日々の戯言

宝塚歌劇に非公式ファンクラブは必要か?〜変わるもの、変わらないもの〜

おはようございます。
むーです。

つい先日も報道されましたが、また宝塚友の会会員がチケット転売で逮捕されましたね。

今日はこのニュースを受けて、宝塚歌劇団の非公式ファンクラブのこれからについて考えてみました。

 

スポンサーリンク

グレーな存在になりつつある非公式ファンクラブの存在

ここ最近は宝塚友の会も会員規約を一部変更したりするなどして徹底的に転売防止に努めています。

今までにないほど転売対策に力を入れてくれているのは嬉しい限りなのですが、ここでますます存在がグレーになってくるのが

 

宝塚歌劇団とは一切関係ない団体とされている生徒さん個人の非公式ファンクラブ

 

転売対策に力を入れる前の宝塚では非公式ファンクラブは名前の前に『非公式』と書いてあるものの、暗に『公式』のような力を持っていたと思うのです。

宝塚友の会で全然チケットが取れないから非公式ファンクラブでチケットをとる。

 

あの時は知らず知らずのうちに、力関係(というかチケットの取れやすや)が非公式と公式で逆転してしまっていた気がします。

なのでその頃は非公式ファンクラブって言ってもチケット取るなら友会よりも非公式ファンクラブ。

って風潮がすごく強かったと思うんですよね。

 

会員も友会でチケットを仕入れたらそれを非公式ファンクラブに譲渡(友会のチケットを非公式ファンクラブに譲ることで会独自のポイントがついたりしました。)するなんてこともやっていましたから。

でも。

劇団発の転売対策がこれだけ進んでいく中で、非公式ファンクラブってこの後も存続可能なのかな?って疑問が私の中で湧いてきました。

だって非公式ファンクラブへのチケット譲渡とかも一歩間違えると転売になりかねないじゃないですか。

 

転売と譲渡の線引きがイマイチ曖昧なこの時代、非公式ファンクラブは今までと同じやり方で存続可能なのでしょうか?

 

というかこれから先の時代も非公式ファンクラブって必要なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

非公式ファンクラブは存続可能なのか。

非公式ファンクラブが生徒さんによってあったりなかったりするのは何故なのか。

 

それは非公式ファンクラブを設立するのもしないのも全て生徒さんの手に委ねられているからです。

 

ファンクラブは劇団側から『非公式ファンクラブ(会)を設立してください』と強制されるものではなく、必要性に迫られて作る(学年が上がるに連れてく身の回りのお世話をしてくれる方が必要になってくる)、もしくはファンが増えてきたりしたらファンを統率するために作ることが多いようです。

 

こんな曖昧模糊とした非公式ファンクラブがこれからの時代も存続していけるのか?という疑問ですが、色々考えた結果、

 

『体制が大幅に変わらない限り存在し続ける』

 

という結論に行き着きました。

ファンクラブが存続すると結論付けるに至った重要なキーワードが二つあります。

それは

  • 生徒個人のマネージャー
  • 生徒席(チケットノルマ)

です。

 

非公式ファンクラブが必要とされるワケ

まずはチケットノルマについて。
生徒さんは毎公演ごとに各々がチケットノルマを課されます。

雑に言えば劇団から『チケットを売り捌いてこーい!』と言われるワケです。

 

一人一人にノルマ付けされる具体的なチケット枚数は分かりません。
学年が上の方だったり、人気のある生徒さんはノルマ多そうだなぁ〜と勝手に思ってます。

 

ただアレだけハードスケジュールで仕事しているジェンヌさんなのでファンや知り合いなど、1人1人に『チケット買いませんか?』ときいて歩いて回るのは物理的に不可能です。

できたとしても過労死しちゃうと思います。

マッチ売りの少女の二の舞です←

 

その点で言えば非公式ファンクラブなどを作っておけば自分を応援してくださっているファンの方に対して一斉に『チケット買いませんか?』と声をかけることができるのでめちゃ効率いいですよね。

 

生徒さん一人一人に課せられたチケットノルマ制がなくならない限り、非公式ファンクラブは必要だと私は感じています。

 

もう一つ、非公式ファンクラブが必要だと感じる理由があります。

 

それが生徒個人のマネージャーがいない問題

 

タカラジェンヌは宝塚歌劇団の芸能事務所に所属しているものの、個人個人に対してプロの専属のマネージャーが付いているなんてきいたことありません。

 

デビューしたての頃はその方のお母様だったりご親戚だったりお友達だったりがマネジャー(というか付き人・・?)としてジェンヌさんの身の回りのお世話をしているのが現状です。

 

例えチケットノルマ制度がなくなったとしても、多忙極めるジェンヌさんの身の回りのお世話やスケジュール管理してくれる人は絶対マスト!!

 

劇団側から専属マネージャーが派遣?されない限り非公式ファンクラブやマネージャーはタカラジェンヌにとって絶対必要なのです。

 

スポンサーリンク

タカラジェンヌに非公式ファンクラブは絶対必要!

ということで。

色々考えてみましたが、やっぱりタカラジェンヌには非公式ファンクラブは絶対必要です。

時代とともに色々変化し、対応していかなければならないこともあるとは思いますが個人的には非公式ファンクラブも宝塚らしさの一つだと思うのでこれからも清く正しく美しく存続してほしいなと思います!

励みになりますので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-日々の戯言

Copyright© ZuccaZucca , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.