雪組

だいきほコンビのレベルが異次元すぎるのよ

おはようございます。

む〜です。

先日、スカステで「Gato Bonito!!」が放送されましたが、みなさんはご覧になりましたでしょうか?

一年ぶりのガトボニ。改めてスカステで見てみると「凱旋門」の薄暗さをぶっ飛ばすかのような熱い熱い展開が大変魅力的なショーですね。

毎回言ってるかもしれないけど、だいきほコンビってトップコンビとしての技術レベルが頭一つ抜き出ているというよりも、異次元レベルに達してますね笑

スポンサーリンク

歌と芝居に特化したコンビ「だいきほ」

トップコンビだから出来て当たり前でしょ?と言われるかもしれないけど、だいきほコンビの素晴らしいところは技術において他のトップコンビとは一線を画しているところ。

 

歌唱力は言うまでもないですね。ずば抜けています。圧倒的です。

トップ男役、娘役のどちらかが「歌うま」というケースは今までもたくさんありましたが、お二人ともめちゃくちゃ上手い!というコンビはなかなかいませんよね。

ここ数年のなかで稀に見る歌うまトップコンビということで間違い無いと思います!

ダンスも組のトップとして、宝塚を代表する顔として申し分ないほど踊れます。

 

また好き嫌いはあれどお二人とも芝居心のある方々だと思います。

実際にお二人のお芝居が好き!というだいきほファンの方もよく見かけますし。

私はお二人の役作りを見て苦手に感じることもたま〜にありますけど、それは私の好みの問題であってお二人とも技術的には「上手い」方に入るのではないでしょうか?

 

現在カリスマ的人気を誇る「だいきほ」コンビ。

その魅力は宝塚という枠に囚われない「高い歌唱力と芝居力」にあるのかもしれませんね。

切磋琢磨し続けるコンビ

私は以前、だいきほコンビのことを「戦うコンビ」と表現しました。

この表現の意味合いについて、ちゃんと当時の記事(下記参照)を読んでいない方から「ZuccaZuccaのむ〜ってだいきほのアンチだ!」なんてレッテル貼られちゃったりしたのですが(ちゃんと文書読んで〜( ´ ▽ ` )って感じですけど)、やっぱりお二人は戦うコンビだと今でも思います。

望海風斗と真彩希帆。だいきほコンビの在り方   おはようございます。 む〜です。   連日ファントムに関する色んな方のレポを見ているのですが、とにかく楽しみで仕方ありません。演出...

二人とも貪欲に舞台に邁進する求道者のような姿勢を常に保ち続けており、お互いをいい方向に刺激し合う。そんな切磋琢磨を続けているコンビです。

お互いを庇い合ったり、馴れ合ったりするのではなく、お互いに対して100%の力でぶつかり合って「いい舞台」を作ることに命をかけている。そんな情熱をお二人から常に感じます。

それはショーでもお芝居でも変わりありません。

だいきほコンビの舞台を毎回「異次元レベル」だと感じるのはお二人の舞台にかける情熱とそれに比例するかのように向上していく技術の高さのおかげなのかもしれません。

スポンサーリンク

次の舞台への期待が隠せない

だいきほコンビの舞台を見た後、いつも思うことがあります。

「次はどんな舞台に挑戦するんだろう?どんな舞台を作り上げるんだろう?」

純粋に次の舞台が楽しみになるコンビっていそうでいない。

でも、だいきほコンビはいつも「次の舞台」が楽しみになるコンビなんです。

このコンビなら何をやっても安心という気持ちもありますが、それ以上に次はどんなだいきほが見れるのか楽しみ・期待が溢れてくる。

いつまでだいきほの作る舞台を見られるかわからないけど、出来るだけ全部見たい!と思います。壬生の次も楽しみだな〜。

 

でわ!

*にほんブログ村ランキング参加中!* にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村