんじゃないのかなといらぬ心配をしていたのです。

 

そして今回のリノ(山田右衛門作)ですが、

 

よかったです。

 

リノにはリノの信念、信じるところはあるんだろうけどそれをうちに秘めてじっと堪える。”抑え”の芝居が光ってるなぁと思いました。

 

特にそれを感じたのが四郎が民衆に「メサイア!」と讃えられているシーン。

彼だけは何故かその賛同の和に加わらず、静かな炎を目に宿してその場を去ります。

 

このシーンのカレーくんをみて思わず親指を立てたくなりました笑

 

花組内で抑えの芝居(情炎の篭ったお芝居)が頭一つ抜きん出ているのは鳳月杏さん・明日海りおさんだと思うのですが、彼女たちのような”静”の吸引力をカレーくんが着々とものにしているのを感じて将来が楽しみになった瞬間でした。

 

リノは直接、誰かに影響を与えるような役ではないので、周りとの関わり方や心情の出し方が難しい役だったんじゃないかなと思います。

 

正直、カレーくんの役もユキちゃんの役同様に存在しなくても物語が進む役なんです。

 

下手したら「え(☍д⁰)この人なんのために絵描いてるの・・?そんなに重要な役かな?」となりそうな役でしたから。

 

千秋楽に向けて、カレーくんなりの”リノの存在する意味”を観客に提示するように演じてくれたら嬉しいです。

 

そして、歌。

私がみた日は最初のみ「おっ・・(汗)おおおおOK」(察してください)って感じでしたがそのあとの歌は音程を外すことなく歌えていたと感じています。

 

ショーの方が歌唱場面があったかと思うので歌については次章で書きますね。

 

ブラックホール並みの吸引力

 

ショーの話に移ります!

 

柚香光くんは間違いなく”稀代のショースター”です。

初めてみた時から「なんだこの子は!」と思わせうような圧倒的なスターオーラを身にまとっています。

 

みりおくんをお芝居担当だと思うとカレーくんはショー担当って感じですかね。

そういう意味ではこの二人って凄くバランスのとれた一番手・二番手だな〜。

 

幕開け早々になんとも妖しい雰囲気をまとって出てくるカレーくん。

 

もちろん、周りにはスターが沢山います。

でもね。彼女はブラックホールだから笑 

周りの光もすべて飲み込んでしまうような吸引力を持っているんですね〜ホント恐ろしい笑

 

なんだか「柚香光しか見てはいけない!」ような空気を発せられて笑

 

私も「ハイッ!」って感じでガン見しちゃいます。

 

彼女の好き嫌い問わず、観客にこう思わせるのは天性だとしか言いようがありません。

柚香光の吸引力には皆様もご注意を!笑

 

ダンスは相変わらず上手・・というか独特

彼女にしかないリズムを刻んでいてみんなとは違うタイミングでターンしたりすることもあるけど、最後には何故か他の人とのタイミングもぴったり合う!不思議・・。

 

彼女のダンスは群舞には向かないかもしれませんが、見ていて純粋に「楽しい」と思わせてくれる魅力があると思うんですよね。同時に「ずっと見ていたい!」と思わせる麻薬的要素もあります。

 

もしカレーくんがトップになるならダンス得意な娘役さんがいいなぁ

とひっとんとの組み合わせを見ていて改めて思いました・・。

 

最後に歌。

確実に上手くはなっていると思います。

歌唱方法もカメロマあたりから徐々に良くなってきているし、改善は見られます。

ただまだ「聞きたい」と思うレベルには達していない

というのが私の見解です。

 

彼女の声の特性上、どうしても”こもりがち”になってしまって歌詞が聞き取れないんです。今回のショーでも観客が手拍子はしているけれど何を言っているのか殆ど聞き取れない場面がありました。

 

トップには多くのことが求められます。

音を外さない努力の次は是非!「歌詞を伝える」ことにも気をつけてみて欲しいです。

 

この二つを両立するのはとっても難しいことだし、もともと歌が得意ではないカレーくんにとってはきついかもしれません。

 

そして私がこんなことをいう立場ではないことも重々承知です。

 

でも、折角チームのリーダーとして全国を回るのであれば少しでも観客の人に「花組の柚香光くんって素敵ね!」と思えるようなお歌をお届けできたほうがいいと思うんです(ショーは歌の多いエキサイターだし)。

 

頑張ってねカレーくん。

余談だけど、組本のカレー君かっこよすぎて一回死んだよ←

 

明日は仙名彩世さん!

 

明日は花組の女神こと「仙名彩世」さんについて語ります。

お楽しみになさってください。

 

では〜!