雪組

彩風咲奈の魅力とは?〜私が思う彩風咲奈の魅力〜

おはようございます。

む〜です。

もうすぐ雪組さんの「FNSうたの夏祭り」ですね!

そして私の中で「雪組」と聞いて一番最初に思い浮かぶ生徒さんは彩風咲奈さまです。

今日は「うたの夏まつり」で大活躍するであろう咲ちゃんについて私が思う「彩風咲奈」の魅力を語ろうと思います。

スポンサーリンク

彩風咲奈の基本プロフィール

まずは彩風咲奈さんの基本プロフィールから。

基本プロフィール

誕生日 2月13日

出身地 愛媛県大洲市

身長 173cm

初舞台 2007年3月「シークレット・ハンター」

好きだった役 「ロミオとジュリエット」の死、「るろうに剣心」の斎藤一、「ドン・ジュアン」のドン・カルロ

愛称 さき

咲ちゃんは93期生として首席入団を果たしている生徒さんで2008年には阪急阪神の初詣ポスターモデルに起用されています。

そして現在まで一度も組替えせずに雪組生の御曹司として育てられてきました。

新人公演主演はもちろん、バウ主演、東上済みと輝かしい経歴の塊のような咲ちゃんに対して最初はこんな印象を抱いていました。

第一印象は「特筆すべきことがない生徒」

咲ちゃんに対する第一印象は「特筆すべきことがない生徒」さんでした。

良くも悪くも目立たない。

というか咲ちゃんの出演する舞台を見ても咲ちゃんについて何の引っかかりも、トキメキも感じないというのが私の彼女に対する印象でした。

特に歌・ビジュアル・ダンスでめちゃくちゃ秀でていると感じることもなく、何故彼女がここまで宝塚歌劇団に推されているのかもよくわからず、私にとっての彩風咲奈は数多いるタカラジェンヌの一人として認識されました。

正直なところ、二番手になるまでは彼女を本当の意味で「彩風咲奈」という個人として認識していなかったのかもしれません。

私が彼女の持つ魅力に気づき始めたのは本当につい最近のことなのです。

スポンサーリンク

彩風咲奈の魅力はダンスにあり。

「彩風咲奈さんの魅力は何ですか?」と誰かに聞かれたら私は迷わずに「ダンス」と答えると思います。

「他には?」と聞かれたらさらに「歌」と答えるでしょう。

 

咲ちゃんのダンスはご本人の手足の長さもあってとにかくダイナミック!

振りが大きくて、繊細な動きのはずなのに大胆に見える体の使い方が私にダイナミックという印象を与えるのでしょうか?

とにかく咲ちゃんが一番輝くのはダンスシーンだと思っています。

まさにショースターですね。

 

そして二番目の彼女の魅力はではないでしょうか?

何公演か前までは苦しそうな音域をいくつか感じましたが、ここ最近の彼女の歌唱力はとっても安定してきていますし、特にファントムのキャリエールはとってもよかったと感じています。(あくまで個人的な意見です!)

雪組のトップスターである望海風斗さんが劇団きっての歌い手であるため、二番手の咲ちゃんの歌のうまさにはなかなか着目されませんが、現二番手のなかでは二番目に歌が上手い(一番は礼真琴さん)じゃないのかなと思います。

これからどんなお役が回ってくるかわかりませんが、彼女のこの2つの魅力を活かしたお役に巡り合えたら最高だなと思います。

スポンサーリンク

努力の人・彩風咲奈

咲ちゃんは努力の人だと常々思います。

確かに推しに推されてきた御曹司様ではありますが、その地位に見合うような魅力を自ら掘り起こし成長させてきたのは他ならぬ彼女自身です。

今、そのたゆまぬ努力の結果が二番手として大きく花開こうとしているのを強く感じますし、今後楽しみです!

壬生〜は諸事情で見に行けませんが、次回の大劇場作品は必ず見に行くぞ!

さきちゃんの活躍、楽しみにしています〜!でわ!