雪組

望海風斗・真彩希帆の“路線・路線落ち“を超えた努力【fff 感想】



おはようございます。
む〜です。

 

今日はfffの話をしようと思います。

fffの話といっても、内容を語るには感無量すぎて未だに言葉が出て来ないので笑

 

今日はだいきほについて語ろうとおもいます。

 

路線に乗る/路線落ちの概念を努力で超えた二人

だいきほというと誰もが「歌うま」と答える。

 

私も「だいきほの魅力は」?と誰かに聞かれたらわかりやすく「歌がうまいところ。お芝居が上手なところ」と答えたと思う。

 

でも、もし誰から「二人とも路線だったの?」と聞かれたら熱く語ってしまうだろうなぁ笑

 

だいきほはずーっと路線に乗っていたわけではなかった。

 

だいもんは御曹司のように育てられてきたわけでもないし、きぃちゃんも最初から路線娘役だったわけではない。

 

お二人がこうしてトップとして卒業するに至ったのは、紛れもないお二人の努力の結果

 

「路線」という宝塚ならではの慣習に左右されない、お二人の弛まぬ努力があったからこそトップになれたと当時を振り返って改めて思います。

 

「路線」を自ら掴みに行った望海風斗

まずだいもんの話から。

私がだいもんのファンになったのは花組ファントムでオーベロン様を演じているのをみた時から。

その頃からだいもんの熱狂的なファンとして舞台に通い詰めていました。

 

だいもんの出演情報を全て集め、雑誌は全てかい、だいもんのページは全て丁寧に切り取ってファイリングする・・笑

今思い出すと恥ずかしいほどの熱狂ぶりなのですが、だからこそ当時は「路線/路線落ち」という言葉にとても敏感になっていました。

 

特にだいもんは最初から順調に路線に乗っていたわけではないので、余計心配だったんですよね〜。

 

そう、望海風斗様は最初から順調にスター街道を走っていたわけではないのですよ。

 

新人公演主演回数は2回と決して多い方ではありません。

だいもんが花組にいた頃はまぁ様(朝夏まなと)と並べられることが多かったし、まぁ様が昇格してからはあきら(瀬戸かずや)・ぴーちゃん(鳳真由)と並べられていたような時期もありました。

 

そんな状態だったから同期である明日海りお(当時は月組準トップの位置)が組み替えしてくると聞いた時の絶望よ・・笑

 

今でこそ笑えるけど、みりおくんが花組に組み替えしてくると聞いて絶望しただいもんファンも多いのではないでしょうか??

 

とにかく、雪組時代はさておき、花組時代は常に「路線か路線じゃないか」微妙な立場でしたが、結局彼女はその歌唱力と芝居力を劇団に高く評価されてある時から一気に次期トップ候補として躍り出たのです。

 

最初から路線っぽくなくても、だいもんのように常に結果を出し続ければ自分で「路線に乗ること」を掴みにいける

 

路線に乗るには運も必要だけど、やはり決め手になったのは彼女が諦めずに努力し続けたからではないでしょうか。

 

ジブリ系娘役・真彩希帆が路線に乗った瞬間

きぃちゃん。

きぃちゃんに至ってはだいもんよりも「路線に乗っていない」印象を受けました。

 

きぃちゃんは花組時代、一度も新人公演でヒロインを演じたことがありません

早期から影コーラス・影ソロには抜擢されていましたが、本公演での役付はあまり良くはありませんでした。

 

意外かもしれませんが、花組時代のきぃちゃんは「歌がうまくて可愛いけれど、路線には乗っていない」というのが多くの人の意見ではないでしょうか??

 

そんなきぃちゃんの扱いが変わったのは、星組に組み替えが決まってから

星組に組み替えしてから一気に「路線入り」を果たしましたよね。

星組に組み替えしてからはあれよあれよという間にトップ娘役候補として推されていきました。

 

今でこそ有名なだいもんブリドリ「HOME」(’14年)も当時オンタイムで鑑賞していた者としては、数年後にきぃちゃんがだいもんのお嫁さんになるとは思いませんでしたからね。

 

こうやって書くと「真彩ちゃんは路線にポンッと乗った」ようなイメージを抱くかもしれませんが、私はきぃちゃんも努力の人だと思っていて。

 

抜擢が始まった時から、まるで今まで抜擢に向けて準備してきたかのように堂々としていて。

 

“路線に乗っている・乗っていない“関係なく、自分にやれることを着々と準備されてきたのだなと感じました。

 

推しに推されてトップになったわけはない二人。

だいきほは推しに推されてトップになった二人ではありません。

それだけは忘れてほしくないなと思い、この記事を書きました。

 

二人は“路線・路線落ち“という概念を超える努力でトップに就任されました。

 

こういうトップのなりかた、私は好きです←

 

今後もだいきほのような路線に囚われないトップコンビが出たら嬉しいなぁ〜。

 

なんだか何が言いたいのかわからなくなってきたので今日はこのへんで!

また明日お会いしましょう〜^^

 

 

↓励みになりますので、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク

-雪組

© 2021 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5