日々の戯言

96期の意外な大出世



おはようございます。
むーです。

私が宝塚を好きになった頃、いろんな情報をかき集めまくっていました。

 

情報を集めるながて当時衝撃だったのは

96期生生徒退学問題

 

この件について語る人もだいぶ少なくなってきたし、私もこの事件の内容を噂程度にしか知らない人間なので96期に対してはほぼ無感情といっていいほど特別な感情を抱いたことがないのですが、人事などで96期生であることを再確認するたびに『あー。あの96期生さん』という風に思ったりする。

 

特にそこにはなんの感情もないけれど、『あの事件のあの期』というある種のレッテルは無機質について回っている部分は否定できない。

 

そんな96期さんだけど、実は、、というか皆さんもご存知の通り、かなり出世された期なんですよね。

ということで今日は96期生さんの意外な大出世について書いてみます。

96期の出世株たち

一期上の95期ばかりが注目されがちですが、いざ96期に目を向けてみると結構豊作だったことに最近気付きました笑

【新人公演主演経験者】

  • 優波慧
  • 夢奈瑠音
  • 和希そら
  • 紫藤りゅう
  • 花乃まりあ
  • 叶羽時
  • 咲妃みゆ
  • 夢華あみ
  • 朝月希和
  • 綺咲愛里

 

【バウ主演経験者】

  • 和希そら
  • 紫藤りゅう
  • 花乃まりあ
  • 咲妃みゆ
  • 夢華あみ

 

【トップ娘役】

  • 花乃まりあ
  • 咲妃みゆ
  • 綺咲愛里
  • 朝月希和

 

トップ娘役4人出てるのって凄いことですよね。

男役スターも豊富だし、今回お名前を書ききれなかった生徒さんも今各組で活躍している方ばかり。

やはり出世株が多い組だなぁという印象を受けました。

正直なところ

正直なところ、この事件を聞いた当時は『96期は今後静かに(大抜擢とかなく)過ごしていくのだろうな』と思っていました。

 

いくら私のような気にしていないファンがいたとしても、裁判があった事実は変わらないし、事実上、完全敗訴した宝塚音楽学校の判決も変わりはありません。ネットにも一生裁判記録が残るでしょうから。。

 

宝塚のような夢を売る商売をする方々にとっては、なるべく掘り返したくない話なんじゃないかなーと勝手に思っていたので今後は96期の抜擢もあえて避けていくのだと予想していました。

 

しかし、実際は娘役さん3人が結果的にトップになり、男役スターである和希そらくんの雪組異動で3番手になろうとしています。

 

本当に、、驚きですね。

 

彼女たちの掴み取った栄光は彼女たちの努力と強力な運の結晶であることに間違いはありません。

 

でも、その栄光を勝ち取るチャンスを他の期と同様に96期に与えた宝塚歌劇団も凄いよなぁと最近思うのです。

全てが真っ白で美しい人なんていない

私が96期生についてプラスな方向で取り上げると必ず

 

『あの事件をよく知らないからそんなこと言えるんですよ』

 

というDMを必ずいただきます。

 

もしかしたらその通りなのかもしれない。
私が無知すぎるだけなのかもしれない。

 

こう思う一方で私は

 

真っ白な人間なんてどこにもいないよ

 

とも思います。

 

たまたま96期はイジメ問題が表面化した浮かび上がってきただけで、他の期では全くそんなことがなかった、全員が全員シミ一つない真っ白な人間かなんて誰もわかりません。

 

だからといって96期の問題は起きてはいけない事件ですし、決して許されるべきではありません。

 

もしかしたら、、その後の96期の大出世は歌劇団側の印象操作的な部分もあったかもしれない。

 

でもここまで舞台に立ってきた96期生たちの頑張りが生み出した成果物(舞台上でのパフォーマンス)は本物だと私は信じています。

 

それはイジメとは関係なく、評価されるべき部分は評価してあげるべきだと思うのです。

96期だから嫌い。
96期は悪。

そういう考え方は否定しませんが、それだけで全てを判断しちゃうのは勿体無いような気がするのは私だけでしょうか??

96期。
今年で研12になります。

私は今後も過去だけに目を向けるのではなく、今の彼女たちの頑張りの成果を楽しみに見させてもらおう思っています!

朝から何が言いたいのかわからなくなってしまったけど、ま。そうゆうことです←

ではー!

↓励みになりますので、ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク

-日々の戯言

© 2021 ZuccaZucca Powered by AFFINGER5