星組

愛月ひかる不足で死にそうだよ

おはようございます。

む〜です。

ちょい前にも呟いたけど、現在絶賛「愛ちゃん不足」です。

専科にいた時よりはお目にかかれる機会が増えたけど、コロナのせいでなかなか見に行けなくて悲しい・・。

専科→星組になった矢先のコロナ

昨年の春に上演されていた「アルジェの男」

最後の最後までチケットを取るために奔走していましたが、残念ながらチケットを取ることができなかったハンカチ噛みまくりの公演。

今でこそスカステで放送されているけれどあの時はもう一生見れないんじゃないかってくらい悔しい思いをしました。

これを見逃したばかりになんと去年は愛ちゃんにほとんど会えない一年を過ごしてきました。

 

そして今年。

ようやく定期的に愛ちゃんの男役芸を摂取できるぞ!と楽しみにしていたのにまさかのコロナで観劇回数はグッと減ってしまいました涙

定期的に愛月ひかるの男役芸を摂取したい

私、定期的に愛ちゃんの男役芸が見たくなります。

大体2ヶ月くらい愛ちゃんの舞台を見ていないと「あー。愛ちゃんの男役芸がみたいな・・」と自動的に思います笑

自分でも不思議に思っていたのですが、よくよく考えてみると私が愛ちゃんの男役芸を見たいなと思う時って大体”宝塚の原点”に立ち返りたい時だったりします。

宝塚って舞台以外でも人事とか色々気を揉むことがあるじゃないですか。

人事なんて気にしなきゃいいのに、気になって寝れなくなったり・・宝塚を好きでいることに疲れる時もあります。

で、そういう時に原点である宝塚を好きな気持ちを思い出させてくれるのが愛ちゃんの男役芸なのです。

美しく華やかな男役

私にとって、愛月ひかるは宝塚歌劇のイメージそのもの

宝塚の人事のことなんて何も知らなかったあの頃の私にとっての宝塚のイメージそのものなんですよね。いろんなタカラジェンヌがいるけど、彼女ほど私の中の宝塚歌劇団のイメージにぴったり来るひとはなかなかいないのです。

だから愛ちゃんの舞台を観るとどこか懐かしい気持ちになるし、初心を思い出せるのです。

「なんで私宝塚好きなんだっけ?」って思っている時こそ愛ちゃんの舞台は特効薬!

舞台が開始してから数分で「私はこうゆう宝塚に心をときめかせてこの世界に恋したのだった」と思わせてくれるタカラジェンヌってなかなかいないのでとてもありがたい。

これは私だけかもしれないけど、そういうジェンヌさんが現役で宝塚に在団してくれているって凄くありがたいことだなと最近思います。

愛ちゃんに会えるのは今月末か来年か・・?

ということで今日は私の愛ちゃんへの愛と絶対的信頼を語りましたが、現実問題、愛ちゃんに会えるのは来年の星組公演という・・涙

今月の千秋楽のチケット、もしトレチケで出てたら行きたいけど千秋楽のチケットなんてでないよな~。

気晴らしにロミジュリのDVDBOXを買っちゃおうかな本当に。

 

ちょっと考えてみよう。

励みになりますので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

関連記事

-星組

© 2020 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5