星組

星組『GOD OF STARS-食聖-』『Éclair Brillant』初日感想

おはようございます。

む〜です。

今日はやっと観劇できたGOD OF STARS-食聖』『Éclair Brillant初日感想を書きます。

実は大劇場公演の初日を観劇できたのは今回が初めて!

久々の宝塚に感動しつつ、初日の熱気にあてられて大興奮した時間でした。幸せだったなぁ〜。

ということで早速初日レポを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

笑って泣いた『GOD OF STARS-食聖-』

まずは食聖の感想から!

中華コメディだけど時々ホロっとくる作品でした。

愛されジェンヌ=紅ゆずる

紅さんの退団公演でこんなに笑うと思ってなかったしこんなに泣くと思ってなかった!笑

最後の最後まで宝塚史上稀に見るコメディエンヌであり、組子に心から愛されたタカラジェンヌだったんだと観劇中ずっと感じていました。

トップさんの退団公演でこんなに笑っていいんだろうか?と思うほど笑わせていただきました。さゆあーコンビは観客を楽しませることに長けているコンビですね。お二人の絶妙な掛け合いが面白くて可愛くて・・。

さらにお二人から「最後までお客様を楽しませたい!しんみりするだけの退団公演では終わらせない!」という気持ちをひしひしと感じてどんな台詞よりもそこに泣けてしまいました・・。

トップスターさんって私の中でどこか人間離れしたような感覚があって。

同じ人間だということはわかっているんだけど、激務をこなして毎日笑顔で舞台の長として何年も存在し続けるなんて超人的じゃないですか。だから同じ人間だと思えないことがありました。

でも紅さんの舞台を観ていると人としての暖かさを感じることができるんですよね。

「トップスター・紅ゆずるも同じ人間で血が通ってるんだ」と感じることができてちょっとだけ親近感が湧く。遠い存在なのになんだかすごく身近に彼女を感じられる。

これが彼女が愛され続ける秘訣なのだとこの公演で気づきました。

紅ゆずる×小柳の最強タッグ

というか小柳先生と紅ゆずるさんはとっても相性が良かったんだなといまさら知りました。

小柳先生は紅さんの良いところを全部余すところなく引き出せるし、紅さんは小柳先生の描きたい人物の魅力を自分に取り込んで表現するのが本当にうまい。

紅さんが主演を務めた過去作品は沢山あるけれど、今回の作品ほど星組の「組子」と「紅ゆずる」を暖かく意識させられた作品はありませんでしたし、これが今の星組ファミリーなんだと改めて認識することができました。

なんども組子がさゆあーコンビを中心に囲むシーンがあって観ていて幸せな気持ちになりました^^

幸せのおすそ分け、ありがとうございました。

備忘録(順不同)

ここからは箇条書きで備忘録としてポイントを書いていきます。

ネタバレあるのでまだ観劇されていない方は注意!

  • 『星はいらない』『おかれた場所で輝き続ければ大切な人に出会えるはず(超うろ覚え)』などなど、紅さんご自身を表わすような台詞が多くて泣いた。
  • アイリーンのカツラと小桜ほのかちゃんのカツラの色がめちゃ好み
  • マイルドヤンキーみたいなあーちゃん可愛すぎ似合いすぎ
  • あーちゃんのお歌はやっぱり高音が厳しい>< でもここまでくるともう慣れてきたというか聞こえなくなってきたというか・・笑 知らない間に免疫ができたようです笑
  • 公演プログラムの中身がめっちゃ可愛いからみんな買ったほうがいい
  • せおっちの歌が上手くなってて感動した。以前よりもさらにさらに台詞が聴きやすくなっていた。
  • 小林寺の坊主たちの運動神経凄すぎて驚愕。
  • 舞空瞳の安室奈美恵感ハンパない。体幹の強さを感じるダンスが素敵。彼女だけ別の振り付けがついているのかなってくらい魅せ方がうまい。こっちゃんの相手役としてもう少し歌のレッスンが必要かもしれない、、頑張れ!
  • 紫りらちゃんは今回もお芝居のMVP。もー大好き!!マダム・ヤンの大きなメガネがヘレナ・ボナム=カーターを彷彿とさせる。ナイスな役作りです
  • 小桜ほのかちゃんが相変わらず夢見る少女でこちらまでいい夢見させてもらいました。
  • 星蘭ひとみちゃんの顔面の強さを改めて感じた。最強の美少女だわ。手足が長いのにダンスの振りが小さいのがもったいないと感じた。
  • ことひとのプチお披露目も見れたのがとっても良かった。現行トップから次世代に受け継がれていく様子を公演中に見せてもらえたのでなんだか安心しました。ことひとコンビめっちゃ楽しみすぎて結成前からファンになった笑
  • ミッキー(アイリーンのパパ)がずっと高麗人参?を握ってるのが可愛かった。相変わらずミッキーは芸達者な方です。星組になくてはならない存在。
  • いーちゃん、娘役転向したばかりの頃は娘役の声を出すのに苦労している印象があったけど、今は完全に板についてきましたね。ソロも素晴らしかった!ずっと応援してるよ〜。
  • 桜庭舞ちゃん、やっぱり綺麗!!美人!でもキャピキャピ役よりしっとりした大人の役の方が見てみたい。
  • くらっちが飼い殺しされてると感じました。今回のくらっちの使い方はちょっともったいない。これからの星組でどうゆう立場になってくのか気になる。
  • 紅さんとあーちゃんの間にたくさん子供が出来て終わるんだけど、なんの違和感もないという不思議笑
  • 舞空瞳におちょくられる礼真琴が大好きなのでもう一回どっかで同じような関係性の作品を演じてほしい。
  • 紅ホンに負けたこっちゃんリーが会場を去った時、ひっとんクリスティーナが「ついて行っちゃおっ!⭐︎」っていたずらっぽくはけていくのがめちゃ可愛い。それを目撃したせーらちゃんとまいちゃんの絡みがなんとも萌えるので是非みて欲しい。
  • ひっとん、ほのかちゃん、まいちゃん、せーらちゃん、ゆりちゃんの集合写真が欲しいけどキャトルに売ってなくて悲しみ・・。

