日々の戯言

人事予想ゲームの終焉

おはようございます。
むーです。

 

先日、2025年日本国際博覧会アンバサダー就任について発表がありましたね。

 

就任されるのは

 

花組:聖乃 あすか
月組:風間 柚乃
雪組:縣 千
星組:極美 慎
宙組:風色 日向

 

の5名。

 

この発表を受けて思ったのは

 

宝塚のここ数年の人事予想ゲームは終わったんだな

 

ってこと。

 

今回の発表を私はそんなふうに捉えたんですよねー。

 

スポンサーリンク

人事パズル、修正完了の音

こうやって書くと『人事予想はゲームじゃない!』と言われてしまいそうですが、人事ってパズルゲームに似てるなって思う時がわたしにはあるんですよ。

 

人事パズルゲームが観客の目に見える形で結果が出るまでには

 

宝塚の伝統だけでなく、

タイミングとか、
実力とか、
運とか、

 

いろんな要素があって。

 

それらがぴったり当てはまって初めて目に見える形として観客にパズルゲームの結果が提示されていると思うんですよね。

 

その見えない部分を今までは私たちファンが勝手に予想して勝手に苦しんだり喜んだりしてゲームを楽しんできました。

 

特に今までの宝塚の人事は何かを修正してするかのように無理矢理はめ込むよう人事が多くかなり苦しめられましたが、今回の発表(人事ゲームの結果)を受けて劇団内の人事の修正は大体完了したのだろうと感じました。

 

スポンサーリンク

これからの宝塚は人事予想ではなく作品で楽しむ

人事予想も宝塚の楽しみ方の一つ。

 

そう考えて今まで宝塚を見てきました。

 

しかし、ここまでわかりやすい人事になるともはや予想は必要ないですよね、、?

 

予想しても良いけど大体その予想通りになるのがこれからの宝塚の人事になると私は考えています。

 

今までのような周りくどくて時折『?』が浮かぶような宝塚の人事はよっぽどのことがない限り、しばらくの間はやってこないでしょう。

 

そうなると宝塚の醍醐味の一つでもある人事予想が消えるわけですが、これにとって代わってくるのが本来の歌劇団の楽しみ方である作品や舞台だと思います。

 

劇団から何かを直接言われたわけではないけど、今回の発表は

 

『人事予想ではなく、宝塚歌劇団の作品(ジェンヌと舞台)を楽しんでください』

 

って劇団の暗示なのかもしれません。

 

スター候補が明確化されていく宝塚

ということで、今日はスター候補が明確化されていく宝塚について書きました。

 

人事予想はたしかに独特の面白さがあったけど、これからは予想がその通りになっていきそうなのであまり予想する意味も無くなっていきそうですね😅

 

トップさんの就任、退団時期くらいじゃないかなぁ?予想通りにいかないのは。

 

スター候補が明確化されていくのは良かったり悪かったしますが、とりあえずこれからの宝塚も見守っていこうと思います。

それではまた明日!

励みになりますので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-日々の戯言
-

© 2020 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5