日々の戯言

男役魂に炎を灯せ!!【諏訪さき/ワンス感想】

おはようございます。

バグジーです。

 

嘘です、むーです。

 

今日はワンス感想最終回です。

いつも公演の感想って途中で記憶が風化しまくって最後まで書き切れないことの方が多いんだけど、今回は珍しく(本当にめっっちゃ珍しい)最後まで書き切れました。

 

今回の作品はギャングものということもあり、娘役さんの出番が少ないのでみちるちゃんとか潤花ちゃんとかについてあまり詳しく書けなかったことだけが悔やまれますが。。。涙

 

気を取り直して!!

今日は私が大好きな(?)諏訪さき君のバグジーについて書いていきます。

 

観劇後の第一声が「バクジー(諏訪さき)が良かった!」でしたからね。

 

気合入れて書いていきます。

 

バグジーの唾吐きシーンにやられた

諏訪さきくんのバグジーについて語ろうとするとまず最初に思い出されるのが「唾吐きシーン」。

 

個人的にこの諏訪さきくんの唾の吐き方がめちゃくちゃカッコ良かったので特筆しておきたい。

こんなことに萌えられるなんてすわっちも変なファン持って大変だと思うけどここは語らせてくれ。

 

宝塚歌劇は「清く正しく美しい」タカラジェンヌによって演じられているので、今までどれだけ薄汚いギャングの役をやろうがどこか品を感じてしまっていました。

唾を吐くフリをしても唾なんか本当に吐かないし、なんなら唾を吐く真似をしたところで爽やかささえ感じちゃうことも笑

 

それがどうだ。

 

すわっちが演じた地元ギャングのバグジーは笑い方さえ薄汚い(褒めてます←)

目つきや口の開け方、高笑いの仕方。

全てが薄汚くていかにも”ここら一帯を仕切っているギャング”という感じがしてとてもとても良かったのです。

 

極め付けは宝塚の”不良の象徴”とも言える”唾吐き”

 

「オイオイ。すわっち本当に不良になっちゃったよ・・」と思わせるような唾の吐き方。

 

まるで肥溜でも見るかのように見下してペッ!とやるんですがそこがめちゃくちゃ憎たらしい

 

見ているこっちがリアルな嫌悪感を抱くような徹底した役作りで物語に生かされたバグジーなので、だいもんヌードルスが後に阿片窟でバグジーの夢を見るのも納得。

 

いろいろあったヌードルスの人生において、あの時のバグジーとの出来事がどれだけ大きかったかがあの夢のシーンで語られているわけですが、すわっちバグジーのあの鬼気迫る演技を見た後ならヌードルスが彼をトラウマと捉えているのも十分理解できます。

 

総じてすわっちのお芝居は良かったです^^

 

”ハバナの男”諏訪さきもスーパーかっこいい

ちなみに、すわっちはバグジーとして刺殺されたあとは”ハバナの男”としてアルバイトしています。

すわっちがキャロル(朝美絢)をナンパするのですが、そのときのすわっちはあのバグジーとは思えないほど爽やかなナンパ男に変身しておりますのでその点も要チェックです!!(もはやバグジーの死後の世界のように見えた話は内緒笑

 

ハバナの場面はスカーフの巻き方も一人一人違うのですが、個人的にはすわっちの巻き方がカッコ良かったなぁ。

 

ハバナの群舞でも特に頑張って踊っていたのでめちゃ目立っていました。

やっぱり頑張って踊っている人は群舞であろうと目に飛び込んでくるものなんですよねきっと。

男役としてのセンスが詰まった

ということで本日は諏訪さきくんについて語っていきました。

とにかく彼女の男役は熱い!!

 

タイトルにも書きましたが男役魂がメラメラと静かに燃えているのを感じる演技でした。

きっと今男役が楽しくてしょうがないんじゃないかな??

 

すわっちバグジーの素晴らしさを多くの方に見ていただきたかっただけに、休演は本当に残念><

 

もし円盤を買う予定があるひとは是非彼女の演技にもご注目ください^^

それではまた明日!!お会いしましょう。

励みになりますので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

-日々の戯言
-,

© 2020 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5