月組

鳳月杏のかぐや姫物語〜開花させた才能〜

おはようございます。

むーです。

やっと『出島小宇宙戦争』見ました。

 

ほんとやっとなんだけど笑

久しぶりに(画面上だけど)ちなつさんにお会いできて嬉しかった。

何度見ても内容は『?(´ω`)』だけど、真ん中に立つちなつさんや月組生の個性あふれるキャラクター作りには魅了される作品ですよね。

 

それにしても。

 

ちなつさん、いつの間にこんなセンターが似合う男役なったのだろう?

 

今日はちなつさんのかぐや姫物語(月→花→月)について語ろうと思います。

 

スポンサーリンク

組替えで分かる劇団の評価

昨日も書きましたが、組替えは長期的計画のもと行われている事がほとんどだと思うんですよね(というかそう思いたい笑)

なので

 

組替え=そのジェンヌさんに何かを期待している

 

と私たちは考えてもいいのかもしれません。

 

この考えをもとに改めてちなつさんの組替えについて考えると、彼女がどれだけ劇団に期待されている人材かがよくわかります。

ちなつさんが花組から月組に帰ると聞いた時は

 

「ちなつさんはかぐや姫じゃないんだぞ!?」とか

「花組にはちなつさん必要だろうよ・・」とか

 

ぶつぶつ言っていたのですが、休演期間中に頭を冷やしてあの時の人事について想いを馳せると

 

「月→花→月なんてちなつさんが重宝されている証じゃん」

 

となってきました。

 

宝塚のスケジュールはいつだって密。

 

そんな中、結構な強行スケジュールで無理やりちなつさんを月組に戻しているあたりに彼女がどれだけ期待されているかが見て取れます。

 

都合よく使われている」と言ってしまえばそれまでだけど、裏を返せばそれは「都合よく使える(柔軟に対応できる・技術がある)」と言えますからね。

 

ちなつさんは私が思っている以上に劇団に評価されているのではないかなと最近思いました。

 

スポンサーリンク

花組で開花させた"華やかさ"

ちなつさんの組替えについてだいぶ長く語ってしまいましたが、今日はちなつさんが花組で身につけた才能について書きたかったんですよ!私は笑

 

出島小宇宙戦争を観劇した時も思ったけど、ちなつさんは花組で大きく変わりましたよね

”変わった”と言うか”磨かれた”と言う言葉の方が正しいかも。

 

 

もし月組時代のちなつさんが同じようにバウホールで主演を任されていたら、

果たしてこれだけの輝きを出せるのか?

これだけの観客を自分に惹きつけられるのか?

 

 

申し訳ないけど私は無理だったと思います。

 

あの時のちなつさんにはダイナマイト並の刺激が必要で。

自分の殻からなかなか出れずにいるちなつさんを外側から強引に引っ張り出す何かが必要だったと確信しています。

 

花組への組替えはちなつさんにとって「最も必要だったもの(観客を惹きつける華)」を獲得するための修行だったのだと今なら断言できます。

 

もともと男役として良いものを持っていたけど、その良さは気づける人にしかわからないものでした。

ちなつさんの過去の作品を見ていてよく思うのは「もったいない」と言う気持ち

 

これだけ芝居ができて、これだけ歌えるのに作品を見終わった後なぜか記憶に残らない。

 

良いものを持っているのに、それを人の脳裏に刻む刃がない。

 

それがもどかしかった時期がありました。

 

しかし、それは花組に組替えし、瞬く間に習得。

今やギラギラとした魅力にあふれ、花組特有の「俺を見ろ!」オーラをバンバン出してファンを困らせるジェンヌになってしまいました笑

 

だから今の鳳月杏は最強なのです。

 

鳳月杏は無敵になった

 

瀬奈じゅんさんも以前おっしゃっていたけれど、今のちなつさんは無敵。

 

持ち前の静けさ・包容力・渋さに加え、花組で華やかさと実力を確実に養ってきたから。

 

トップになるかならないかは私にはわからないけれど、私にも一つだけわかっていることがある。

 

これからも鳳月杏の舞台は全部みたい。

 

この気持ちだけは確かなので、早く公演再開してくれ〜(結局はそこ)

 

それではまた明日お会いしましょう〜^^

励みになりますので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-月組
-

© 2020 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5