お知らせ

オール95期時代とブランドとしての95期



おはようございます。
むーです。

 

せおっちの東上で一気に『オール95期時代』が現実味を帯びてきたような気がするのは私だけでしょうか!?

 

ヅカ友でもある母とも

 

「時代の変化を感じるね〜。」

 

なんて話しているこの頃。

 

改めて95期ブランドの強さ劇団の95期愛を感じるのでした。

 

トップ&2番手はほぼ95期

ここまで何度も95期の勢いが凄い件については取り上げてきましたが、実際に表にして横並びにすると圧巻なので是非見てほしい笑

 

みよ!
この表を!笑

 

花組

月組

雪組

星組

宙組

トップスター

柚香光(95期)

月城かなと(95期)

彩風咲奈(93期)

礼真琴(95期)

真風涼帆(92期)

2番手

水美舞斗(95期)

鳳月杏(92期)

朝美絢(95期)

愛月ひかる(93期)瀬央ゆりあ(95期)?

芹香斗亜(93期)

星組の愛月ひかるさんが既に退団を発表されている&現3番手である瀬央ゆりあくんが東上決定していることを含めて表を作成してみました。

 

せおっちの2番手昇格はまだ確定事項ではありませんが、東上する時点でほぼ確定なのかな?と考えてます。

 

こうやって各組のトップと2番手を視覚化してみると改めて95期の勢いを感じますよね。

 

計10名のうち、せおっち含めると6名が95期で構成されています。

数値にしてぴったり60%

 

視覚化しても数値化しても95期の勢いを感じるのですが、皆さんはいかがでしょうか?

 

花組と星組はツートップが95期になる?

花組は既に水美舞斗さんが2番手確定(次回大劇場ポスターの小窓に映っていらっしゃったのでほぼ確定)で、星組はせおっちの東上後におそらく星組2番手に昇格。

 

そうすると花組と星組は組の男役ツートップが95期になるわけです。

 

これって結構凄いことだと思いませんか?

 

5組のうち1組がその状態でも特別感は感じませんが、さすがに2組のツートップを同期で揃えてくるとなると目立ちますね。

 

個人的にはトップと2番手を同期で揃えること自体にはあまり問題は感じていませんが、内輪でワイワイ!状態にならないかはちょっと心配ですね。

 

無いとは思うけど、同期ではない3番手は蚊帳の外〜状態にはならないで欲しいなぁ。

ブランド「95期」への愛

95期はビジュアルが整っていて実力をつけている方も多いので個人個人にファンが多い印象があります。

 

でも、1番の95期ファンは宝塚歌劇団運営ですよね。

 

この95期一強体制は側から見ていても強烈な愛を感じますもん笑

 

やっぱりブランドとして価値があるのかな?
95期は。

 

全体的に非常に良く出来た期で、学年丸ごとブランドとして売り出しやすい

 

牛肉で言うと『但馬牛 』『飛騨牛』的な。

 

このブランド(種)は間違いない!という感じなのかなぁと最近感じています。

 

95期意外にも魅力的な期はあるけれど、劇団が安心してアピールできる生徒たち。

 

それが95期ブランドなのかもしれません。

 

あとは宙組の桜木みなとのみ。

現在宙組以外は95期が2番手まで上がってきている状態。

意外にも95期でも早くから出世頭だった桜木みなとくんがまだ2番手まで来ていないのがちょっと不思議。

こっちゃんや光くんと同じ時期から推されてたから誰よりも早く出世すると思ってたんだよね。

焦らずにずんちゃんはずんちゃんのペースで進んで欲しい。。

ではー!

↓励みになりますので、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク

-お知らせ

© 2021 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5