ZuccaZucca

独断と偏見で宝塚を愛す

【シアター・ドラマシティ公演/日本青年館ホール公演】<2019年5月・星組『鎌足−夢のまほろば、大和し美し−』>決定!

 

さゆあーコンビは日本物ですね^^

生田先生が演出・脚本を手がけるそうです。

最近生田先生の名前をよく見るような。。笑

 

■主演・・・紅 ゆずる、綺咲 愛里

◆シアター・ドラマシティ:2019年5月5日(日)~5月13日(月)

一般前売:2019年3月17日(日) 座席料金:全席8,800円

◆日本青年館ホール:2019年5月19日(日)~5月25日(土)

一般前売:2019年4月20日(土) 座席料金:S席8,800円 A席6,000円

 

楽劇(ミュージカル) 『鎌足−夢のまほろば、大和し美(うるわ)し−』

作・演出/生田 大和

 

飛鳥時代。秀でた才を示し、やがては大和朝廷を背負って立つと将来を嘱望された二人の若者がいた。 一人は有力豪族、蘇我蝦夷の息子であり、後に蘇我氏の権勢を更に増大させ、朝廷内における最高権力者の地位にまで上り詰める事となる蘇我入鹿。そして入鹿の専横許すまじと中大兄皇子を擁立し、乙巳の変にて入鹿を討ちとる事となる中臣鎌足であった・・・ そのような未来など知る由もなく、若き入鹿と鎌足は互いの才を認め合い、兄弟にも似た友情を育んでいた。青春の日々の中で鎌足は、時に兄を諌めるほどに利発な入鹿の妹に淡い恋心を抱くようになる。入鹿もまた二人の恋の成就を願うが、彼女の突然の死は二人の関係と各々の志に暗い影を落とすこととなる。 歳月は流れ、蘇我氏の長となり朝廷内における権力を増していった入鹿の、その横暴な振る舞いはもはや看過できないものとなっていた。一方、蘇我氏打倒を目論む一派から協力を求められる鎌足。その頃、かつて恋心を抱いた少女と瓜二つの娘と出会った鎌足は、瞬く間に彼女に惹かれていくのだが・・・ 大化の改新を成し遂げた稀代の才人、中臣鎌足の波瀾に富んだ半生を描く楽劇(ミュージカル)。  

 

引用:2019年 公演ラインアップ【シアター・ドラマシティ公演/日本青年館ホール公演】<2019年5月・星組『鎌足−夢のまほろば、大和し美し−』> | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

 演目的にプレサヨナラ公演ではなさそうですね。

 

それにしても、、なんでトップ公演がDC&青年館なんでしょう??