日々の戯言

”新トップスター”の言葉の重み

おはようございます。

む〜です。

先日タカスペのメンバーが発表された際に初めて見た「新トップスター」の文字。

昨年、月組の次期トップ娘役が決まっていないときは「未定」とだけ書いてあったのを思い出されます。

 

トップ娘役が決まってないないときは「未定」と表記され、

トップスターが決まっていないときは「新トップスター」と表記される。

発表された当初はあまり気にならなかったけど、改めて”新トップスター”の言葉の重みを感じました。

スポンサーリンク

トップ娘役「未定」の意味するところ

トップ娘役「未定」。

この言葉自体にはなんの違和感もない。

寧ろ「決まってないから『未定』って記載するしかないよね」と思っていました。

でも、一昨日「新トップスター」という文字を見て初めて「あ!「未定」ってそういうことだったんだ」と気づきました。

 

新トップ娘役「未定」というのは、本当に何も決まっていないということ

トップ娘役を据えることも決まってないし、誰がトップ娘役になるかもわからない状態。

これがトップ娘役「未定」意味なんですね。

 

こうやって考えるとトップ娘役の立場って凄く弱い

新トップスターは存在すること、就任すること前提で話が進んでいるのに対してトップ娘役はその存在さえも「未定」の一言で片付けられてしまう。

なんて脆くて儚い存在なんだろうと私は思ってしまったわけです。

トップスターの任期、トップスターとの相性によっては存在できるかどうかもわからない。風前の灯状態のトップ娘役という華やかだけど夢のような職業。

こんな場所に多くの娘役たちは憧れ、一度は志すのかと思うとなんだか泣けてくる。。

あまりにも立場が弱い・・というかふわふわとして不確定ですよね。

わかってはいたけど宝塚のトップ娘役さんってトップスターさんに比べると、難しい職業だと感じました。

「新トップスター」の意味するところ

一方で「新トップスター」が意味するところとはなんなのか?

新トップ娘役の表記が「未定」なのに対して、「新トップスター」は未定とは書かれない。

 

この違いは歴然としていますね。

 

新トップ娘役が不在となることがあっても「新トップスター」の存在が「未定」となることはありえない。「誰」が就任するか決まってないだけでその存在は劇団によって確約されている

なるほどな〜と思いました。

劇団にとって、絶対的な存在は男役のトップスター。

男役トップスターが存在しないなんてこと、絶対ありえないから「未定」とは書けませんもんね。

それだけ劇団にとっての男役トップスターはなくてはならないもの。

そして集客の要となる部分ですもんね。

 

「新トップスター」という言葉を実際に文字で見ると改めてその名前に課せられた重み・責任を感じますね。

 

スポンサーリンク

新トップスターという言葉の重みを背負って

花組の次期トップスターが誰になるかはまだわかりません。

しかし、次期トップスターとなる人はその名前を冠する人のみが背負わなければならない責任をしっかり背負っていかないといけません。

どうか新トップスターに就任する人にはその責任を感じつつも、自分の”良い”部分を伸ばしながら組ファンを獲得していってほしいと思います。

でわ〜。