はじめての宝塚

礼真琴・舞空瞳がプレお披露目する「東京建物Brillia HALL」ってどんな劇場?

おはようございます。

む〜です。

GW、どこも行かないし暇すぎるのでコットンコンビのお披露目となる「東京建物Brillia HALLについて事前調査をしてみました。

今まで行ったことがない、というか2019年11月1日から運営が開始されるこの劇場。

一体どんな劇場なのでしょうか?

スポンサーリンク

<アクセス>池袋駅から直結はむり?

新しい劇場ということで一番気になるのは「アクセス」。

どうやって劇場まで向かえば良いのかわからないと元も子もありません。

渋谷ヒカリエは渋谷駅直結ですが、あそこでさえ私は迷ってしまいます笑 直結なのに笑

「直結でなければ尚更迷ってしまう〜」ということで調べてみました。

画像引用元:東京建物 Brillia HALL公式HP

ブリリアホールはハレザタワーの真ん前!

池袋東口(イケフクロウのいる出口です)を出て明治通りに沿って左にずっと歩いていけば辿り着くというとってもシンプルな道順です。

池袋東口からハレザタワーまでは徒歩5くらいみておけばいいと思います。

 

でもね、残念ながら駅直結ではなさそうなんですよね・・・。

雨の日や風が強い日でも一度地上に出て歩いていくしかないのが残念><

池袋から地下通路伸ばしてくれるんじゃないかな〜と勝手に思っていたんですけど笑

ま!しょうがないか!

<座席表>座席数は1200席!3階席あり!

アクセスの次に気になるのは座席ですね!

もしかしたらこっちの方が気になっている人が多いかもしれませんね。

ということで気になる座席表はURLを下に貼っておきます。

東京建物 Brillia HALL-座席表

この座席表をみてまず驚くのはオーケストラピットが設置可能になっていること!

宝塚歌劇の魅力の一つに「生オーケストラ」も含まれているので、せっかくなら小劇場でも生オケを聞きたいですよね。

でもオーケストラピットを設置する場合、一階前方3列(A~C列)は客席と使用できないので通常の客席数(1200席)よりも約100席少ない状態で席販売されてしまうのでそこが悩ましいですよね〜。

 

まぁ私が悩んでもどうしようもないんですけど笑

 

宝塚歌劇団がオーケストラピットを使うのか、使わないかによって一公演あたり100人の「見れる・見れない」が決まるので超悩んでほしいです。

 

そして、この劇場は3階席まであります。

席割りは一体どうなるんでしょうか?

スポンサーリンク

<座席表>S席・A席の席割りは?

梅田芸術劇場はS,A,Bの3種類で展開されている席種ですが、ブリリアホールではS,A席のみの販売になっています。

シアターオーブの時(雪組「20世紀号に乗って」)は、3階席まであるからかS,A.B席になっていたのですが・・・なんでブリリアホールは3階席もA席料金なんだ・・謎

3階席使わないってことはないだろうしなぁ。

私の予想では

  • 一階席 S席
  • 二階席 B列までS席、それ以降はA席
  • 三階席 A席

こんな感じの席割りになりそうな気がします。

スポンサーリンク

<トイレ>気になるトイレ事情

女性としては劇場のトイレ事情が気になるところ。

ベビールームは7階にしか無いようですね><

女性用も男性用もトイレは各フロア(1・4・6・7階)にあるようですが、各フロアのトイレにどれくらい個室があるのかはわかりません・・・><

東京宝塚劇場のようにいっぱいおトイレがあってくれると大変ありがたいのですが、あんなに女性用トイレが多い劇場ってなかなか無いですもんね。

4〜7階のトイレは大変混み合うことが予想されるので、開演前に一階のトイレかどこか他の場所のおトイレを利用するほうが安パイかも。

 

<飲食>お茶はバーカウンターを利用する

基本的にどこの劇場も劇場内での飲食は禁止されているので、こちらも同じだと思っていたほうが良いでしょう。

咳防止や喉の乾燥防止のためのお茶はバーカウンターで購入するか、劇場外のコンビニなどで購入したほうが良さそうです。

 

ちなみに、ブリリアホール内にはコンビニはありません!

ご注意ください。

どんな劇場なのか楽しみ!

新設の劇場なのでどんな劇場になるのかとりあえず楽しみですね!

宝塚以外の公演も面白そうだし。

私は渡辺直美ちゃんの『ヘアスプレー』も気になっています。

チケット取れるかはわからないけどね><

 

こっとんコンビの初日はまだまだ先ですが、新しい劇場もこっとんコンビの公演も楽しみにしたいと思います。

 

でわ〜。

*日本ブログ村ランキングに参加中。
ポチッと押していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村