雪組

二度と帰らぬ新人公演(諏訪さきの初新公主演に思いを寄せて)

おはようございます。

む〜です。

 

気づけばもう3月。

すわっちの最初で最後の新人公演主演は3月5日(木)のはずですが、コロナウィルス感染予防のためおそらく中止になるでしょう。

 

なんだかやるせないなぁと思ったので今日はその思いをブログに書きます。

 

野田秀樹さんの意見書を読んで

実はこう考え始めたのにはあるきっかけがありまして。

劇作家でもあり俳優でもある野田秀樹さんの意見書をニュースでお見かけしたがきっかけです。

 

参考までに私が読んだニュースのURLを貼っておきますね。

「劇場閉鎖は『演劇の死』」野田秀樹さん、新型コロナで公演中止相次ぐ現状に一石

 

野田さんのご意見は意見書の冒頭に書いてあるように「上演が予定されている公演はコロナ対策を十分にした上で、観客の理解を得て上演するべき」とのことでした。

 

また、ニュースの見出しで使われているように『演劇の中止は再開が困難になるおそれがあり、それは『演劇の死』を意味しかねません』ともおっしゃられています。

 

日常的に演劇に触れる機会がない限り、

 

『野田さんは言い過ぎなんじゃないか?』

『意見書自体わがままに聞こえる』

 

というような意見を持つかもしれませんが、私は全部が全部そうは思わなくて。

 

 

野田さんのおっしゃることにも一理あると思いました。

 

観客ありきの芸術であるなら観客の健康を最優先すべきだと私は思っているので、彼の意見全てに同意できるわけではないのですが、

 

演劇やコンサートは一度中止になると延期や振替公演を行うのが非常に難しい実態があるからこそ共感できる部分もありました。

 

 

宝塚や劇団四季のような専用劇場を持っているのであればまだしも、会場を借りて公演を行うアーティストや劇団にとっては会場が空いてない限り延期と振替公演もできず、公演自体中止するという選択肢しかないわけですから。

 

その公演得られる予定だった収入をあてにしていた俳優や演出家の卵たちはもしかしたら生活が立ち行かなくなってしまうかもしれない。

 

そういう意味では野田さんの使用した『演劇の死』という表現はあながち間違っていません。

 

この時点で私はあることに思い当たりました。

これって今回新人公演主演を控えている諏訪さきくんにも当てはまるよね?と。

 

2度と帰らぬ諏訪さきの新人公演

主演であるすわっちが今どんな思いで事態を静観しているのか、わたしには想像できません。

 

彼女から個人的な声明が出ることは絶対ないので彼女の心境を知ることは一生ありません。

ここからさきの意見はあくまでも私個人の意見です。

 

 

すわっちに東京でも新人公演主演させてあげたかったなぁ。

 

無観客でもいいから新人公演を諏訪さきが演じたという証を映像で残して欲しかった。

 

 

これがわたしの本心です。

 

不謹慎かもしれません。

無観客なら新人公演主演をする意味がないかもしれません。

 

それでもやらせてあげたいというファンの身勝手な想いはいけないことなのでしょうか??

 

すわっちは99期。

99期生にとって最後の新人公演。

 

ということは当然すわっちにとっても、もう2度ともどらない新人公演だということ。

 

コロナウィルスのせいだししょうがない。

 

とはいえどもやっぱり諦めきれないのがファンの気持ちだったりするんですよね、、

 

誰かの「一生に一度」がこの瞬間に消えていく

コロナによる対策は仕方ない。

 

でもこの対策によって誰かの「一生に一度」が消えていくのも紛れもない事実

 

この事実をしっかり受け止めて私たちも彼女たちも前に進んで行かないといけない。

 

東京で新人公演できなかったのは悔しいけれど、その思いをエネルギーに変えて次回大劇場公演でも素晴らしい演技を見せて欲しいと願うばかりです。

 

それではまた明日!

励みになりますので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

-雪組
-

© 2020 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5