日々の戯言

2019年度版「宝塚おとめ」を一読して胸が苦しくなった。

おはようございます。

む〜です。

やっとの思いで「2019年度版 宝塚おとめ」を購入してきましたよ〜!

自宅付近に「おとめ」を置いているような大きな本屋さんがないので手に入れるのが遅くなってしまいましたが、今年も「2019年度版おとめ」を熟読して気になった方々をこのブログで紹介していこうと思います。

ということで本日は。

 

2019年度版宝塚おとめを一読した感想

 

を書きます。

昨年から今年の初めにかけて衝撃的な人事異動が相次いだ宝塚歌劇団。

激動の人事異動を経て発表される今回のおとめを「何も感じずぼーっと読め!」という方が難しいでしょ。

見ているといろんな思いが込み上げてたので今回は「2019年度版 宝塚おとめ」全体の感想を書きます。

スポンサーリンク

ZuccaZucca流「宝塚おとめ」の楽しみ方

昨年、多くの方に読んでいただいた記事の一つとして、「宝塚おとめ」の楽しみ方があります。

宝塚おとめを手に取るのは今回が初めて!

という方は参考までにご一読くださいませ。

皆さん、おとめはいいですよ!(回し者ではありません←)

「宝塚おとめ」の楽しみ方(2019 年度Ver)マイバイブル、宝塚おとめ!! 皆さんはもうご購入されましたか? 実は私、いままで購入に踏み切ったことがなかったんです笑 ...

表紙は望海風斗さん。とりあえず泣く。

今回の表紙は、雪組トップスターの望海風斗さん。

 

View this post on Instagram

 

おとめ、全部読んだ。 色々泣けてくるよね〜。 明日ブログにまとめよ。

Instagramu_さん(@zuccazuccamu)がシェアした投稿 –

おとめの発売が決まった時点でだいもんが表紙になることは知っていたけど、いざ本屋さんでだいもんの彫刻のような美しいお顔を見ると熱いものが込み上げてきて思わず泣いてしまいそうになりました。

冷静に考えたら本屋さんで「宝塚おとめ」を凝視しながら涙目になってる女ってかなり怖い笑

でもね〜。実際に「おとめの表紙になっているだいもん」を見るとすごく感慨深いものがあったんですよね。

私、彼女が「ファントム」でリシャール役を演じている時から彼女を応援してるんですけど、あの当時は彼女が「宝塚おとめ」の表紙になるなんて全く思っていなかったんです。

「いつかトップになって欲しい!」とは思っていましたけど、おとめの表紙に抜擢されるなんてなぁ。

私の中で おとめの表紙=宝塚歌劇団の顔 というイメージがあるので尚更感じるものがありました。

まだまだ語りたいけど、とりあえず今年の表紙に関する感想はここまでに留めておきます笑

際限なくいつまでも語れてしまいそうなので笑

スポンサーリンク

愛月ひかるさん、専科ページに移動。

「おとめ」を開いて最初に紹介されているのが専科さんなのですが、そこにもう愛月ひかる様が入っていました。当たり前ですけど。

今まで愛ちゃんのプロフィールは「おとめ」の一番後ろ、「宙組」ページで紹介されていたのに今年からは一番前の「専科」ページで紹介されている・・・。

分かってはいたけど、やっぱり切なくなりました。

相変わらずかっこよくてセクシーなグイド司教が専科ページに載っているのが今だに信じられなくて。でも事実だから受け止めないといけないんだなと・・。ようやく実感しました。

隣ページに写っている世界の彼氏・ミツル様が今集めているものが「インディアン・ジュエリー」ということに衝撃を受けつつも笑 愛ちゃんの専科入りを現実的に受け止める機会になりました。

愛ちゃんの舞台、早く観にいきたいよぉぉぉ涙

スポンサーリンク

スターポートレートに華優希ちゃんが。

私、初めて知ったのですが次期トップ娘役が発表されている場合は「スターポートレート(p164)」に載るんですね。

ゆきちゃん(仙名彩世)のページの後ろにもう華ちゃんが写っていて驚いてしまいました。

それと同時に「嗚呼。ゆきちゃんもう辞めちゃうのね」と悲しくなったり。

時代が移行する瞬間を写真で実感させられました。

愛ちゃんの異動といい、ゆきちゃんの退団といい。

今年の宝塚おとめで現実を突きつけられるものが多くて色々ショックです(いまさら)

千海華蘭くんがめっちゃ上級生になってた。

もう一つ驚いたことが一つ。

カランくんがめっちゃ上級生になってたこと。です。

ベテラン上級生が去年ごっそり抜けてしまった月組なのでコレも当たり前のことなのですが、まさかこんな前のページにカランくんが載っているなんて!

ちょっと衝撃です。

というか。

カランくん、全然老けない!!笑

失礼を承知で書くけど、研14には全然見えない!若い!!

研究科5年生ですって言われても違和感がない驚異のベビーフェイス。

彼女の舞台上での立ち振る舞い、実力を知っているので気安く「若い!」なんて言ってはいけないことも重々承知なのですが、群を抜いて若々しいのでつい語りたくなってしまいました。

ほんと、永遠の18歳って公言していいと思う、カランくん。

明日は気になるジェンヌベスト10を発表!

朝から熱く「おとめ」について語ってしまいました。

明日はいよいよむ〜の気になるジェンヌベスト10です。

今年は一体誰がピックアップされるのでしょうか・・・?

お楽しみに^^

GWまであと4日!頑張りましょ。

でわ〜。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

*日本ブログ村ランキングに参加中。
ポチッと押していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村