ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

宝塚歌劇を好きになってから変わったこと

f:id:zuccazuccamu:20181112194234p:image

 

おはようございます。

む~です。

 

宝塚を好きになってから変わったことってなんだろうと最近考えるのですが、皆さんはどんなことがありましたか?

 

宝塚を好きになる前の私

 

宝塚を好きになった後の私

 

 何が変わったのか、ちょっと考えてみました。

もう宝塚にハマってから8年も経ってしまっているので「何が変わったのか?」わからないところもはありますけど笑

 

もし今宝塚に興味のある方の中で

 

「宝塚を好きになるとどんなライフスタイルになるんだろう?」と疑問に思っている方がいればその一例としてご紹介できればと思います。

 

 

観劇スケジュールが娯楽スケジュールの中心になった

 

いくつも趣味はあるけれど、宝塚だけは半年前から予定が決まるのでほぼほぼ宝塚の観劇スケジュール中心の生活になりました。

 

プライベートのライフスタイルががっつり変わったというよりも、趣味のスケジュールの中心に宝塚があるという感覚のほうが近い。

 

観劇回数はそんなに多くない(多くても月に5回)なので、今まで家でゴロゴロしたりショッピングに行っていた時間が”観劇”に変わっただけなのでそこまで”忙しい!”という感じもありません。

 

より充実した休日を過ごせるようになった気がします。

あ!でも平日観劇しに行くこともあるので、宝塚を好きになると平日に有給をとれるような職種につきたくなりました笑

 

宝塚以外の無駄遣いが減った

 

よく宝塚をご存じない方に言われるのが

 

「宝塚ってお金かかるでしょう?」 という言葉。

 

実際にお金がかかるかと言われれば、お金が必要な趣味であることに間違いありません。

 

でもそのおかげで「無駄遣い」が減ったのも事実です。

 

宝塚を好きになるまでは絶対的な「お金を使う場所」がなかったため、欲しければ買ったり気になれば買ったりと、とにかく物が多かったです。

 

そしてその物の数だけ暇つぶしとしてお金を使っていたように思います。

 

宝塚を好きになってからは「お金をかける正念場」が決まったので貯金もするようになりましたし、余計なお金を使わないようになりました。

 

好きになる前のように「とりあえず買ってみようかな~」というような気持ちで購入するには至らず、「本当にこれは欲しいものなのか?S席に匹敵するお金を出してでも買うべきものなのか?」自然と考えられるようになりました。

 

(お金を)出すときは出すけど必要のないときは使わない。

 

そんな価値観になれたのかもしれません。

 

洋服・体型に対する意識が変わった

 

これは先日コメントいただいて気づいたのですが、好みの洋服が変わりました!

私は今まで自分に自信もなく、可愛い服なんて着たくないし体のラインが出るような洋服なんて問題外だと思っていました。 

 

宝塚を観るようになってから、同じ地球という惑星の、日本という国のなかで、こんな美しい人たちが生きていることを知りました。

 

これは私にとって結構衝撃的で笑

 

自然と購入する洋服のブランドも変わりましたし、自分の体型・姿勢への美意識もグッとあがりました。

 

これは女性にとってはうれしい変化ですよね笑

 

人間って変わりたい!と思ってもなかなか変わらないものですから。

宝塚という美のスパイスを得て変われたのは、自分の人生にとってプラスでした。

 

プラス思考になる

 

私は宝塚と出会うまで、「ど」がつくほどのマイナス思考でした。

 

暗い話で恐縮ですが、私が落ち込むと周りの友達に「ネガドン(ネガティブのどん底)発生中」と言われ、さらに自分を追い詰めるようなタイプのネガティブ女子でした。

 

そんな私が宝塚と出会って何故プラス思考になれたのか。

 

答えはタカラジェンヌの前向きな姿です。

 

過酷な環境に身を置きながらもお客様に夢を見せようと日々頑張っているタカラジェンヌたちをみていると「こんなちっぽけな悩みで悩んでちゃいけない!前向きに頑張らないと!」と思わせてもらえるのです。

 

私は彼女たちのひたむきな姿勢、何事も受け止めてプラス思考に変えようとする力に感化されプラス思考になれました。

 

鑑賞する音楽ジャンルの幅が広くなった

宝塚を鑑賞するまでは親に強制されてクラシックやジャズを聴いていましたが今では率先して自分からジャンルを広げるようになりました。

 

その理由はいくつかあるのですが、その一つに「宝塚を好きになったから」という理由も含まれています。

 

宝塚を好きになってから様々な音楽ジャンルに出逢うようになりました。

 

クラシック

ラテン

ポップ

ジャズ

ボサノバ

 

などなど。

宝塚のショーでは音楽ジャンル問わずに様々な曲が使用されるため、観劇中に「この曲好きかも!」とおもったらできるだけ覚えておいて家に帰って調べてみたりしています。

 

宝塚という趣味を通して新しい趣味に出逢う。

これも宝塚を好きになって変わったこと(出会えたもの)としてあげられます。

 

かっこいい、可愛い<<美しい、綺麗

 

宝塚を好きになる前まではとにかく

 

「可愛い・かっこいい」と思うもの(もしくは人)にしか憧れを抱けませんでした。

 

宝塚を観てからはその考えにプラスアルファで「美しい・綺麗」という価値観がプラスされました。

 

そのうちに可愛いもの、かっこいいものよりも美しいもの・綺麗なものに価値を見出すようになっていきました。

 

 

 今まで可愛いorかっこいいしかジャンル分けできなかったものの中に美しい・綺麗というジャンルが入ることにより私の感性がさらに広がったように感じます。

 

 

趣味があるっていいね!

 

なんでもそうですけど、趣味があると自分の新たな一面を見つけられたり変わっていく部分を見つけられたりしますよね。

 

お金はかかるけど、私は今宝塚を好きになったことに対して後悔は一切ありません。

これからもこの趣味を通して自分自身をどんどん変えていきたいとおもいます!

 

では!

 

この他のヅカヲタあるある

 

 

www.zuccazuccamu.com

www.zuccazuccamu.com