月組

美園さくら、確かな成長〜「夢現無双」「クルンテープ」感想〜

 

おはようございます。

む〜です。

先日、ずっと行ってみたかった「うかい亭」に行ってみました。

2ヶ月前に予約したときは「そんな美味しいのかな〜」とナメくさったこと言ってましたがだいぶ美味しかった笑

しばらく行けなくなりそうなのでこの機会に行っておいてよかったです^^

さて、今日は「夢現無双」でお通を演じていた美園さくらちゃんについてレポしようと思います。

今回のさくらちゃん、個人的には今まで一番よかったんじゃないかなと思います!

スポンサーリンク

癖の取れた演技

以前からさくらちゃんについて、このブログで何度か言及してきました。

その度に「もう少しあのぶりっ子みたいな演技を直して欲しい・・」と書いてきました。

今までの彼女の演技は私にとって鼻につく演技だったんです。

そのままお芝居しても十分可愛いのにプラスαで人工的な可愛さを乗せてくるようなあのぶりった演技がずっと苦手だと感じていたのです。砂糖菓子に更に砂糖をふりかけるって表現の方がわかりやすいかもしれない。でも本当にそんな感じ。

そんな印象を彼女に持っていたので今回の「夢幻無双」もあまり期待しないで観に行ったのです。トップ娘役に就任してからの彼女の演技はそれまで一度も見たことなかったので、まさかこれほど変わっているとは思わなかったんですよね〜。

いや〜本当にびっくりした!

変わりましたね!

今回は和物ということもあり、いつも以上に引き算の演技が求められていたと思いますが、いいトップ娘役になられたなと思いました。

あとで書くけれど、彼女は和物とかアジアンビューティーみたいな役が結構似合いますね。

ビジュアルも無理なくて素敵だったし、何よりも彼女の演技が落ち着いていてそれがお通の肝の据わり具合に繋がっていて統一感がありました。

「お通」という役がいっつも武蔵を追いかけるような役だったので観劇中はちょっと物足りなさを感じたりもしましたが、今回の作品で私が見てみたかった美園さくらの新たな一面を確認できたので、これはこれでよかったかもしれません!

 

次回の大劇場作品では女優役をされるはずですので、そちらではどんな演技をしてくれるのか楽しみにしています。

美園さくら目指すべき”お化粧”とは?

ショーではアジアンビューティーな一面を披露してくれたさくらちゃん。

さくらちゃんの洋風(?)なメイクが苦手な私としては今回のさくらちゃんがとっても素敵に見えました。

ちょっと老けて見えちゃうのが難点だけど、アジアンビューティーが似合う娘役って今まであまりみて来なかったのでこれも意外な発見でした。

彼女はよく「老け顔」とか「可愛くない」とか言われちゃうけど、彼女の顔のパーツ一つ一つをみていくと結構整っている部分が多いんですよね。みんながどう思っているかはわからないけど私は「可愛らしい」と感じるパーツが多いです。

ただそれが宝塚メイクした時に骨格と合わないことが多い気がする・・。なんかゴツく見えちゃう時があるんですよね〜。髪型は前髪ありの方が断然可愛い。

お化粧についてはまだまだ研究の余地があると思うので頑張って欲しいところです。

スポンサーリンク

細すぎる身体から伸びやかなダンス

さくさく、死ぬほど痩せましたね。

文字通り「死ぬんじゃないか?」ってくらい細い。

内臓はどこに収まっているんですか?ってくらい細くなってしまってちょっと心配・・。

もともとスタイル良い娘役さんだっただけに、細くなってさらにそのスタイルが際立っているけど流石に痩せすぎ。

あの細さで立っているのが不思議です。ちゃんと食べた方がいいよ涙

 

そんな針金のような彼女の身体から繰り出されるダンスはダイナミックでとっても伸びやか。

特に男役さんを引き連れてセンターで踊る「セ・マニフィーク」場面はとってもキュートだったし前トップ娘役・愛希れいかさんの伸びやかなダンスを思い出しました。

チャピの後釜って本当に大変だと思うけど、得意の歌とダンスを活かして彼女らしく頑張って欲しい!頑張れよ〜!と彼女にエールを送った場面でした。

スポンサーリンク

「可能性」を「確信」に変えて

美園さくらちゃん、この短期間でこれだけ成長されていることに驚きました。

今まで彼女に対して「可能性」として感じていたものが、今回の舞台で「確信」に変わったものがいくつかありました。

次回公演での活躍も楽しみにしたいと思います。

でわ〜。