日々の戯言

2019年、全力で追いかけるジェンヌを本気で厳選した〜鳳月杏・礼真琴・明日海りお・海乃美月・愛月ひかる〜

スポンサーリンク

f:id:zuccazuccamu:20190202111120p:plain

おはようございます。

む〜です。

 

もう2月になってしまったのですが、あの企画をやっていないことに気づきました。

 

 

2019年、全力で追いかけるジェンヌさんをご紹介してみよー企画

 

だれの特にもならないかな企画ですが、私の2019年の指針を決めるためにも一度まとめておこうと思います。

 

私が追いかけたいジェンヌさんの定義は

 

この人が出演する舞台は全て見に行きたい!

 

というざっくりしたもの。

 

だから"追いかけたい"ジェンヌと表現しました。

言い方変えれば魅せられたジェンヌさんの方が正しいのかもしれません。

 

ストーカー行為ではないので悪しからず。

 

それでは今年の追いかけたいジェンヌさんをご紹介します!

 

*既に退団発表されている仙名彩世・美弥るりか

 

[contents]

 

スポンサーリンク

鳳月杏

まずはこの方、ちなつ様!!

歌、ダンス、芝居全てにおいてハイレベルな男役さんなので追いかけないわけにはいきません。

 

ちなつさん独特の渋みも個人的萌えポイント。

彼女のちょっとした仕草から色香と渋みを感じます。

 

今回の人事で花組から月組に戻ることが決定した彼女。

 

花組で男役らしさに更に磨きをかけた今だからこそ見れる鳳月杏の男役姿を楽しみに劇場に足を運びたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

礼真琴

星組の無双といえば彼女、礼真琴でしょう。

完璧すぎてちょっと怖くなる時もあるのですが、抜群の安定感の中でチラチラ見えるあどけなさが可愛いジェンヌさんです。

 

歌、ダンスにおいては宝塚歌劇団の中でもハイレベルな技術を有しており、星組内でもそのレベルの高さはずば抜けています。

 

2018年でトップの風格を身につけた彼女が2019年ではどんな一面を見せてくれるのか。

 

完璧の先へ向かう彼女の姿を追いたいです。

 

 

明日海りお

トップになってから何年も経っていますがまだ"見たい"と思わせてくれる舞台を提供してくれるのが明日海りお。

 

情動によって成り立つ芝居の繊細さ・新鮮さを保ったまま、舞台の外にいる観客に伝える。この術に長けているのが彼女ではないでしょうか。

 

今のところ彼女以上にこの点で優っているジェンヌさんは見たことがありません。

 

明日海りおは歌の人でもあり、芝居の人でもありますが、どちらかといえば宝塚随一の芝居の人だと私は考えています。

 

彼女の芝居を観ることは彼女の心を見ること。

 

どんなスカステ番組・インタビューよりも彼女自身の気持ちを感じるのは舞台上だけです。こんなジェンヌさん、珍しいです。

 

だから今年も彼女の舞台を追いかけたいですし、彼女の心のうちに秘められた何かを垣間見たいのです。

 

スポンサーリンク

海乃美月

仙名彩世様と桜咲彩花様が退団発表をされた今、最も”追いかけたい”と思う娘役は海乃美月です。

 

彼女の舞台は歳を重ねるごとに透明感が増していっているように感じます。

まるでスケルトンの人体模型を見ているよう。

 

明日海りお様とはまた別の意味で気持ちが透けて見える、彼女のイメージしている役が透けてこちらに伝わってくる娘役さんです。

 

歌唱面では昔のようなか弱い歌い方から力強さを増して、一層真に迫るような訴求性の高い歌を観客に提供できるようになりました

 

宝塚歌劇団に在籍していることがもはや奇跡のように感じる彼女。

いつまで彼女の研ぎ澄まされた娘役芸を見れるかわかりませんが、私は最後まで見守りたいと思います。

 

愛月ひかる

この度、宙組から専科に異動することが決定していた愛月ひかる。

 

彼女が専科として初出演を果たすのは、星組「アルジェの男」です。

 

専科へ異動すると普通は(というかこれまでの傾向を見ると)一定期間お休み期間を頂いてから活動するものの、彼女はそうじゃない。

専科に異動してからほぼ休息期間を置かずに専科としての活動を開始します。

このあたりに彼女のやる気と覚悟を感じるし、私はそんな彼女をどこまでも応援しようと決意を固めました。

 

専科としての愛月ひかる。

正直に言ってしまえば、彼女は出演することによってその公演のイケメン指数・演技力指数は段違いに跳ね上がるはず。

 

彼女のスター性・今まで培ってきた技術はどこの組に行っても遺憾無く発揮され、専科に行ったからいって保守的になることなく、寧ろ今までよりも積極的な攻めの芝居を見れること間違いなしです。

 

そんな彼女を今追わずしていつ追うのか!?

私は今年も全力で愛月ひかるの男役像を追いますよ!

 

今年は花・月・星中心の観劇になるかな?

 

本気で厳選した結果、頭にパッと浮かんだ5名を紹介させていただきました。

パッと浮かぶということは、おそらく「最も気になっている方々」だと思うので、かなり気合を入れて紹介しちゃいました。

 

この5名に関してならお一人当たり3000文字以上かけちゃう気もする。

それくらい今年「絶対に観たい!」と感じている方々です。

 

皆さんが「今年はこの方を全力で追いかけるぞ!」と意気込んでいる方がいたらぜひ教えてください^^

 

でわ〜!

 

励みになりますので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-日々の戯言

Copyright© ZuccaZucca , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.