日々の戯言

宝塚のファンクラブ(会)に入会してよかった3つのこと~会員の特権~

 

f:id:zuccazuccamu:20190214194437p:image

 

おはようございます。

む~です。

 

先日書いた、”「宝塚のファンクラブ(会)を辞めてよかった」と思っている女の話” という記事に想像以上の反響を頂き驚いております。

 

 (記事はこちらからいつでもお読みいただけます)

www.zuccazuccamu.com

 

ブログを書いている者としては、多くの方に自分の書いた記事を読んでいただいた事実に嬉しさを感じずにいられませんが、宝塚ファンとしてはファンクラブのマイナス面を正直に書いてしまってよかったのだろうかと思ったり。

 

反響が大きかった分、複雑な気持ちになりました。

 

そして、あの記事をきっかけにTwitter上で沢山のDMをいただくようになりました。

その内容の99%が共感の声だったり、賛同の声だったり、相談事だったりで、、。

 

「こう思っているのは私だけかもしれない・・」とずっと思っていただけに、同じような思いを抱えていた人たちがこんなにいたことに驚きを隠せませんでした。

 

前回、ファンクラブ(会)のマイナス面を大々的に取り上げた以上、「入会していてよかったこと」もしっかりとりあげるべきなのでは・・?と私なりに悩むようになりました。

 

私の前回の記事では一切の嘘偽りの内容はありません。

すべて私が経験し、感じたことです。

私があの記事で伝えたかったことは

 

”ご贔屓様の応援の仕方は色々ある”ということ。

”ファンクラブ(会)は楽しいだけではない。あわない人も勿論いる”

 

ということでした。

 

しかし、私の記事をファンクラブ(会)の一面(もしくは一部)として捉えずに、ファンクラブ(会)のすべてだと捉えてしまっている人もいるようなので、今日は入会してよかったことも書いてみます。

 

 

スポンサーリンク

直接お話を聞ける

 

私が一番嬉しかったのは「直接お話を聞けること」。

いつもは劇場全体に向かって、もしくは世間に向かって言葉を発しているジェンヌさんが、ごく限られた人に向かって言葉を発する機会がファンクラブにはあります。

 

私はその瞬間にプレミア感を感じていました。

 

私個人の感覚なので皆さんにご理解いただけるか分かりませんが、

 

大衆に向けて「ありがとう」と発された言葉

限られた人数に向かって「ありがとう」といわれた言葉とでは

 

受け取り方が変わる気がするのです。

 

ジェンヌさんご本人は同じ気持ちで発されているお言葉かもしれませんけど、なんでしょうね。プライベート感が増す気がするのです。

 

大衆紙で「いつも応援してくださり、ありがとうございます」といわれるよりもファンクラブ会員限定のお茶会やイベントなどで「いつも応援してくださり、ありがとうございます」と言っていただいたほうが「よし!明日からもがんばって応援しちゃおう!」と思いますから笑

 

不思議なことですけど私はここで「会員としての特権」をいつも感じます。

 

チケット購入のルートになる

 

原則、ファンクラブ(会)に入会している場合はファンクラブ経由でチケットを購入することになります。

 

ファンクラブからチケットを購入すれば貢献度も頼んだ枚数に応じてあがりますし、まわりまわってジェンヌさんのチケット捌きにも貢献できるからです。(当然ですが、チケットを捌けるジェンヌさんは劇団内でも重宝されます。)

 

私もファンクラブに入会しているときはチケットの購入先をファンクラブに絞り、できるだけ多く枚数を申し込んでいました。

 

金に物を言わせるやり方(ファンクラブは前払いが基本)ではありますが、とりあえず数打てば当たるの要領で観劇できそうな日は殆ど希望を出していましたね。今思えば超がんばっていました笑 独身だったし、自由も今より利きました。 チケット取りに関しては←

 

勿論、お断りも大量にありましたがそれでも観劇はしっかりできていました。

 

ファンクラブを辞めてからはチケット購入ルートの模索を初心者レベルで始めないといけないのが本当に辛かったですね・・涙 生まれたての小鹿のようにワナワナ震えながらネットサーフィンしてました。

 

ということで。

 

観劇日の3日前にチケットお断りメールがくるシステムさえ改善してくれれば、会のほうがチケット購入は楽でしたし、チケット購入を通じて微力ながらもジェンヌさんに貢献できているという嬉しさはありました!

 

スポンサーリンク

毎回お茶会のアナウンスが来る

 

お茶会に参加する方法って4パターンあるんです。

 

  1. ファンクラブに入って案内をもらう
  2. 会員さんに誘ってもらう
  3. ジェンヌさんにお手紙を送って、お茶会の案内状をもらう
  4. チケットだししている会員さんにお茶会の案内状をもらう

 

非会員さんだと2,3,4の方法でお茶会に参加することになるので、「お茶会に参加したい!」と思ってもなかなか敷居が高くて躊躇される方も多いかと思います。

 

ファンクラブ(会)であれば、わずらわしい(といっては失礼ですね)ことは何もなく、お茶会があればファンクラブ側から連絡が来るのでそれに従って申し込むだけだったのでとても楽でした。

 

「○○さんのお茶会、次はいつだろう?」

「次のお茶会はどこで行われるのかしら?」

「何時から始まるのだろう?」

 

ファンクラブに入っていないと知れない情報も沢山あるので、「ご贔屓様のお茶会に毎回参加したい!」という方はファンクラブに入ったほうがより正確な情報を知ることができますし、お茶会参加の手間も省けます^^

 

スポンサーリンク

ディープなファン活動をしたいならファンクラブはおススメ!

 

金銭的にも時間的にも余裕があるのであれば、ディープなヅカヲタ活動を希望される方にはファンクラブ入会はおすすめです。

 

会員のみが享受できるメリットもありますし、ファンクラブならではの楽しさもあります。

 

私は結果的に「合わない」と思いファンクラブから離れましたが、向いている方には向いている世界であることは確かです。

 

人の言葉を鵜呑みにせず、まずは自分で体験して「合う・合わない」の判断をしてください。

 

でわ~。

*日本ブログ村ランキングに参加中。
ポチッと押していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村