雪組

彩海せらの望海風斗化が止まらない



おはようございます。
むーです。

今日は一昨日から書きたくてしようがなかった彩海せらくんについて語ります。

 

もう『あみちゃん』なんて言えないくらい成長著しい彩海せら様

 

今最も雪組で注目してほしい生徒さんなので、このページを読んでいただいて彼女に少しでも興味を持っていただければ幸いです。

 

彩海せらのプロフィール

ここで彩海せらくんについて知らない人のために彼女のプロフィールを紹介させてください。

 

芸名彩海せら
誕生日12月2日
出身地鹿児島県鹿児島市
身長169cm
同期102期(研6)
新人公演主演回数1回

 

彩海せらくんの同期

  • 天飛華音
  • 風色日向
  • 舞空瞳
  • 水乃ゆり
  • 潤花
  • 花宮沙羅
  • 有栖妃華

などなど近年頭角を現しつつある生徒さんばかり!

彩海くん含め、102期からは目が離せませんね~。

 

毎公演ブラッシュアップされて行く男役像

初めて彩海くんをみたときは、あみちゃんと呼ぶのが相応しいように思えた。

 

彩海せら という男役の印象よりも、愛称である「あみちゃん」の方がその時の彼女にぴったりだったからだ。

 

男役にしては線の細い体。
男役メイクでは隠しきれない美人顔。

 

どこからどうみてもまだ女の子らしさが抜けないあみちゃんで、それはそれで可愛らしいなぁ、まだ下級生さんだもんねぇと思って彼女の成長を見守っていた。

 

そしたら急に(1年くらい前からかな?)ビンタされたレベルである時から男役『彩海せら』の輝きが見え始めた。

 

彩海せらの望海風斗化が止まらない!

今回の雪組全ツを見た印象では、彩海くんの望海風斗化が恐ろしいスピードで進んでいるように見えました。

 

望海風斗化と言っても、単純に芸風をだいもんに寄せてきているわけではないのです。

 

例えば

 

元々彩海くんはお歌が上手なことで有名でした。
個人的には若い頃のだいもん同様、女性らしい高い声が綺麗に伸びる印象がありました。

 

どちらかと言うと華やかな声の持ち主で歌唱パートでも台詞を喋っている時でも聞き取りやすい声でした。

 

そんな彼女が今回の公演では低く太い男役としの声も綺麗に発声出来ていて驚きました。

 

とにかく歌い方がだいもんにそっくり!

 

華やかな歌い方はもちろん、声の伸ばし方や抑揚つけ方までが先代トップスターである望海風斗の系統を感じずにはいられませんでした。

 

あとメイクも似ていますよね。
そのせいだからか、ちょっとした仕草(伏し目とか)もだいもんイズムを感じます。

 

こうやって男役・望海風斗の魅力が受け継がれて行くのね、、と感慨深かったです。

 

彩凪翔のウィンクもしっかり継承

凪さまの『男役道』では男役としての仕草が恥ずかしくてうまく出来なかったあみちゃん。

 

あのあみちゃんが指差しでバチコンウィンク(古)をかませるようになったことにオバサンは泣きそうです。

 

え、いつの間にこんなことできるようになったの?
ちょっと前まで『頑張って男役になってる』感満載だったあの少女がお客さんに向けて指差しウィンクできるようになったなんて聞いてないです私←

 

ちょっと見ない間(fffから一昨日までのほんの数ヶ月)にこんなに男役さんらしくなってしまって、、。

 

もうあみちゃんなんて呼べないです。

 

彩海せらは雪組の次世代を担う男役

ヴェネチアの紋章でも、ルポァゾンでも重要な役どころを任されていた彩海くん

 

頼もしい上級生がゴソっと卒業してしまって不安だったけれども、これからも雪組は安泰だと思う。

 

諏訪さきをはじめとした今日紹介した彩海せらくんなど、雪組にはホープがたくさんいるのだから!

 

ダンスよし!
歌よし!
芝居よし!

三拍子揃った彩海せらを今後ともどうぞよろしくお願いします!(誰、、)

では!

↓励みになりますので、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク

-雪組

© 2021 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5