チケットの取り方

チケット掲示板「おけぴ」で宝塚歌劇団のチケットを譲渡・購入するときの注意事項

おはようございます。

む〜です。

Twitterでこんなお問い合わせを受けました。

 

「チケット掲示板の「おけぴ」って安全ですか?」

 

安全か安全じゃないかの基準って難しいので安易に「安全ですよ!」なんて言えません。

それこそ無責任ってもんでしょう。

 

ということで今日はヅカヲタがよく利用するであろう「おけぴ」を私が利用するときに

  • 購入時に気をつけていること
  • 譲渡方法

などをご紹介します。

スポンサーリンク

チケット掲示板「おけぴ」とは?

そもそも「おけぴ」ってなに?という方のために簡単に解説。

チケット掲示板「おけぴ」は「おけぴネット」のチケット譲渡掲示板のことを指します。

おけぴのモットーは管理者曰く、

おけぴのモットーは「満席応援空席救済」。
取材レポ観劇会会員チケット販売といった「劇場の満席を応援するサービス」や、定価以下限定のチケット掲示板託しますサービスなど「空席を救済するサービス」を提供しています。

一部引用:おけぴネット

だそうです。

なので高額転売はこのサイトでは行われていません

定価以下限定(抱き合わせ可)でチケットの譲渡ができるので「チケット流通センター」や「チケットストリート」を使わなくても定価(もしくは定価以下)でチケットを購入することが可能です。

公式リセールシステムが完備されていない宝塚のチケットはこちらで譲渡したりする方も多いのではないでしょうか?

私も昔からよくお世話になっているサイトです。

譲渡の流れ

譲渡する場合は

  1. チケット掲示板「おけぴ」に新規投稿
  2. 「託しますサービス」を利用する

このどちらかの方法を選択することになります。

各方法の流れについては「おけぴ」公式サイトでご確認ください。

*どちらの方法でもチケットの発券手数料や振込手数料、システム手数料を上乗せすることはできませんので要注意です(送料負担は明記すれば①、②どちらの方法でも請求可能です)

チケット掲示板「おけぴ」に新規投稿する方法

①チケット掲示板「おけぴ」に新規投稿する方法のメリットは下記3つです。

  • 定価でチケットを譲れることが多い(定価割れしなくて済む)
  • 譲渡先が決まるまでチケットを手元に置いておける
  • 譲渡先と細やかな連絡(受け渡し方法・振込先などなど)を取ることができる

この3つが②「託しますサービス」を利用する方法との大きな違いでありメリットだと感じます。②のメリット・デメリットについては後述しますのでスクロールして下の方をみてください。

逆に①のデメリットはこんなことを挙げられると思います。

  • 自分で譲渡先とやりとりしないといけない(各種交渉は全て自己責任)
  • 郵送・振込の際に個人情報を開示しないといけない

当たり前のことですが、チケット譲渡に関する交渉は全て自己責任で行います。

ドタキャンされようが詐欺に合おうが基本は自己責任なので何かあったら泣き寝入りというデメリットがあります。

そして各種手続きに伴って必要とあらば個人情報の開示(住所や名前など)が必要になってきます。

チケットのやり取りが面倒臭い
個人情報はなるべく人に教えたくない

という方は②「託しますサービス」を利用する方法をオススメします。

「おけぴ託しますサービス」を利用する方法

「おけぴ託しますサービス」はとにかく安全にチケットを譲渡したい人にオススメの方法です。(私は利用したことありませんが・・)

この方法のメリットは

  • 各種交渉は全て「おけぴ」が代行
  • 個人情報を譲渡先に知られることはない(券面に名前などが出ている場合は別)

この2点です。

①に比べてメリットが少ない気もしますが、①のデメリットを全て網羅しているのがこの方法最大の特徴。

この2点にメリットを感じる方はこの方法がオススメです。

逆にこの方法のデメリットですが、個人的にはこんなところが引っかかっています。

  • チケット買取サービスではないため、譲渡先が見つかった場合にのみ譲渡金の半額が戻ってくる。
  • チケットの譲渡先が見つからなかった場合、返金なし&チケット自体の返却もなし。
  • おけぴオフィスに送るための送料がかかる。

一番引っかかるのは「チケットの譲渡先が見つからなかった場合、返金もチケットの返却もないところ」。

これが一番嫌なんですよね〜。

手元にチケットがあればなんとかなるかもしれないのに、おけぴに預けてしまったばかりにチケット自体も返却されないのはかなり痛い・・><

もう捨て覚悟のチケットならこの方法を使うのもありだと個人的には思います。

スポンサーリンク

購入時に確認すること(注意事項)

定価以下で譲渡してもらえるといえども、ネットでのやりとりには変わりないので注意することはいくつかあります。

以下に私が「おけぴ」を利用してチケットを購入するときの注意事項を書いておきます。

*おけぴ会員・プレミアム会員ではない人向けの注意事項です!

  • 譲渡主がおけぴ会員か非会員かの確認
  • 譲渡主が会員の場合、入会してからの日数がどれくらい経っているか確認(日が浅すぎる人はちょっと警戒したほうがいいかも)
  • 危険度チェックツールで譲渡主の振込口座・メールアドレス・電話番号を確認する
  • お問い合わせ後、意思疎通がしっかり取れるか確認
  • 「入金お取り次ぎサービス」(手数料630円)の利用は可能か確認する

めっちゃいっぱいあるけど笑

私はチキンなのでこれらを全て確認してからチケットの売買に挑みます。

入金お取り次ぎサービスは嫌な予感がしたとき(と言ったら失礼かもしれないけど、顔が見えないお取引なので許してくれ!)に利用します。トラブル回避のためならば、630円の出費(購入者側が負担します)は致し方ないです。

スポンサーリンク

安全にお取引できるかは自分次第!

冒頭で書いた質問に対する答えはこれです。

「安全にお取引できるかは自分次第!」

安全にお取引しようとするとそれなりにお金もかかるし、デメリットもあります。

逆に諸々の安全よりも譲渡方法の自由を優先させた場合はそれなりに危険を伴います。

自分にでいる範囲でチケットの譲渡・購入に臨みましょう!

でわ〜。