はじめての宝塚

宝塚歌劇団のリセールシステムについて勉強してみた

スポンサーリンク

おはようございます。

む〜です。

一昨日の夜発表された宝塚歌劇団のリセールシステム開始のご案内、皆さんはもうご覧になりましたか?

発表された時は「遂にこの時がきた〜!!」と喜び勇んで早速ホームページを見にいったのですが、よくわからない部分もあったりしたので自分用にわかりやすくブログにまとめておきます。

もし、私のように「リセールシステムの仕組みがいまいちよくわからん!」って人はよかったら見てってください〜。

スポンサーリンク

大きな一歩!ありがとう宝塚歌劇団!

いつも劇団に対して文句ばかり垂れている私ですが(いつもいつもすいません)、このリセールシステム運用開始に関しては素直に劇団に「ありがとうございます!」と言いたいです。

このブログでなんどもリセールシステムの必要性を訴えてきましたが、その訴えが劇団に通じたのか(私の意見なんて全く関係ないと思いますが笑)遂に転売防止への第一歩を踏み出したのだと思うと本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

これによって高額転売撲滅にまたひとつ近づけたのは確かですから!

ということで、まずは宝塚歌劇団にありがとうを言わせてください。

スポンサーリンク

公式チケットトレードリセール「チケトレ」について

今回、宝塚歌劇団が公式のリセールシステムとして利用することが決まったのが「チケトレ」というサイト。

皆さんはもうサイトをご覧になりましたか?

大元は「チケットぴあ」などを運営しているぴあ株式会社なので信用できるサイトですね。

取引できるチケットは?

宝塚歌劇団はこのサイトで取引できるチケットを下記のように表現しています↓

当社より案内している販売窓口で購入したチケット

これをみたとき、アホな私の頭には「?」がいくつも浮かびました。

"販売窓口で購入したチケット"ってどのチケットのことでしょう?

宝塚歌劇団のチケットはいろんなルートで手に入ります。(詳しくは当ブログのチケットの取り方をご参考ください)

https://www.zuccazuccamu.com/takarazuka-first/2016-03-04-002723

多岐にわたるチケット購入ルート。

どこから購入したチケットが"販売窓口で購入したチケット"としてみなされるのでしょうか?

この言葉通り受け取るのであればリセールシステムでリセールが可能なチケットは

  1. 宝塚友の会で購入したチケット
  2. 劇場のチケットカウンターで購入したチケット

この2種類のみになるのではないでしょうか?

もし本当にそうなのだとすれば、リセール、トレードできるチケットって結構限られているような気がするのですがこの認識であっているのでしょうか?

スポンサーリンク

出品する側が負担する手数料

出品する側の流れと手数料負担について見てみましょう。

出品する側のメリットとしては、高額転売しなくて済むこと(価格競争しなくていい)、公式でリセールできること、第三者を挟んでやりとりできることでしょうか?

個人的には第三者を挟んでやりとりできるので、金銭トラブルの心配がないのが一番のメリットですね。

流れについては「チケトレ」公式を見てもらうとして、ここではわかりにくかった手数料について書いていきます。

例えば、東京宝塚劇場の花組公演「青い薔薇の精」S席1枚をリセールする場合、出品者側が下記の手数料を負担することになります。

取引手数料:9500円×10%=950円

送金システム手数料:一律380円

送料:出品者負担の場合

合計=1,330円+送料

定価プラス手数料分として1,000円以上はかかります。

余った(行けなくなってしまった)チケットを定価で売る代償として1,000円以上手数料がかかってしまうのはこのシステムの利用率を下げる要因になりそうです。

まぁ要は「チケットは自分に必要な分だけ買えよ」「チケットを購入した以上はできるだけ見に来いよ」ってことなんでしょうね。

どうしても行けなくなってしまった時は全額無駄にするよりは1000円以上の手数料をかけてリセールしましょうねって感じかな〜。

リセールシステムを設けてくれたのはとても嬉しいけど、この手数料でどれだけの人が利用するかが今後の課題になりそうです。

購入する側が負担する手数料

一方で購入する側が負担する手数料についてです。

同じ条件のチケット(東京宝塚劇場の花組公演「青い薔薇の精」S席1枚)を購入する場合、どれだけ手数料がかかるのでしょうか?

取引手数料:9500円×10%=950円

決済手数料:9500円×3%=285円

送料:510円(購入者負担の場合のみ)

合計=1,745円

手数料だけ見ると「高っ!」と感じますが、巷に流れている高額転売のチケットよりも断然安く購入できます。

出品する側にとっては損なことが多いチケットリセールシステムですが、購入する側からすると「手に入らなかったチケットをプラス2000円弱で購入できる」と考えれば悪くない話だと私は思います。

手に入らなかったチケットを定価で購入できるなんて上手い話がこの世に転がっているわけありませんもんね。

勉強した結果、購入するときに利用しようと思った

今回、改めてリセールシステムについて勉強した結果、このシステムは購入するときに利用しようと思いました笑

まずもって出品できるほどチケットが取れていないこともありますが笑

手持ちチケットをこのサイトを通してリセールする旨味を私はまだ感じられないからです。

できる限り友人・知人間で定価でチケットをお譲りできるか試みて、それでもダメだったら公式リセールシステムを利用するくらいの位置づけになりそうです。

もう少し手数料が安いと利用しやすいんですけどね・・難しいなあ。

皆さんは利用しますか?

でわ〜。

励みになりますので、ポチッとお願いします。 にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-はじめての宝塚

Copyright© ZuccaZucca , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.