星組

有沙瞳のこれから【トップ娘役候補という肩書きを捨てて】

おはようございます。

む〜です。

今日からGOD OF STARS-食聖』『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』のキャスト別感想を書いていきます。

まずはいろんな意味で気になった彼女、有沙瞳ちゃんについて書きます。

美してお芝居上手な彼女。

そんな彼女について率直な感想を述べさせてください。

スポンサーリンク

少し寂しくなった立ち位置

まず観劇してショックだったのはくらっちの立ち位置。

以前までこっちゃんの隣でお芝居をすることが多くて、群舞の時も2番手娘役の位置で踊っていたくらっちがもうその場所にいない。このことに自分が想っていた以上にショックを受けました。

舞空瞳ちゃんが組替し、次期トップに内定した時点でこうなることはわかっていたけど、実際に見てみると頭ではわかっていても心がついていかなくて。

ひっとんが悪いわけでもくらっちが悪いわけでもないぶん、この感情にどう決着をつけたらいいのか観劇中とてもモヤモヤしていました。

以前までくらっちが一生懸命務めていた位置を今は舞空瞳が精一杯務めています。

でも「くらっちがいた場所に舞空瞳が立っている」という構図は”舞空瞳が次期トップ娘役である”ことを私に思い起こさせ、同時に”有沙瞳のこれから”を嫌でも考えさせられました。

有沙瞳は”何”の人なのか?

有沙瞳が礼真琴の相手役候補として雪組から星組異動してきたのは間違いないのですが、現在の彼女はその役目を解かれ”次期星組のトップ娘役候補”という肩書きは外れました。

そして観客である私も彼女のことを”次期星組のトップ娘役候補”としてみることはなくなりました。

この大きすぎる肩書きが外れた今、彼女はの人なのかを改めて考えさせられます。

歌が上手い人?

お芝居が上手い人?

ダンスが上手い人?

美しい人?

彼女は一体どれに当てはまると思いますか?

私は彼女のことを「お芝居が上手い美しい人」という認識をしているのですが残念ながら今回の作品ではそれがほとんど活かされることがなくて・・。

劇団はこれから彼女のことをどんなタカラジェンヌとして扱っていくのかがとても気になりました

くらっちは平均的になんでも出来る娘役さんですが、それゆえにお歌がずば抜けて上手いわけでもないしダンスが特別目を引くわけでもないので、ショーでは特にその存在が霞んでしまいがち。

彼女は今後の星組でどのような立場を築き、どのような役割を担っていくのでしょうか?

スポンサーリンク

次期・音波みのりポジションが有望?

現在、音波みのりさんが務めていらっしゃる別格娘役のポジション。

くらっちは今後このポジションを星組で担っていくのかなとぼんやり思いました。

はるこ様を見ていても、このポジションは悪女から今回の公演で演じているようなバリキャリの母親役まで幅広く「女性」を演じ分けることが要求される立場であることがよくわかります。

くらっちならこの要求にしっかり答えられると思し、このポジションで輝く娘役になれるはず!

今のどっちつかずな状態が一番見ていてモヤモヤするので劇団さんにどうにかしてほしいなぁ・・。

でわ〜。