日々の戯言

スカステ生放送とライブビューイングの今後

おはようございます。

むーです。

 

先日の雪組千秋楽の余韻に浸りながらオムツを履き替えさせてる今日この頃。

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

雪組千秋楽は急遽スカステでの生放送となりましたが、これについてはヅカヲタ の中でも賛否両論だったそうで。

今回はスカステ生放送を経て、私が思うことを書きます。

 

スポンサーリンク

雪組千秋楽生放送で感じた可能性

今回は破格で雪組の千秋楽生放送を見れましたが、これが当たり前とは思っていなくて。

「あの舞台に見合った金額をお支払いしたかった」と心の底から思いました。

やはり良いものを見せてもらったからにはその対価をしっかり払いたくなるものですよね。

 

でも同時に、「宝塚スカイステージ って生放送もできるんだ」 と新たな可能性に出会いました。

 

幸か不幸か、宝塚歌劇団は予期せぬ形で秘められたスカイステージ の能力宝塚歌劇団の能力を提示してくれました。

 

 

今までは「舞台の中継は映画館で見るライブビューイングじゃないとできない」と思っていましたが、そういうわけではないんですよね。

 

宝塚歌劇の既存コンテンツ(宝塚オンデマンドやスカイステージ )を駆使すれば自宅で舞台の生放送を視聴することは可能だということがわかりました。

 

これはコロナで新たな可能性が開けたのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

自宅でも生中継を楽しめるメリット

今まではあまり考えたことはなかったけど、自宅で舞台の生放送を見れるって私のような人間にとっては大きなメリットでして。

例えば私だったら今までライブビューイングに参加できないのは以下のような理由がありました。

 

  • 上映映画館が遠い(近くの映画館がすぐ売り切れてしまう)
  • 小さな子供がいるため、参加できない時がある。
  • 風邪が流行っている時期は基本映画館に足を運びたくない。

 

大した理由ではないのですが、今回の生放送を通して改めてライブビューイングの不便な点はここだなと感じました。

逆に言えば生放送はライブビューイングのこの不便な点を解決できます。

 

やっぱり小さい子供がいるとどうしても出かけにくいし、上映映画館までが遠くてライブビューイングに参加したくてもなかなかチケット購入まで至れない。

 

そんな人たちもいることを考えると、

 

より多くの方に千秋楽の生放送を有料で見てもらうためには、自宅でも鑑賞できる生放送体制を整えることも必要なのかもしれません。

 

料金はLV並で全然OK。自宅鑑賞できるとありがたい。

 

もちろん料金は1回の生放送ごとにLV並(4400円〜4700円)の料金を支払って全然構わない

むしろ払わせて欲しい

 

今回のように”通常のスカステ料金(追加料金梨)&で生放送を見れる”なんてことはあってはならないと思っているので、必ずお金を払わせるような制度を整えて自宅で生配信を楽しめるようなサービスが今後開発されると嬉しいなぁ。

 

スカイステージ だと地域によって見れたり見れなかったりするだろうし、作品ごとに追加料金を徴収するのは難しそうなので「宝塚オンデマンド」で生放送の個別販売を行っても良いと思う。

 

生放送は録画禁止(今回もそうするべきだったけどあの短期間では難しいよね・・)。

海賊版販売防止対策をしっかりした上で自宅でも生放送を楽しめるサービスを考えていただきたいなぁと今回思いました。

 

今回のコロナ騒動はいつまで続くかからない部分もあるので、こんなサービスがあると嬉しいな!

それではまた明日!

励みになりますので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-日々の戯言

Copyright© ZuccaZucca , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.