はじめての宝塚

特集! 組カラー

 

こんにちは〜むーです^^

 

今日は、『各組の特色について』書いていきます。

 

というのも、

 

『宝塚に興味出てきたけど、どの組の公演を見に行くべきかわからない』

 

という初見の方もいらっしゃるので

 

どの組がどんな方に合っているか、解説していきたいと思います!

  

スポンサーリンク

宝塚の『組』とは?

 

とりあえず組の説明をしますね。

 

宝塚歌劇団には

 

組 組 組  組 と 

 

にわかれています。

組はそれぞれのカラーがあります。

これから説明します。

 

 

 

組 〜ダンス組〜

 

花組は宝塚歌劇団創立当初からある組です。

なので、

 

宝塚の伝統を守り継承しているダンスの花組

 

とも言われています。

 

花組は The正統派男役 の集団。

 

男役の美学が脈々と受け継がれていて最も宝塚らしいです。

 

彼女たちが踊る黒燕尾はまさに圧巻の一言です。

(黒燕尾をご存じない方は下記画像を参考にどうぞ!)

 

また、ダンスの花組と言われるだけあり、

数々の歴史的なショー(宝塚ではお芝居の後にショーがあります)

を世に送り出してきた組でもあります。

 

花組の娘役さんはスター素質のある方が多く、こちらも伝統的な娘役を見ることができると思います!男役さんに寄り添いながらも自分らしさ、美しさを出す娘役さんがおいので、見ていて非常に見応えありです!

 

真矢みきさん蘭寿とむさんがトップを務めた組でもあります。

 

初見の方で、

宝塚の原点や伝統を見たい!

という方は花組がおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

組 〜芝居の月組〜

 

花組同様、宝塚創立当初からある組です。

 

花組にように伝統を受けつつも

 

お芝居で魅せる月組

 

です。

 

月組は娘役男役関わらず、人間味あふれる濃厚な舞台を作ります。

以前インタビューで聞いたのですが、一人一人役に向き合う時、その役の人生を自分で作りながら役作りを進めていく方が多いそうです。

 

なんとなくですが、芝居がうまいと思うジェンヌさんは月組出身であることが多いです。

 

そして、『ベルサイユのばら』『風とともに去りぬ』の初演をとった組でもあります。

 

なので名作を上演する組でもあります。

 

最近だと、『PUCK』『1789〜バスティーユの恋人たち〜』『舞音』など、

とても良かったです。(舞音とか泣きまくりました)

 

OGでは天海祐希さん、真琴つばささん、涼風真世さんなどスターを多数輩出している組でもあります^^

 

初見の方で

人間味溢れるお芝居が観たい!

という方には月組をお勧めします。

 

 

スポンサーリンク

組 〜コスチュームの星組〜

 

宝塚歌劇に4番目にできた星組。

比較的に新しい組です。

 

星組はとにかく熱く、体育会系です

舞台を見ていてもどの組よりもギラギラした熱気を感じます!

あと男臭ささへ感じる舞台でした。

 

また、個性的なトップさんが多く、

『メイちゃんの執事』『巡り合いは再び』など、コスチュームものも多いです。

 

全トップ柚希礼音さんまではこの傾向が非常に強かったのですが、

 

現トップ 北翔海莉さんになってからはこの傾向が薄らいできたと感じています。

 

これから星組がどのような組になるのか非常に楽しみです^^

 

なので初見さんで

華やかで熱い舞台を見たい!

と思う方は

星組がおすすめです!

 

 

組 〜日本物の雪組〜

 
 

、月組の次に誕生した雪組。

 

日本物の雪組と言われています

 

一時期日本物から離れていた時もあり、(エリザベートの初演は雪組です。)

 

前トップの壮一帆さんがトップになってから、日本物の雪組が復活

 

壮さんはトップ期間が短いものの、日本物の名作を宝塚に残していったと思います。

そしてその流れを受け継ぎ、現在は早霧せいなさんに受け継がれ今も継承されています。

(「星逢一夜」は名作でした。。) 

 

着物の着こなし、お化粧、日本物独特の所作に立ち回り等、日本物特有のあらゆることをしっかりと受け継いでいる組が雪組なのです。

 

なので、『宝塚の日本物が見たい!』という方には必見です。

 

組 〜ビジュアルの宙組〜

 

宙組は一番新しくできた組であるため、まだ組の特色が定まっていない傾向にあります。

 

逆に言えば、いろんな作品に挑戦し続けている組です。

 

どこかのサイトで「コーラスの宙組」と紹介している方もいらっしゃいましたが、ん〜?って感じです。

コスチュームもの〜古典作品まで幅広くこなしています。

また、容姿端麗な方が宙組に集うイメージがあります。

特に前トップの凰稀かなめさんから今に至るまでその傾向が更に強まっていると感じています。

 

宙組の最大の魅力はビジュアルと組カラーに囚われないところだとおもいます!

 

なので初見さんで

とりあえずイケメンみたい!

という方は宙組をお勧めします^ ^

 

科 〜舞台のスペシャリスト集団〜

 

なかなか専科について説明しているブログないので説明します!

 

専科はどこの組にも属さず、いろんな組から一芸に秀でた方が集まった正に

舞台のスペシャリスト、エッセンス

なのです。

 

専科の方々は単独公演を持つことは年に数回もないですが、その舞台は各組の良いところを凝縮したような素晴らしい出来のものが多いです^ ^

いろんな公演に出演されており、結構重要な役をされます。

 

舞台に専科さん1人いるとこんなに舞台に厚みがでるんだ!

と驚いたこともあります(*^^*)

なので

熟練のタカラジェンヌの舞台がみたい!

という方は、是非専科公演を見に行ってにてください!

 

まとめ

 

f:id: :20160323101624p:image

 

如何だったでしょうか?

それぞれ異なったカラーを持っていますので、その組のカラーに合った作品を見に行くとハズレはないと思います^ ^

 

みなさんのヅカライフが充実しますように( ・⊝・ )💓

でわ!

*日本ブログ村ランキングに参加中。
ポチッと押していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村