月組

月組『I AM FROM AUSTRIA』感想④〜鳳月杏・海乃美月・暁千星・風間柚乃〜 

むーです。

これから池袋のブリリアホールに向かいます!

初めて訪れる劇場なので後日ブリリアホールの内装や観劇ポイントなどをレポできればと思います。

 

なんか昨日からブリリアホール の悪い話しか聞いてないので舞台が見えるか本当不安・・笑

 

ということで。

 

私にオーストリアについて考えるきっかけをくれた『IAFA』の感想は今日で一旦終わりにします。

 

今日ロクモを見たらきっとしばらくはロクモ一色になってしまうと思うので笑

うみちゃん、ちなつさん、ありちゃん、おだちんへの感想をここにまとめます。

 

スポンサーリンク

海乃美月さん(ロミー・エドラー)

海ちゃん、すっごく目立っていて良かったです。

海ちゃんの低い声が好きな私としては今回のロミーの声、好みでした💕

 

グランドホテルの新人公演でグルーシンスカヤを演じた時と同じくらいの年齢を意識しているのかな??

 

声がそっくりだと感じました。

 

そして同じ母という立場からロミーにはいろいろ共感することがありました。

 

もうエドガー夫妻の会話一つ一つが胸に刺さる!笑

 

わたしはロミーのような四つ星ホテルを経営者としての責任なんて何もないのですが、我らがフランツ・ヨーゼフに対する気持ちは同じだし、子供の未来を案じる母としての気持ちはよく理解できました

 

だからこそロミーが始終ピリピリしてヴォルフガングにキツく当たってしまう流れに親近感を感じて辛かった、、笑

 

『あれ?この流れ、どっかで見たような、、』

なんて劇中何度か感じました笑

 

そして海ちゃんのソロ曲(曲名分かりませんが、、)がすごい好きでした。

 

普段のロミーとは打って変わって華やかな姿。

このギャップに最初は驚かされますが、心配事が何もない時の本来のロミーなんでしょうね。

 

わかるわ〜と思いながら見てました笑

 

世のお母さんたちはイライラしたくてしてるわけじゃないもんね、、。

ロミーの気持ち、痛いほどわかる〜笑

というとで一番共感したキャラはロミーでした。

 

スポンサーリンク

鳳月杏(ヴォルフガング・エドラー)

月に帰ってきたちなつさん。

 

まぁ相変わらず芸達者な方ですね。

歌よし、芝居よし、ダンスよし!

 

見ていて飽きることのない舞台人だと今回改めて感じました。

 

ちなつさんのヴォルフガングはとってもイケてるおじさま

一見ロミーの尻に敷かれているように見えるけれど、実はヴォルフガングこそガミガミ怒りまくるロミーを優しく包み込んでいるこの関係が素敵でした。

 

ロミーの前ではいつも『ロミーには追従する夫』を演じて妻をなだめているけれど、ロミーがいないところではしっかり『自分の意見を持っている男』として行動しているヴォルフガング。

 

見ようによっちゃ情けないパパだったけどこーゆーお父さんよくいるよね笑

 

最後の最後でロミーに自分の意見、自分の考えをぶつけていて良かったです。

こんなヴォルフガングが少し小洒落て、茶目っ気あるようパパに見えたのはちなつさんの力意外の何者でもない

 

盤石の実力でヴォルフガングというキャラを確立し、みんなから愛されるカッコ可愛いキャラへと昇華させてくれました。

 

ちなつさんが月組に異動すると聞いた時はショックだったし、異動する意味ある!?と思ってましたが今となっては異動しなくてはならなかった理由も少しだけわかるかも。

月組にちなつさんは必要な人材だと今回の舞台をみればわかるはず!

 

ま、花組にも必要なんだけどね、、笑

 

暁千星(パブロ・ガルシア)

 

ありちゃんのパブロ、存在が楽しかった〜!!

 

公演デザートにもなっちゃうくらいインパクト大のありちゃんのマッチョ!マッチョ!

 

ありちゃんが出ていないシーンでは『早くパブロ出てこないかなあ』とパブロに想いを馳せ、パブロが出てくると『待ってました!!』とばかりにウキウキした気持ちが胸に浮かぶ。

 

全体的に明るいミュージカル作品だけどパブロが出てくると一段と明るくなりますね。

 

ラテン系の明るさというんでしょうか?

ありちゃんに今までラテン系の楽しさを感じたことはありませんでしたが、こーゆーのも似合うんだなと新たな発見になりました。

 

歌唱力も安定してきて安心して聞けました。

ありちゃんのは低い声、わたし結構好きなんですよね。

 

そして個人的には抜群のプロポーションに魅せられちゃいました。

小さすぎる頭、長すぎる手足。。

立ち姿がとても素敵でした。

スポンサーリンク

風間柚乃(フェリックス・モーザー)

おだちんがこんなに出てくるととは思っていなかったのでちょっとびっくり!

以前から抜擢されてはいたけど今回はメインキャストとして活躍されていました。

 

IAFAはメインキャラクターが少ないので名前付きのお役を貰えても台詞がある役はほんのわずか。

その中でも風間くん演じるフェリックスは主役ジョージの友人役ということでかなり登場回数の多い人物でした。

 

こんなところからもおだちんがどれだけ注目されているかを実感しました。

で、肝心のお芝居ですが前から言ってるけどおだちんに関してはそんなことを心配する方が失礼ですよね〜。。

 

クセもなく。

うまい。

ひたすらうまい。

 

そしてお顔が整ってる

今回はお歌を歌う場面はほとんどなかった?ので次回風間くんの歌を聞けることをたのしみにしています!

 

ロクモ行ってくる〜!

そんじゃ!

とりあえずロクモ行ってきまーす!

励みになりますので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-月組
-, , ,

Copyright© ZuccaZucca , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.