星組

礼真琴・舞空瞳の星組トップ就任について思うこと〜歌えて踊れるトップコンビ〜

スポンサーリンク

おはようございます。

む〜です。

昨日は嬉しいニュースがありましたね!

ことひと(愛称がまだ定まってないので今日は「ことひと」呼びで行きます!)コンビを推してきた身としてはこれ以上嬉しいニュースはないです!

あまりの喜びに発表を見たときは手が震えてしまいました・・。

このニュースを見て一時間くらいしてから、ようやく実感が湧いてきて何故か涙がこぼれてしまったんですよね

人ってあまりに嬉しいと本当に泣くんですね・・・。

今日は昨日発表されたことひとコンビに対して一晩明けてから思うことを書き綴ります。

スポンサーリンク

本当に本当におめでとう!

まずはコレですよ。

もう心の底から「おめでとう」と言いたい!

メガホンを持って外に飛び出して「ことひとコンビ誕生だ〜!」と大きな声で叫びたいくらい嬉しいし、世界に向けて「おめでとう」と叫びたいです。

特にこっちゃん

トップスターに就任することがゴールではない。とわかってはいるものの、本当にここまでよく頑張ってきたなと思います。

95期の首席として、組随一の歌い手として、ここまでずっと走り続けてきたこっちゃん。

誰よりもお歌・ダンスが上手なのに、飽くなき向上心でさらにさらに高みを目指されるその姿はもはや「タカラジェンヌ」というよりも「プロ」に近いものを感じました。

続けてきた努力を「目に見える形」で観客に提供し続けたこっちゃんがトップになるのは「当然」のことなのかもしれないけど、やっぱり嬉しい!

「おめでとう!よかったね!」という言葉以外出てきません涙

そしてひっとん

星組への組替を発表された時に「もしかして・・・」とは思っていたけど、本当にトップ娘役に就任されるのですね。

「ハンナ〜」からではあったけど、約一年ちょい応援してきた一ファンとしては「もうお嫁に行ってしまうのね涙」と寂しい気持ちもあります。

でも、初めてひっとんを見たときから争奪戦になるのはわかっていたことなので笑

今回のトップ娘役抜擢は前向きに捉えようと思います!

これからもずっとひっとんを応援するよ〜!

https://www.zuccazuccamu.com/flower/2018-12-23-100000#it

スポンサーリンク

「歌えて踊れる」お似合いトップの誕生

宝塚歌劇において何を重視するか。これは人によって違うと思います。

ある人は「美しさ」だというし、ある人は「舞台技術」だと言います。

この問いに対して正解はありません。

私は大変我儘な観客なので「美しさ」も「舞台技術」も欲しがりますけど←オイ

やっぱり歌えて踊れる」に越したことはないと考えています。

どんなに美しかったとしても歌も踊りも微妙だと魅力は半減しちゃいます。

「より良いものをみたい」と望む私のような欲深き観客にとっては、何事も美しいことに越したことはないし、実力があるに越したことはないのです。

その点で言えば、このお二人のコンビはとってもバランスがいい。

  • 二人とも歌える
  • 二人とも踊れる
  • お芝居は伸びしろがある(特にひっとんはこれからもっと伸びるはず!)
  • お顔が(どちらかと言えば)お似合い

ざっと思いついたのを書いてみましたが、客観的にお二人を見るとこれだけコンビとしての特性がマッチングしているのです。

このお二人のコンビはこれからとっても人気が出そう・・。

今からチケットの心配が尽きません(死)

着々と進む「トップ娘役若返り計画」

昨日はとりあえずなーんにも考えずにひたすらことひとコンビ誕生を祝っていました。

お二人の就任発表があったその時から、他に何も考えなかったわけではありません。

華々しいトップ誕生の裏では、その影で泣く人・悲しむ人だっているのだから。

でも、昨日くらいは単純にお二人の就任をお祝いしたかったのです。何も考えずに。

そして一晩明けて。

やっぱり冷静考えると、はるこさん、くらっちうみちゃんしろきみちゃんの存在がどうしても頭から離れません。みんな素敵な娘役さんで、いつトップ娘役になっても祝福を受けるに違いないと言い切れるほど素晴らしい娘役さんです。

正直、トップ娘役の若返り強化を行うのはもう構わないです。

時代の流れなんでしょう。ファンが何を言おうとチケット不買運動でも起こさない限りこの流れは断ち切れないと考えています。私は反対ですけどね←

でもね、前もブログで書いたけど、その時代の狭間に立たされている彼女たちの身にもなってみろよと思ってしまう。。

持ち上げるだけ持ち上げられて自分より若い娘役たちがトップになっていくのを見るのはどんな気持ちなんだろう?私だったらめっちゃ辛いけどね。

菩薩でもない限り「悔しい」とか「悲しい」という思いが少しは湧くと思う。

彼女たちは劇団にとって「商品」かもしれないけど、ファンや観客にとっては大事な「ご贔屓さま」だし、彼女たちだって「感情ある一人の女性」なのです。

もっと温情ある対応をしてくれてもいいんじゃないかと一般人の私は思ってしまう。

https://www.zuccazuccamu.com/takarazuka-kansou/2019-02-21-080039

スポンサーリンク

次世代宝塚は星組中心の観劇なるかもしれない

花組トップの明日海りおさんの退団が発表されている今、あとは次期花組のトップコンビ発表を待つばかりとなりました。

次期花組トップコンビが華優希ちゃんとどなたになるのか

何となく想像はつきますけど、今はまだ考えたくないかな。

次世代宝塚の顔ぶれを想像するに、しばらくは「ことひとコンビ」中心の観劇になりそうです。

お二人が退団されるその瞬間まで、ファンとして陰ながら応援しようと思います!

でわ!

励みになりますので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-星組
-,

Copyright© ZuccaZucca , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.