原点回帰!気品に満ちて格調高い『Éclair Brillant』

「私、このショー好き!」と一目見て思ったショーでした。

このショーについて1場面1場面細かく語りたいから後日一記事にまとめます!

それくらい大好きなショーになりました。

ここ最近のショーで多かったギラギラ&オラオラ感が抑えられていてすっごくクラシカルで優雅。

おそらくだけど、このショーこそが紅さんが愛してやまない宝塚本来の姿。

気品に満ちて格調高い宝塚歌劇団

紅さんが恋した宝塚はこんな感じだったのでしょうね。

そして紅ゆずるという男役が単なるコメディエンヌではなく立派な正統派男役であることを証明するには十分すぎるショーでした。紅さんの黒燕尾が本当に素敵で素敵で・・・。

彼女はダンスの人間ではないけれど、彼女の一つ一つの動作が「今この瞬間が愛おしい」と観客に訴えかけていてここでも泣けました。舞台人としての技術ももちろん必要だけど、やっぱり心が伴わないと何も伝わらないんだなと感じた場面でした。

とりあえずまとめると、エクレールブリアンは食聖がコメディ要素強めで色彩鮮やかな分、このショーでしっとりとまとめ上げているという印象。

二本立ての特性を上手く生かした構成ですね。

好きです←

DVD買おうか迷うくらい大好きショーになりました。

備忘録(順不同)

ここでも箇条書きで気になったポイント書いていきます。順不同です。

  • 105期生のラインダンス、気になった生徒さんが何にもいたのかな全然顔わからなかった(オペラグラス忘れた)。今度ゆっくり調べよう。
  • このショーのボレロの場面は絶対団体賞とるとおもう。神がかってる場面でした。瞬きするのを完全に忘れてたので見終わった後はドライアイになりました笑
  • 紅さんのクンバンチェロ、なんだか可愛かった。相変わらず紅さんだってある意味安心した。
  • ボレロの場面で娘役さんが下手から列をなして上手に向かってくるんですけど先頭の娘役さんのお名前がわからない。背中の反り方がとても綺麗だったから名前を知りたい。
  • こっちゃんが風の妖精?になって舞空少女と戯れる場面。何時間でも見てられるってくらい素敵で夢のようだった、、。お二人ともダンスがお上手で歌も上手くて。。このお二人がトップを務める時代に生まれてよかったと心底思いました
  • 紅さんの黒燕尾は涙なしでは見られない。ピンク色の娘役のお衣装は宝塚の愛と夢を表していたのかな、、?その中で踊る紅さんの表情が素敵だったなぁ。
  • 男役大階段。星組男役の一挙一動が綺麗に揃っていて美しかった。今の星組の気持ちがしっかり現れている場面だったと思う。
  • くらっち、はるこさんのしっとりとした女役の色気が今の星組を絶妙に薄く桃色に染めている。このお二人がいる時点で星組娘役芸の継承は安泰だと思われる。
  • 天華えまくんの赤い口紅からフェルモンを感じる・・。あんなに色気香る男役だったっけ・・?
  • やっぱり羽山先生と若央先生の振り付け大好き!!王道なんだけど新しさが毎回あって見応え満点。
  • 華形ひかるさん、全然老けないというか・・いつまでも若々しくてほんと素晴らしい。
スポンサーリンク

とりあえずここまで!

初日の挨拶は途中まで聞くことができたのですが、子供のお迎えがあるので最後まで聞けずうろ覚えなので心の中に留めておきます>< ごめんなさい!

箇条書きで書いてみたけど、絶対書き忘れてることがいくつかあるんだよね〜。

これからのレポで思い出しながら書いていきます。

レポにお付き合いいただければ幸いです。

でわ〜。