日々の戯言

95期の怒涛の勢いはどこまで続くのか(瀬央ゆりあ・水美舞斗・月城かなと・朝美絢 ・桜木みなと編)

おはようございます^^

む~です。

 

あと2週間後には花組「はいからさんが通る」が上演されますね!

まだ再開する実感が湧きませんが、約2週間後には再開しているんですもんね。

 

なんだか不思議な感覚です。

 

そして本日は、今後の活躍が注目される”95期”について独断と偏見で語りまくります。

お時間ある方はお付き合いください。

 

花組:水美舞斗

kageki.hankyu.co.jp

同期の光君がトップ街道まっしぐらで走っていく影で、人知れず努力を続けてきたのがマイティーだと思う。

 

マイティーを陰ながら応援し始めてか何年経っただろう。

TAKARAZUKA夢眩でソロ歌唱をもらった時は大喜びしたけれど、激しいダンスの中でずれていく音程がどうしても気になっていた。

元々聞き取りやすい、いい声をもっているだけに残念でならなかった。

 

時が経つにつれてマイティーのがソロを貰う回数が増えるごとにその成長ぶりに静かに驚いてきた。

 

こんなに軽く歌える子だったっけ?と思わずオペラでおっかけてしまう。

セニョールクルゼイロは残念ながら見に行けなかったけれど、スカステニュースで放送されるたびに心を奪われていた。

 

水美舞斗という男役は真ん中がよく似合うスターだ。

 

センターに立つことによってより力を発揮できるタイプなのもわかっている。

しかし、同期の光くんの後にトップは難しいかもしれない。

 

それでもいい。彼女がセンターに立つ機会が今よりも多くあるのであれば、二番手でも三番手でもいい。

 

マイティーの輝く笑顔がみれれば立場なんてどうでもいいって思えてくるなんて素晴らしいですよね。

いい男役に成長したなと心から思いました。

月組:月城かなと

kageki.hankyu.co.jp

美しい・美しいいい芝居をする」これが彼女に対する私のイメージだ。

 

95期随一の美しさをもっているれいこさんはまだ自分の色を出し切れていないと思う。

 

そこが良さでもあるんだけれど、れいこさんにしかできない役を作れと言われると結構難しい。

れいこさんはなんでもできるし、何色にも染まれるけど、間違いなく「れいこさんにしか演じられない」と思える役には個人的にまだ出会えていない。

 

トップに必要なものってなんだろうと考えたときに一つ思いつくのは「個性

 

この人にしかできない!

この人にしか演じられない!

 

こう思わせる何かはとても必要なんじゃないかと私は考えている。

 

そんな考えをれいこさんに抱いている私が「ラスパ」を観劇した時に思ったこと。

この子は大器晩成型なのではないかなということ。

 

もしかしたらファンの方が望むよりもかなり時間はかかってしまうかもしれない。

けれど、彼女がトップになったら面白いんだろうなと感じさせる何かがあった。

 

ダイヤモンドと同じで、まだれいこさんの持っている特別な”何か”は周りの石に包まれている状態なんだけど、ラスパで隙間からキラリと光るものをみせられた。

 

彼女のお芝居って他のジェンヌさんにはない、心に残る何かがあると思うです。

その何かがなんなのか、私にはまだわからないのですが今後もれいこさんに注目しないといけないなと直感的に感じさせられました。

雪組:朝美絢

kageki.hankyu.co.jp

雪組に異動してから驀進しているあーさ。

月組の時よりもより洗練されているように思えるのは私だけだろうか?

 

歌もお芝居もダンスも、努力家のあーさらしく毎回着実によくなっているのを感じている。

 

月組時代は頑張っても3・4番手までかな?なんて思っていたけれど、このままだとトップも狙えるんじゃないかと最近思い始めてきた。

 

本当に、恐ろしい追い上げだと思う。

 

95期の中ではせおっちと同じ頃に出てきたはずなのに、芽が出始めてからの成長率が異次元レベル。

 

このまま頑張ってほしいのは勿論なんだけど、一点だけ。

 

やっぱり私は正統派あーさが好きかな笑

 

PICK UP!
no image
純朴な朝美絢くんをそろそろ観たい

続きを見る

 

ちゃらいあーさよりもイケメン正統派あーさのほうが好きなんです笑

星組:瀬央ゆりあ

kageki.hankyu.co.jp

お笑い方面に進みそうになっていたせおっち。

あまりにも素のせおっちが面白いため、お笑い方面に行ってしまうのかと思いきや

「阿弖流爲」で冷静沈着の美男子・坂上田村麻呂様を演じてから、かっこいい一面も見せてくれるようになりました。

 

特に主演作の「龍の宮」では、せおっちの純朴さを前面に引き出した、真っ直ぐすぎて儚い清彦を演じてくれました。

 

PICK UP!
瀬央ゆりあ、有沙瞳は今が一番素敵だった〜「龍の宮」スカステ感想〜

続きを見る

 

面白いせおっちが好きだった母は「カッコつけなくてもいいのに〜」とむくれていますが、

せおっちはもっとかっこよくなる可能性を秘めている未知数なジェンヌさんだと思います。

 

今、その才能が開花しつつありますがこの才能に本人が気づいて急成長した時は向かうところ敵なしでしょう。

 

あーさと同じく他の95期生に比べると遅咲きだったかもしれませんが、まだまだ伸びしろは十分あります。

 

いま最も目を離せない95期生ですね。

宙組:桜木みなと

kageki.hankyu.co.jp

 

大きな変化は感じないかもしれないけれど着実に成長を遂げていると感じるのはずんちゃんだ。

間違いなく彼女は毎公演成長している。

 

他の同期に比べるとパッと人目をひくような華はないかもしれないけれど、

お歌もダンスもお芝居もバランスよく(どれかが突出しすぎることなく)成長できている。

個人的には超優良株だと思っている。

 

だからこそ「壮麗帝」は絶対見に行きたかったのに・・・本当に残念です><

 

私は「神々の土地」のゾバール役からずんちゃんのお芝居が大好きで。

彼女のお芝居を見ていると心の琴線に触れられているような気さえするのです。

 

ウサギとカメじゃないけれど、ずんちゃんはずんちゃんのペースでいい

きっと素晴らしい男役になるだろうから今は焦らず、己の道を歩いてほしい

 

うまくいけば2番手までは行けると思うし。

祐飛さん似のずんちゃん、応援してます^^

今後も目が離せない!

こうやって95期のメンバーについて語ると宝塚を見たくなりますね。

95期って今の宝塚を体現している方々だと今回改めて感じました。

 

早く宝塚見たいから頑張って今日も働く!!

それではまた明日^^

励みになりますので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

-日々の戯言
-, , , ,

© 2020 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5